池で想う 黄昏る 〔嵯峨野 大沢池へ〕

池に向かってバスに乗る

d0105967_16001667.jpg
バス停に並んでいた京都の方に話を聞きながら
バスに乗った。

いつもは嵐山からタクシーで大沢池に行っていた。

今回は自力で!と

終点である大覚寺で降りた
地図もなく 迷子を得意とする私には〔?〕
目の前に男性2人組がいた!lucky 話を聞こう
そうしよう!

毎日お散歩コースだから任せて!と声がかかった!

しかし東へ行って西へ向かう。とのこと
私には どっちが東で西なのか???わからなかった。

右へと教えてくれたので
カンで右へ歩いて行くと
d0105967_16012830.jpg
右手に映る男性は心配して 案内してくれたの。
着いて行く私はノンキにも写真を・・・
〔あなたを写真に収めてるのーー!〕と言いながら

到着!
d0105967_15572970.jpg
木の根に紫色のスミレが仲良く並んで咲いていた。
私にとってサプライズ 嬉しくて仕方がなかった。

男性は
西へ向かって山の麓へ行くのもいいよ。と教えてくれた
そこにも行こう!と思う
その前に

d0105967_15581107.jpg
逢いたかった!とっても!
山が見えて空が広く 水辺
吸い込まれるくらいに大沢池が好き。

d0105967_15584314.jpg
鯉も私に向かって スゴイ笑顔!
おかしくて おかしくて独りで笑ってしまった。

朝8時半。お腹がへってるのかな。


d0105967_15594388.jpg
新緑が目にしみるくらい眩しくて
大袈裟にも目を大きくして 緑の世界を目で吸いとった

誰もいないコノ場所で
独り静かに想う。

d0105967_15591422.jpg
私の気持ちを汲んでくれたのか
バンらしき鳥が現れた。

独りのようで独りじゃない気持ち。ありがたいな。

d0105967_16033765.jpg


あっ!男性が教えてくれた場所へ行ってみよう
西へ歩く
迷子
d0105967_16332330.jpg
緑の世界から別の男性が現れた。
みんな親切なのね。優しいし。

d0105967_16041078.jpg

西へ西へと歩くが
道草ばかりしてるから
行きと帰りの時間の違いにビックリした。

d0105967_16044489.jpg
西に向かって歩いていると
竹屋さんを発見!
クゥーー。素敵な竹細工が・・・
京都の竹ですって!
職人さんの代が代わりながらもなんとか続いている。
とのこと

白筍も販売していた!うっわぁー!感激!!
d0105967_16050579.jpg
朝〔今朝〕採りたての白筍を何本か手に入れて
私のために竹のカゴも。
瓶詰めの白筍は何年も保存出来るとのことで。

重いーー。スゴく重い。
d0105967_16054862.jpg
前かがみになるくらいの重さ 必死に歩く。
大沢池へ戻り
休憩。

眠る。

1時間も眠ってしまった。
目が覚めたのは天からの涙だった。
肌にポツリと
私の涙が消えた代わりに
天から涙なのね。そう想うんだ。

d0105967_16024232.jpg
目が覚めたから
ゆったりと歩く。


d0105967_16063433.jpg
鳥居の上に足が置いてあった。
私も石を探して置いた。
気持ち込めて。


d0105967_16072281.jpg
しんみりとするかと思っていたけど
そうではなかった。

鳥達の合唱と天からの涙で
私はニャッと。

d0105967_16074567.jpg

次の池までのルートを教えてもらったので
重たい荷物を背負って歩くことにする。

トレーニングの効果あり!で
歩けるのだから 我ながら感心しちゃった。
鼻唄まででた。

d0105967_16105282.jpg
大きな木に抱きついていたら
誰かが見ていたよ。恥ずかしかった。


違う大きな木にも抱きついてみた
d0105967_16093335.jpg

ハグ。


d0105967_16081518.jpg
大沢池に またね!と告げて
もう1つの池へ向かう。

d0105967_16085441.jpg


続く。




by iomlove | 2017-05-06 16:11 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://loveiom.exblog.jp/tb/24152279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 広沢の池へ向かう 〔道草〕 心の静けさの中で >>