ある時の京都

前々回の京都。

嵯峨野でも北らしい。

池をみて満足し
通った道ではない道を歩くことにした。

バス停らしき場所で
おじさんに どの道を歩けば良いのか聞いてみた。

真っ直ぐ行って橋を渡り 真っ直ぐ。と教えてもらった。

d0105967_08501799.jpg
歩いて2時間かかった行きは
帰り 15分。とも教えてくれた。


見る全てがフレッシュで懐かしさも手伝い
気になるな。っというのを見つめたり
写真を撮ったりしなが歩いていた。

d0105967_08482505.jpg

タンポポの丸い姿が可愛くてホッコリ気分
遠くに見える山に
私が一瞬 とても遠いおとぎの国へ来た気持ち。

自然に飢えてる証拠かも。

d0105967_08491335.jpg

いい風景だなぁ。気持ち 最高!


すると
さっき教えてくれた おじさんが
私と同じ道を歩い来た。
ゆっくり杖を使って
〔君が歩くのが遅くて良かったよ。〕
一緒に歩きますか?
〔僕は君に間違えた道を教えてしまったから〕
えっ!私のためにーい。
あそこの川を左に行くと早く着く事に気がついたんだ。
そう私に教えに来てくれた。

人の気持ちや優しさにガッツリ包まれ
そこの場所の素晴らしい風景にも
おじさんの気持ちと重なった。感動。

d0105967_08511963.jpg
おじさんは来た道を戻って行く
振り返り
楽しんでね。と良い旅を!と言ってくれた。

言葉とは気持ちや心が伝わる。
素敵な球体みたいな暖かさに包まれた様な言葉。
嬉しくて 嬉しくてたまらなかった。

おじさんと笑顔で別れた。

旅とは人との出会い方にも大きく
その旅を変えるのね。

d0105967_08520249.jpg
〔発車オーライ!〕そういう気分で
私は歩きだす。


京都府では
出逢う人々に優しくしてもらい
道案内の中で
西 東 北 南 上がる 下がると案内された。
その意味や方角が分からない私は
どっちが西でどっちが南なの?
右なの?左なの?あっち?どっち?
下がるはバックすること?
上がるは登るの?と質問を繰り返す

私と出逢った方々は
笑顔で私を旅を応援してくれて
その地域に暮らす詳しい方々が
とても親切に対応してくれて

素敵すぎる!
私もそういう人でありたいな。と学ぶ。



京都で
素晴らしいな。と思う時
その場所やそのものが人が素晴らしいんだな。
それは品物も正直で人も どちらも素敵だ。本当に!

d0105967_08525881.jpg
流れる川の音を聞きながら
ホッコリしながら
目に映る全てに 肌で感じる全てに 耳に聞こえてる全てに
感謝。


〔メモ〕
ある農家さんと出逢った。
私の選び方をみていた店主さんは
貴女には分かるのね!と
野菜と筍。
これからは電話してくれたら送ってあげるから!と
名刺を渡してくれた。嬉しい!
私が京都に来なくても手に入れる事が出来るわ!と
感激の嵐!!


ありがとう京都。




by iomlove | 2017-06-16 08:53 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://loveiom.exblog.jp/tb/24476578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 祇園 エルメスにて 黒パグ チャッピー&アロマ >>