カテゴリ:マン島( 25 )

2017年 今年も宜しくお願い致します!〔燃える 編〕

今年の始まりの1日 深夜 空気が乾燥していて
その空気に反応した私は
コンコン。と咳をした。

d0105967_09254044.jpeg
オカシイなぁー。空気が乾燥してるからと
私の喉まで乾燥するとは???なんでだろう?
今年 1番初めの言葉だった。

お酒の甘酒というのを頂き
ポワポワしたノリの中

立派な木の焚き火に見惚れつつ
火とは生き物だわ。
うごめいている姿に吸い込まれてしまった。
d0105967_09260738.jpeg
暖かく激しくもあり メラメラと燃えている炎は
まるで情熱さえ感じた。


京都ではお雑煮は白味噌だと教えてもらい
京都の街並みと白味噌のお雑煮が合っているなぁと
教えてもらった写真にも吸い込まれた。

各県でお雑煮はいろいろな種類があるのかな?

私はなに風なのか?わからないけれど
子供の頃からのお雑煮。
醤油とお出汁
d0105967_09271265.jpeg
今年のお雑煮には京都より届いた
手毬麩。
手毬麩のお陰で お正月らしさがアップした。
ありがとう!

年末から体調も良くなって
弾んでいた
d0105967_09240854.jpeg
空高く 凧揚げをしている子供達を何人か見て
その姿に
今年の始まりを強く感じながら
いつまでも 凧揚げが日本で続くのは素敵だな。と
d0105967_09242867.jpeg
下の写真の凧は手作りだった!
もっとじっくり近づいて見てみたかったけど
真剣に楽しんでいたので 遠慮した。
d0105967_09244694.jpeg
私も子供の頃
竹や和紙で凧を作っては
風が吹いてない中 思いっきり走って飛ばしたな。
走ってばかりいるから 凧が飛んでいるのを
じっくりと見ることができなくて
もう1人自分がいたらいいのになぁーと思ったりしてた


おっと!

チャッピーからも 大きな声で
〔今年も ヨロチク。〕とのこと
d0105967_09223267.jpeg

マン島の友達から

d0105967_09225082.jpeg
ほっとくとすぐに私が行方不明らしきことになーる。
Mは一体 何処を旅しているのかな??と
連絡しないでいると 
何処か旅に出てるのだろう。となるらしい

お正月プレゼントをしてくれた友達は
私のブログを読むことが出来るのか??謎だ。
日本語なのに・・
翻訳ソフトを使っても
私の使う日本語は翻訳できないだろうょ。
d0105967_09231225.jpeg
うひゃー! 袋からもうーテンションあがる!

マン島からマン島が届いたわ!!

袋の中からマン島の香りがするの。本当に!

具合が悪かった私に。とは書いてないし
コンコンと咳をしたことから
なんと!
扁桃腺炎になってしまってて
ツバも飲むことも出来なく 痛かったーぁ。

頭から暖かく!!みたいな!!
d0105967_09233053.jpeg
心遣いにも嬉しくてうれしくて
ワァーワァー1人で盛り上がり
(^ω^)
まだお礼の手紙もメールも連絡もしていない。汗

昨日まで扁桃腺炎で
そんなバナナーー!と喋れないかわり
心の中でもがいてた。
お薬のお陰で 今日 スーパー元気に戻れた。

d0105967_15270633.jpeg
木にしがみついて思う。
大地にしっかりと根をつけ
大空に向かって羽ばたけーー私

地面は肝心だな。
d0105967_15280323.jpeg
今日 スーパー元気に戻れて
運動をして来た!
〔運動〕を真面目にしたのは数十年ぶりだった。

苦しいかも知れないわよ!と言われたけど
全ては自分為なので 全てを受け入れてやる。と言ったが

だんだん緊張してきてアタフタしまった。
トレーニングをやっていたら
コレなのね!もしかして!!
辛い中に何故か?気持ちがいいことに気がついた!
アドレナリンなのかな??
物凄く体の芯から気持ちが良い!!!
トレーニングやった後にも続く
気持ち良さ。
マゾになった私かも!!!最高です!!

あまりにも最高すぎて
もっと鞭を打ちたくて
チャッピーのお散歩へGoー。

テッテケテッテケ歩くチャッピー
私は サーァサーァとスムーズに歩けるわぁ!

なんて!!気持ちがいいのだろうか!!
d0105967_15261499.jpeg
筋肉運動 最高!!

今年は苦手な運動〔筋肉運動〕ウォーキング
&
苦手な食材を食べる。

目的に向かって必ず目的地へ着地するゾ!

寝観音様スタイルからサラバだ!!

そう今日 体の芯から気持ちよさを実感し
メリメリと燃えてる私の気持ち。
ヤルゾ!


その昔 筋肉フェチだった私は
男の人を捕まえていきなり腹筋を触るのが好きだった。

顔とか性格なんて関係なく
ただ腹筋の筋肉フェチだった私を思い出した。
鍛えるわよ私ーー。
Dr.を黙らせるわよー!今年は!!

酉年の今年は
鳥のように飛べるよう
体から鍛える。いいわぁー。この気持ち この感じ。
両手広げたら飛べそうな・・・鳥の様に・・・
翼みたいな両手に・・飛行機みたいに・・・

気持ちが とてもいい。
まるで 山の頂上に到着した気分みたい。

燃えてます。今年は!!


燃えてるまま
今年も どうぞ宜しくお願い致します❤️



by iomlove | 2017-01-05 16:26 | マン島 | Trackback | Comments(2)

マン島 Silverdaleの森の中  (懐かしい編)

ボヤントさんから スタンプ判子の素敵な絵を手にいれて

絵を眺めていると マン島に居る気分や気持ちになり

 とても充実している毎日を送っていると思う 今日この頃です。

私がつけた名前 (森と小鳥のさえずり)

今日は この森と小鳥たちが マン島の森をご案内します。
d0105967_21024261.jpg
この絵をみていると マン島にある森を思い出す
  Silverdaleという場所を

木々の世界の中に 小川が流れていて せせらぎと小鳥のさえずりが美しく聴こえ
ある年には
アメリカから旅に来た人が 木の上に家を作って住みついたと。
 (今でいう ツリ―ハウス)
さぞ 素晴らしい世界を選んで 木の上に住んだなぁ~と尊敬さえしていた。高所恐怖症な私


ーーーマン島の朝の目覚めにお散歩は ここの森ーーー

とても空気が澄んでいて 鼻や口からお腹の底から大きく息を吸うと気持ちが良かった。

ワンコの憩いの場所でもあって 
お友達のケーティーを連れてのお散歩は楽しかった。
犬のケーティーに英語で話かけると言う事をきくのだ。
日本語で話しかけても 無反応だった  言葉を学習し 私より英語力があると思い知った
d0105967_21095041.jpg
木の丸太は 大型台風の影響で倒れてしまった
 その木々を切って ベンチにしたらいいと皆が言ったそうだ。

上の写真は(モデルになってみてーーー)と言った私の一言で ポーズをしている。


理由はわからないけど みんなノ―リード
 ワンコは言葉の通り 行動し 人間より純粋で素直だと思い知らされた
d0105967_21113896.jpg


名前を忘れてしまったが
毎朝 お逢いするレディーと一緒に歩いていた ワンコ。
 (グッド モーニング ラブリー)と挨拶する レディー
なんて 素敵な響きの 言葉なのかしらーーー❤ 憶えた英会話。
d0105967_21162688.jpg
森をどんどん歩いて行く 先頭を歩く私
 ケイティーは飼い主さん(友達)の顔や姿を確認して歩く。 賢いなぁ

花屋さんで買い物をせず この森で野花を摘んで
HONDA50周年記念パーティーで マン島に来た 某ライダーだった奥様にプレゼントしたら
(なによりも 嬉しい花束だわ)と大喜びされて 森で摘んだ花も私も嬉しかった
HONDAさんがマン島に来る前に 先に到着してカウントダウンをしていたのだった。
d0105967_21180559.jpg
ただ 不思議に思った人はマン島の人達だった
お花屋さんで手にした方がいい。と言っていたけど
 マン島で育った野の花は 花屋さんでは手にはいらないでしょ~と大声あげていた私

何故? そこまで マン島が好きなの?とマン島(マンクス)の人々に聞かれた
答えは
言葉が話せない わからない私に対して 人として扱ってくれる事。
 とても親切で笑顔で優しい人々ばかりだったから 大好きだった。
同じ 人間なんだものーーっていつも笑顔で過ごせたのも人と自然の美しさの影響だったのだ

d0105967_21353506.jpg
写真を撮られるのが嫌いな私に カメラを奪われて ケーティーとお散歩中~の写真。

今でも恥ずかしい話
ジェームスという人が居たとして 私はMRを使わずに 呼び付けしていた。
ジョーンという人がいたとして  私はミセスを飛ばして 呼び付けしていた・・・

ある時 ガバメントという単語を憶えた
 友達の男性に呼び捨てに呼んでは 私のいう事を沢山きいてくれたり 教えてくれた。
彼はガバメント。って言っていた人がいたが 意味がわからなかった。

何人かのお友達たちにミスターを使わずに呼び捨てに声をかえていると
また ガバメントという単語が他の人から聴こえていた

マン島TTレースの際 首からぶら下げる名札を私はいつももらっていて
 スタート地点の大きなテントには 有名なライダーやHONDAの役員の方々もいた。
   そこで 食事をすませて レースを堪能する。

そう (政府関係の仕事をしていた友達だった)と今 知った…
だから いつも 飛びまわったり フラフラ ヘラヘラしながら走っていた私は
 その人々のお陰があったからだったのも 大いにある。知らなかったことを知った今
d0105967_21462221.jpg
この森の終点地点に池と公園があって ゆっくりと時間が流れる中 
 鳥たちをみつめているのも好きだった。

ボヤントさんの絵はスタンプで キラキラと光っている。
 まるで
この森の中にいるようだ。 

洪水になってしまった時 ここの池や小川から 鴨や白鳥が道路まで泳いで来て
 みんなが(なんで 外からガ―ガ―いうのかしら?)と窓の外を観て驚いたと電話があった

大嵐の為に倒れてしまった木 
そこで ジーッとしているケーティー
d0105967_21515940.jpg
私の大親友。 HONDAさんがマン島TTレース出場宣言し
 マン島へ来た時に1959年(おにぎり)を作って 差し入れしたのが彼女。

 お料理がとっても上手でお洋服も作るし編むし大工まで出来る彼女。
  アイディアがいっぱいだった。
  いつも困ったり悩んだり相談は彼女が私の担当で
 いつでも電話で話し
現地では1日の20時間くらい話に花が咲いてしまい どれほど話が止まらないで
どれほどミルクティーを飲むか!と大笑いしてばかりいた。

今は天国で みんなを笑わしてダンスして踊っているだろうな笑顔でね。

マン島に到着するとシルバーデ―ルへご挨拶。
 毎朝のお散歩が好みだった私。 
暖炉の時期になると ここで拾った木々を暖炉へいれるのも好きだった。

ボヤントさんから手にいれられた (絵)
 愛が満ちていた。 そして 笑顔にもなれる絵だった。

飛行機に乗れないけど いつでも毎日 マン島にいる気分にさせてもらえる絵。
  嬉しいな。 ありがとう。

ーーーーーマン島の南部で美しい場所ーーーー
発音が違うかも・・・ポートエレン。
d0105967_21570900.jpg
いつも お友達の家に泊まっていたが
ある時
完全に1人旅をしたくなり BBに泊まる事を計画し日本から予約しておいた。

1人シングル部屋をお願いしていたら
日本から1人で来た。という配慮だったらしく
海沿いの2つの大きなベットが付いた素敵なお部屋だった

私がマン島から日本へ戻った後
友達たちはBBへ行って
(彼女はどう過ごして 食事もしたのか お部屋も案内して~)と確認したそうだ。
その訳は
イングランドで迷子になってしまった時 疲れて牧場で野宿を何度もした事があった。
人間がいなくて・・・羊しかいなくて 言葉を発すると羊の群れは私から逃げ去ったのだ・・
その話を知っていた友達は
海沿いだから まさか浜辺で寝ていないわよねーーMちゃん!という話になったそうだ

競馬場のコースで居眠りをしていると 寝相が悪い私は荷物からドンドン転がって
物凄い音を出すコンコルドの音で飛び起き(ぎゃーーー戦争だーーー)と喚き慌て
 荷物の場所まで日本語を喋りながらもどる・・・
顔には 残念か幸運か 馬の糞がついてしまったりだった。

なんでだか オテンバはマン島でもイングランドでも家でもとまらずで

今年は静かに落ち着いて過ごし 笑顔。 コツコツと。

大掃除の途中に手紙を書いていると レターBOXから この写真が現れた。

Helloyessir~  こんにちは~♪と写真が喋ったので 書いて載せてます。


今日もお付き合いありがとう!!


ym7380さんが読んでみてくれたら 嬉しいな~









 

by iomlove | 2016-01-04 22:17 | マン島 | Trackback | Comments(2)

バーナードリーチの子供達  (そして マン島 TT)

【デビッド リーチ】

1911年 バーナードリーチの長男として東京でうまれた。
d0105967_1733253.jpg

 右側 ))  デビッド リーチ の 大きなマグ



【ジョン リーチ】 

デビッド リーチの子供で バーナード リーチの孫

イングランド南西部にある サマセット州   ジョン・リーチの工房

  マチェルニーポタリー
d0105967_1738154.jpg


マグの底
d0105967_17385048.jpg



マグ と ミルクジャー
d0105967_17391561.jpg



覗いてみる
d0105967_17393445.jpg

 本当のことは わからないけれど
まるで 柿釉を使っているみたいで 濱田庄司とここでも縁を感じた。

以前 セント アイヴィスで 登り窯をみた 1920年代に濱田庄司とバーナードリーチが
持ち込んだ日本式の登り窯 私が見た時は既に閉鎖されていました


3室の登り窯で焼かれている  マチェルニーポタリー

動かぬ手だが 心は動く 喜ばしい 品の1つです。

ビバ! 陶芸!!
―――――――――――――――――――――――
さて  もう 既に始まっている マン島 TTレース!

もしかして 友達はTT Weekの為 会社がお休みかなぁ? 

写真が送られてきました。  
d0105967_1750273.jpg


(( この スピードにはついていけない  乗れない)) ・・と書いてあった
d0105967_17511363.jpg

けして 彼はライダーではないし 観客でもなさそうだ。
   TTレースのスピードをあらわしているかのようだ  

TTの時期は中心部 ダグラスの海辺に遊園地(移動)がでて  ↑↑↑
 メインストリートはバイカーでイッパイ。 花も美しく 人も多い  あー行きたいなぁ~

――――――――――――――――――――――
昨晩 素敵な 音楽を発見しました! ボサノバ&メタル カッコイイ~♪



好きな陶器に TTレースの報告  好きな音楽に 心 踊る~♪
by iomlove | 2014-06-06 18:05 | マン島 | Trackback | Comments(4)

マン島から 愛 が届く (チャッピー part2編)

涼しい時間帯  

チャッピーにモデルになれ!と言わんばかりに  外に出た。


マン島の伝統柄  マン島から遥々 チャッピーの為に届いた 服


親友に 一刻も早く チャッピーが着ている姿を見せたい!!!という強い思いで
d0105967_14535361.jpg



眠っていたパグを叩き起こしたので チャッピー 大あくび・・・
d0105967_14542322.jpg



お座りを決め込んで。 ハイ ポーズ。     (無理矢理 お座りを何度もさせたのが本当・・・)
d0105967_1456957.jpg

なんだか 喜んでいるような顔をしている。  1番 喜んでいるのは私だ。


なんて 顔!!
d0105967_14565982.jpg

まるで どうだ!!(僕はマン島の洋服を着ているんだ Mちゃんは持ってないよね)みたいな・・・



ここの場所 涼しいから イイよね。
d0105967_14584150.jpg

ちっとも カメラ目線になってくれない・・・



もうイッチョ
d0105967_14585888.jpg

チャッピー 似合っているよ!!  っと 馬鹿になっている私。



万歳!!マン島!! 万歳!! 親友!! 万歳!チャッピー! 万歳!! 私!!



世界で1番 幸せなパグ!!  そう思って 1人 妄想中・・・・




メモ)) チャッピーと クラッシックバイクのレース 観に行きたいね。 この服を着て。

     なのに・・・

     チャッピーはバイクの存在が駄目らしく  バイクみると吠えつづけるし

     レース場に行ったら ビックリしちゃって 怖がるよね  きっと暴れん坊になる。 確実に。


     つくばサーキットのタイムトンネルが開催していたら 良かったね。  


     マン島が好きな人や マン島に思い入れがある人や 英国好きな人
    
     バイクが好きな人  解ってくれる人に出会ったら 幸せだね。

     そう 思っているのは私だけね・・・・(汗)

     
by iomlove | 2013-06-27 15:08 | マン島 | Trackback | Comments(20)

マン島から 愛 が届く (チャッピー編)

6月25日に マン島の親友から 愛が届いた。


遠く離れた国 (マン島)から  伝統の生地(柄)でパグの為に作られた服。
d0105967_9545377.jpg



これは チャッピー(パグ)の為の洋服です。
d0105967_9553680.jpg

オーダーメイドをしてくれた。 そうは書いていないけれど 私には解った。



チャッピーの(ママの名前)がマン島  だった事を 報告した事で

親友も驚いた事だと思う。  私も運命を感じているし・・・


とても仕事が忙しいんだろうなぁ。

アイルランドのダブリンに出張に行った際  ホテルで手紙を書いてくれた
d0105967_9583216.jpg

そうは 書いていないけれど 私にはわかるよ。  忙しい中で・・・
想ってくれていた事が 伝わってきます。


以前 送ったgreen teaに関して 私は親友に(あれ これ それ)を手に入れて送って!と言うつもりだった
しかし 親友の愛は チャッピーに向けてくれた(涙)


親友は言う(1日だけでもマン島に来て)と。 その想いが何を意味しているのか 説明されなくても解る
そして
私がマン島に行ったら親友の家を占拠し 長い間 居座る事も知っての事だろうし
そして 私が安全なマン島で
駆け巡り 走り 笑い 騒ぎ  感動し のみこみ 最高だ!と叫ぶ姿も想像しての事だろう


マン島よ 私を包み込んでください。  (いつも包んで抱きしめてくれる島だ)
本当に優しい島だ。  厳しい父なるコースでもあるが



チャッピーにプレゼントだよ!!と  パグに見せると 解っているみたいにハシャグパグ。
そして
相棒の膝の上で  幸せ~ってな顔やスタイルで 表現している チャッピー
(まるで 僕のママなんだ)と言わんばかりに・・・   また私の存在を消す チャッピー
d0105967_1024315.jpg

何故か? 家に居る時 相棒はパンツイッチョ お見苦しい・・・



メモ)) 私は秋が好き。 9月のマン島も(GP)も好き。 それを知っている親友。

   
     秋になったら チャッピー洋服来て。お散歩やドライブに行こうね!!



      親友は まだ本物のチャッピーに会っていない。

      恐らく写真や体重を作り手に 言って  一番ベストな方法で作られたと思う。

      顔や姿が浮かびます(笑)  きっと色々案をだして考えて作ってくれたんだね。  

      Thank's a lot !!  洋服を着させて ✉を送らなきゃ!!  

      幸せを・・・ 楽しみも・・・ 私の夢も   全てを想像し オーダーしてくれて叶えてくれた親友

      幸せな私とチャッピーです。

      チャッピーのママの名前をつけて人にも 会いたいなぁ。これも夢。
      愛知県のどこかに ママはいる。
      
      6月15日 親友は忙しい中  とある郵便局から送ってくれました。
      郵便局の名前をみれば 私には 解るよ。

      本当にありがとう。 全ての気持ちが届いています。
by iomlove | 2013-06-27 10:35 | マン島 | Trackback | Comments(2)

松下ヨシナリさん 死去 マン島TT 予選

陰ながら 応援していたので 言葉を失った・・・ 5/27現地。


ご家族 友人 チームメート
全ての関係者の方にお悔やみ申し上げます
心より松下ヨシナリさんのご冥福をお祈りします。


d0105967_1223594.jpg






2012



日が少したってから 友に電話しようと思う。 
by iomlove | 2013-05-28 12:31 | マン島 | Trackback | Comments(4)

3月29日 マン島  大雪の日   私の独り言

ブログをやっていて 良かったなぁ って思う事

遠く離れた場所に暮らす人達の写真や文章がみえること。

それは 日本だけに限らず 海外も。

ウェールズが寒い。とブログで拝見し  (ならば マン島は?)と思い連絡をしてみたら

写真を送ってくれました。 

ISLE OF MAN  マン島 (略して i o m) love =iom loveな私。

山に登る事が出来ない私に 最高の景色をいつも送ってくれている友。

(3月29日 マン島は大雪。 道路閉鎖 学校 会社も休みとなった)

友は会社が休みとなったので 山に登って写真を撮ってくれていた。 私の為に。
d0105967_13323014.jpg

ん? 杖?? 



d0105967_1333511.jpg



山に登ってみえる景色は抜群に素晴らしい。 一緒に登ろうよ!っと誘われたのは数十年前。
まだ 憶えてくれている。

足腰が弱い私・・・ 私をかついで登って下山するならば 行きたい!!と喜ぶ私に
苦笑しつつ 腰の悪さに いつも気を使ってくれていた。


d0105967_1334494.jpg






海が遠くにみえる。
d0105967_13343455.jpg



マン島は オートバイ(TTレース)で有名でもあるし 電車でも有名だし シッポがない猫(Manx cat)有名

自然も豊富で水も空気も海も  全てが素晴らしい。
私が日本語で (なんと 素晴らしいの~) (なんて素敵な場所なんだろうか) (最高な気分だわ)と言う度
英語で言って。という友。

私は英語が話せない。わからない。理解もできない。
なので いつも (LOVELY)を連呼している。 ラブリーで全てが通じるって私にとって嬉しい単語でもある


d0105967_13345149.jpg







私が憶えている 知っている 町の標識
d0105967_13351836.jpg


以前 友達が送って来た写真に お茶がもうない。最後の1本と書いてあった。
英語のわかる人にとって なんていう文章なんだろうか?と思った方もいたようだが

友達は憶えていたのだ。
ある日 瓶牛乳を購入しに お店に入ると ない。 どこにもないので 店員さんにきいてみたら
(オール ゴ―)と聴こえた私 店員さんは倉庫へ入って行ったので
all goと言われていると思った私はついていった。 もちろん店員さんは私の存在に気づいていない。
ずーっと ついていったら 椅子に腰かけて紅茶を飲んでいる 
その時 店員さんはビックリした顔をして 何かを言っている。
そしてまた オールゴ―。と言っているので 私は オブコース!と言ってみたら
どこから来たの? (日本から)  牛乳買いに? (友達の名前を言う私)
すると 店員さん 慌てて 友達の家に電話していた。

つまり all go。ではなく all goneだった・・・  後で調べてみたら 皆 大笑いしていた。
その時の会話を憶えていてくれたのだった。 秀樹 感激。

Duck=Dog=Dock(lands)  これは もう全然 わからない 発音が・・・
書けばきりがないけれど・・・・・ 

電車に乗っていたら お婆さんが私の手を強く引っ張り ボブボブ!!と言う
私の名前はボブではありません。 私の名前はminiです。と告げると
お婆さん(お―mini ボブボブ なんちゃらかんちゃら・・・・・・・・)慌てている
車内を見渡すと誰もいなく ホームでは騒ぎになっていた。
とりあえず お婆さんの引っ張る方向へ向かうと改札口に出てしまっていた。
通常 こういう事に釣られない私。 けれども 外の様子があまにも異様だったので。

友達の家に戻り(ロンドン)話をしたら  それは~ボブじゃない!!と青ざめた顔をしていた
Bomb!!これだけは憶えている  爆弾だった・・・


メモ))

ある時 東京都市民の森へ行った。   森が大好きだから。
すると 森じゃなく山だった・・・ 登りはなんとかなったが
下山中 膝の痛みで 足が上がらなく ズボンをめくり 手で引っ張りあげて 歩いていると
通りすがりの方々に 大丈夫?と何度も声をかけられ 頑張るぞ!と思う私は
なんと 転んで山から落ちそうになった・・(爆) あー怖かった。

ブログを通して 写真で山をみつめ 満足する方法をとっています  
そして ブログを通して色んな世界観を堪能しています。

皆様 ありがとう。
by iomlove | 2013-05-16 14:30 | マン島 | Trackback | Comments(12)

写真付き メール マン島から

たった今 マン島に暮らす友達からメールが届いた。
(マン島時間は 何時だろうか?)


【私の独りごとです】


写真付きだったので 風景を楽しみに・・・ワクワク☆



去年のクリスマスに 抹茶のステック&抹茶のクッキー&抹茶のチョコ 
抹茶だらけにして 送った。

以前 抹茶のチョコが美味しかった。とメールが届いたので・・・去年は抹茶づくしにしてみた。


メールに添付されている 写真を楽しみに開いてみると

この写真。
d0105967_17551367.jpg


メールには 

お金を払うので どうか この品を送って欲しい!!お願い!!please!!please!!と書いてあった
勿論 英文だ。

友達が書く英文は翻訳ソフトを使っても完璧に 日本語にしてくれる文章なのだ。
素晴らしい友だ。

そして
お口に合ってくれて 本当に嬉しかった。 

遠い国から 
喜びのメールと 催促のメールは感激だ。 日本にある商品ならば いくらでも提供しますわ
 

スーパーでまだ 売っているのか調べてみようと思った。



メモ) 
昔 マン島に暮らす友達と 日本式 ティータイムをした事があった
お菓子は 羊かん  お茶は緑茶。
初めて目にする 食に興味深々な顔をして 私の手つきまでみていた。

緑茶を飲むなり お砂糖をワンサカ入れて 飲んでいた。  フフフッ さずが!
どんな味だったのか 私は試さなかった。
羊かんを口にする前 これは何? どうしてこういう形なの??と質問攻撃にあい 困った私だった
結果 羊かんは口にしたが  皆が 凄く困った顔になっていた 食べれなかったんだろう。

数の子が好きな友達がいて  別の友達に数の子を食べさせたら 慌ててWCへ走り去った・・・
今回は抹茶や緑茶が 気にいってもらえて 本当に嬉しかった。

逆に私がお金を払うから 送ってくれ!というのが沢山ありすぎて 毎回 友達は私の要望に忙しくしている
可愛そうな友達だ。

メールって凄いなぁ~  ありがたや。
翻訳ソフトも凄いなぁ~ 

実際に会う友とは 相手は英語 私は日本語  友曰く 英語で話して!と必ず言う。
でも 私のリアクションやオーバーアクションでも わかってくれている。
ありがたい

あまりにも 嬉しかったので ブログで残しておく事にした。 
by iomlove | 2013-04-27 18:14 | マン島 | Trackback | Comments(8)

CLOSER TO THE EDGE マン島TTライダー


by iomlove | 2013-04-07 20:56 | マン島 | Trackback | Comments(2)

1961 Lightweight TT 125 cc IOM  マン島

【私のメモ】

Mike Hailwoodのカラー映像を初めて観た。
3位 Jim redman!!
マン島TT出場 3年で 世界を驚かせた 世界のホンダになった瞬間だろう
 感動しすぎて(涙)


押し入れの中から 当時の新聞が出てきた(谷口さんが買った新聞)
d0105967_22394939.jpg

紙は古くなると扱いを繊細にしなければ・・・と思った

押し入れの片づけは12月にしようと思う。


TT 1962 Finland 125CC/500CC



1963 Sidecar TT - Isle of Man 観ていられない・・・でも観てしまう。


ドギーは博士だと思っていたら 当時マーシャルだった事を最近知った。


(((ひとりごと。でした。)))

興奮して眠れなくなっている・・・・・
by iomlove | 2012-11-22 22:51 | マン島 | Trackback | Comments(4)