カテゴリ:日本( 3 )

2017年1月7日 武相荘 お餅つき 編

威勢の良い掛け声と共に
ペッタンコ ペッタンコ
d0105967_16483552.jpeg

腰をいれてソーレソーレ。
d0105967_21123388.jpeg
餅米の良い香りがして
今年の始まりを感じる行事

d0105967_21132708.jpeg

レンストラン前では
d0105967_21151603.jpeg
舞を踊ることの意味を教えてもらった

詳しく説明が私には出来ない・・・
頭の中てはわかってるけど文字にするのは難しい
d0105967_21162282.jpeg
太鼓の音と舞が
私の心を打つ。
d0105967_21170482.jpeg
武相荘から5分の所から来た。と教えてもらい
能ヶ谷神社からですか?と聞いてみたら
その通りだと教えてもらった。
d0105967_21182144.jpeg
白洲正子さんはお能。
この場所の住所も能ヶ谷と能の名前がついている
そのことは 住居とする中で縁というのがあったようだ

d0105967_21192991.jpeg
全ての演目をみて
〔今日は特別!太鼓を叩かせてあげる!〕と
和の太鼓を叩いたことがなかったので
心を清めるが如し
叩かせてもらった。

教えてもらいながら叩くと
私の叩き方が早いとのアドバイスで
ユックリと叩く。
3人1組で真ん中の方が指導してくれた。
4種類の叩き方を教えてもらったが
4番目の一拍おいて叩くのが出来ず
変更して 同じリズムで永遠と叩いて!とのことで
叩いていると
真ん中の方が 別の叩き方をし
素敵な音色になり ちょっと私は調子にのってしまった

手で叩きたくなって 〔音は出ないわよ〕と言われる中
ホホホッ。ジャンベのおかげも手伝って音がでた。

d0105967_21205702.jpeg
1番左の大きな太鼓を叩かせてもらった。

心を清める気持ちで叩かせてもらい

お餅つきの場所へもどり

パクパクと9個も食べていた私ーー。
つきたてのお餅が柔らかくて
とても美味しかった。
d0105967_21215081.jpeg
囲炉裏ではお雑煮の出番が待っていた
芯から温まる 美味しいスープに
つきたてのお餅は絶品だった

囲炉裏からカップにスープを入れる時
とても熱そうで
アッチッチ!アッチッチ!と声がする

炎も張り切って鍋を温め
人気だった。

何度も見ても 近づいても
素敵に写ると思う私
鍋と炎のコラボ
d0105967_21222004.jpeg

美味しいスープとお餅
d0105967_21231346.jpeg

3種類の
きな粉 餡子 からみ餅
私はからみ餅を頂く

大きめのお餅を9個も食べて大満足した。

あー。カロリー計算させられている自分を
忘れてしもうた。
いいのだ。 いいのだ。

d0105967_21224839.jpeg

陶芸教室で仲良くしてもらってる女性とお友達と
話が盛り上がり
Ⓜ︎さんはゴスペル風だわ。歌う??と
どうやら 私に会う人は
古典的な日本人なはずの私と違う国へと繋がるらしい

知的な女性と感性豊かな彼女のお友達と
様々なお話をして
私は1人で喚き叫んでいたりしたーー。

くっきりと感じて見える私の世界の中で
ある街の光景が私に見えているので
話をしたら
〔感じているがまま そこにはあるわよ!〕と
ビックリした。
私は1人でビックリしてしまったが
その話を聞いていた彼女達もビックリしていた。

私が見えている光景や感じている世界観が
現実的にある!と知り
モソモソと私は1人でビビっていたが
予定は変更出来るから時期を延ばして
今年は体力作りに専念したらいいわ。と
優しいお言葉に感謝だった。

自分自身のことで感じて見えるだなんて
人生では初めてだ。オチもある
不思議と感じて見えることが私には日々
現実的に身体を通してガツン!ときてるから

人生が蠟燭の炎としたら
ユラユラと揺れて消えかけそうになってる感じ
なので
自分に喝をいれてガッツで体力作りを
今日もするわ。

d0105967_21203200.jpeg
太鼓を叩いた方の足元。
藍染の足袋
ふと。
お囃子とかしている方々は藍染を着ていたな。
どうして藍染なのだろうか?
意味があるのだろう。今度 聞いてみたい。

d0105967_21233634.jpeg

夜は七草を。
d0105967_08551797.jpeg

今年は苦手な食材をすすんで
食べる。

お豆腐 納豆 豆類。

お餅を頂いたあと
そう決めた。

きな粉と餡子をパスしていたけど。


さぁー今日も
自分苛めてに燃えてみよう。
それもこれも自分の為。
夢の為。



by iomlove | 2017-01-10 08:15 | 日本 | Trackback | Comments(0)

小鹿田 小石原焼

d0105967_205082.jpg

by iomlove | 2010-09-12 23:59 | 日本 | Trackback | Comments(0)

fujisan

富士さん。子供の頃は富士山を眺め
富士山と書いて(ふじやま)と読み
富士・山を見ては さん。をつけて 富士さんと言っていた
 ならば 丹沢の山や大山をみて 
丹沢さん・大山さんとは言わなかったので
 富士さんは特別の存在だった

午前中の森は気持ちがいい~ 
d0105967_162777.jpg

とかなんとか・・・ 富士山の3合目か4合目で そう思う
 
昔々 富士山に人が住んでいたとか 都市伝説の話を富士山で聞き
 下に見える樹海を覗きながら 
人が住んでいたら その広~い樹海で どう発見されたのか?と 煙で見つかったのかな?
樹海や富士山って 元々は誰が所有していたのか? 赤松の下ではえるのも誰のもの??なのか?
 ハテナマークばかりでてくる・・・

の~んびりした気分で ゆったりと富士山で時間を過ごすとハテナマークが増えていく・・・
d0105967_1215834.jpg

 
by iomlove | 2009-10-08 23:55 | 日本 | Trackback | Comments(2)