カテゴリ:京都( 51 )

京都の午後 〔おそろいの巻〕 早足で。

半日の京都で4時の電車に乗るために
私達は〔私のために〕早足で移動。

以前から行きたかったところ。
黒田さんのテーブルがあるの!と
もしかしたら 京大の近くのあの場所かな。と思い
連れて行ってもらった!
d0105967_12355730.jpeg
店内では写真禁止なので外観。

白い恋人はレモンスカッシュ。
私はホットレモネード。

〔すっぱい!すっぱい!〕と白い恋人は言いながら
うわぉー!ホントに酸っぱいねぇー。と言いながら
私は赤いノートを出して
モリンダちゃんに何か描いて!とお願いする。
モリンダちゃんは描いてくれへんかったーー。
そのワケは
モリンダちゃんのブログを帰って来て読んだら
なるほど。そうだったんだぁ。
d0105967_12364244.jpeg
レモンの飲み物もおそろいだったけど
気持ちまでがおそろいだった!とは
気がつかなかった。

黒田さんのテーブルは気持ちがいい程に大きくて
脚になる部分が橋で見た形に似ていて
きっと 形には意味があるのだろう。きっと!と思った
d0105967_12372351.jpeg
白い恋人と一緒にいると毎回
導かれるように吸い込まれたりすることがあるんだ
肌でも暖かさを感じる。


お店を出て
白い恋人はタイルを優しく触っていた。
その優しい手つきが印象的だった。
白い恋人いわく
〔タイルが好きだから〕そう言っていたな。
手の仕草は心の中を映すことがあるんだなぁー。
d0105967_12381976.jpeg


コンビニで私は煙草を吸わさせてもらった。
すると大学生みたいな男子達がいた。
もしや京大生か?!
そうだった。
クイズでも出して答え方を調べてみたかった。が
やーめた!

すっぱいレモンを堪能し
祇園へ向かう
鍵善良房にて鍵餅を手に入れたくて!!
そして
白い恋人が発見した素敵なべっ甲や琥珀のお店で
前回 どうしても手に入れたかった品があったので
どうー思う?似合う?
これはどう?
あれはどう?
と イチイチだけど恋人の見た感じは参考になるので
私は真剣だった。
もちろん白い恋人も真剣。
d0105967_09400366.jpeg


橋を渡り 時間があったので新京極へ
d0105967_09314136.jpeg

山々に雪が 素敵だなぁ。
d0105967_09320551.jpeg

新京極では昭和からのスタンドがあるの。と嬉しそうな
白い恋人
そのお店の前でお店に入っていく人を見つめ
私も真似をして 扉を開けて
あら!今日は混んでるわ!と言って扉をしめた。
とても楽しそうで 私の好きな世界だった!
次回 会う時に来よう!と決めた。

ドンドン歩いていると
寺町御池へ。
民族楽器コイズミへーーー!
アラサトがメッチャ上手な彼は真剣な顔付きで仕事中。
カウンターには
アイヌで有名な楽器ムックリが置いてあった!
鎌倉の長谷で私はムックリを手にし
由比ヶ浜で日が暮れるまで練習したな。
コツを教えてもらったけど 難しくて音が出なかった
なので
カウンターの男子〔お店の方〕に
ムックリをどうしたら音が出るのか?教えて!と

ヒェーーッ!流石!楽器屋さん!
ムックリからの音に私は吸い込まれた。イイわぁー。
あれ?
顔が真っ赤に変身しちゃった方がニコニコしながら
照れてるわーぁ。

純粋だからお顔も心も真っ赤になっちゃった!
白い恋人は真っ赤の真っ赤状態になーる。
d0105967_09343287.jpeg
民族楽器コイズミでは
何処の国だか?鈴?を手に入れた

白い恋人が発見し音色か私達を吸い込まさせた
恋人はとても大きいのを
私は中くらいの。
d0105967_09351991.jpeg
富士山が見える場所へ持って行って〔大袈裟ではない〕
鳴らしてみては
聴こえるかも。届け!と

d0105967_09354421.jpeg
この音色は眠りに入るなぁ。
次回 何処の国から来たのか聞かなきゃ!

六曜社さんで待ち合わせをした時に
私のラブレターらしき葉書を読んでいた恋人は
文章の途中で
〔おそろい!!〕と大きな目をさらに大きくし
また
〔おそろいだって!〕と驚いていた。

今回の京都の始まりから最後まで
私達は〔おそろい!だった〕

始まりは
デッドストックのルーマニア刺繍。
d0105967_09340946.jpeg
コレを見つけた時
不思議にも店員さんが実は2枚だけあるんです!と
ホホホッ。
モリンダちゃんと私を繋げてくれた
ルーマニアと刺繍と谷崎聖子さん。
すぐに頭に〔最高よ!〕と浮かんだので手にした

モリンダちゃんへ。
私へ。

それを知った恋人は驚きながら
私にプレゼントを

〔おそろいの織物グァテマラかな。〕と

d0105967_09331238.jpeg
昔は腰に拘っていて
実はベルトが好きなのだ。
只今 身体改造中の私へピッタリな応援だわ‼️
d0105967_09333433.jpeg
ベルトをイイ感じに巻けるように頑張るゾ!

オデコに巻いてジャンベを独りで叩いてる
なんだか誰かに見られたら
気が?大丈夫なのか?と疑われそーだが
楽しいから イイのー!いいの。

互いに題名はつけてもいないしお題もないけれど
毎回
私達には〔何か意味のあることへ進んでいる〕
そう感じて思う私だ。


d0105967_12351111.jpeg
2人して建物を見ては共感しあい
どこに住みたい?と質問したり
アソコがいいわぁーが同じだったり。

私はゲラゲラ笑ってる。

楽しいんだ。

今回は短い時間の滞在だったが
白い恋人と過ごした濃厚な時間が今も焼き付いている

逢える喜び
逢える楽しみ
最高なんだ!

d0105967_09311146.jpeg

また逢える日を楽しみしながら
今日もトレーニング。
昨日と今日は完全に緩んだ私はカロリーオーバー。

筋肉つけて京都の街を走り出したいな。

時間がやって来てしまった。

さっきまで朝だったはずなのに
もう夕方。

京都駅の改札口まで見送りしてくれた。

おおきに。また逢える日を楽しみしてるわ!


電車に乗り降りたら
とても外は寒かった。
時間通りに到着したのに!!と凍えてた
煙草も吸いたいし
寒いし
お店を探し
ドキドキしながら扉を開け 〔大袈裟だな〕
持ち帰りように作ってもらえますか?
煙草は吸えますか?
お酒を注文しなくてもOKですか?と確認し
d0105967_09391912.jpeg
お好み焼きをお願いした。
奥様は私の言葉づかいで関東の方ね!と
私が知らない東京の話をしてくれて盛り上がり
またこの地に来たら寄るわ!と約束しながら
メッチャ盛り上がって
私は寒さから逃れられた。
d0105967_09385134.jpeg
雪がチラつき風も冷たかった。

冷凍庫みたいに外は寒く
コリャ風邪ひくわ私。という時に
優しい奥様に出逢えたこと嬉しかった。

その後
パーキングエリアでは私は煙草を吸うために
コートも着ないで薄着にてプカプカしては
その繰り返し
寒い!寒い!と大騒ぎしながら家に着いた。

まんまと風邪。
やっと昨日から復活した。

寒さと戦いながら煙草を選ぶだなんて!アホかーぁ!

Dr.も私に呆れてた。煙草を吸っていたのは秘密にして


雪の景色が見れた
夢1つ叶った!

夢を叶えるために明日も燃えるわ!

お付き合い
ありがとう!


by iomlove | 2017-02-21 21:56 | 京都 | Trackback | Comments(2)

茂庵〔Moーan〕吉田山の頂上で

前回
白い恋人と会った時に茂庵〔モアン〕に来た。
その時は
茂庵の敷地の木々が見える緑色の世界が見渡せる席。

今度 ココに来る時は
逆側のカウンター席もいいね!と話していた

d0105967_11174492.jpeg
雪降る 雪積もる京都。
憧れでもあった。
白い恋人から写真で雪積もる京都を見せてもらい
私の心は踊る。


スイスイと迷子にもならず茂庵の入り口に到着。

ココだわ!この道!
H子さんになりたーい!と白い恋人は言う。
前回もH子さんになりたい!と言っていた。

d0105967_11181203.jpeg
読んでいる人には なんのこっちゃーですよね。
秘密なの。へへへっ。

風情がある建物に私達は惹きつけられる。
d0105967_11184202.jpeg
趣がとても素敵で 2人で盛り上がるほどだ!

階段から後ろを眺めると
d0105967_11194540.jpeg
OMG‼️
現実に見ている中で 夢みたいな気分になった。

吉田山の頂上にある茂庵。
後ろを振り返っても素敵なのだ。

d0105967_11192215.jpeg
木々の世界には白い雪がのこり
山って・・・ロマンやストーリーもあるんだろうな。と
夢心地。


絶妙なタイミングで鳥達は合唱してくれた。
d0105967_11203887.jpeg
まるで
ようこそ!と歓迎のメロディーにも感じた。

鳥達のメロディーに合わせて私達も軽やかに
吉田山の頂上に到着。

open前に辿り着き
何名か待っていた方もいた。

ほんの少しだけ待っている間
お庭にあった石で出来てるのか???

d0105967_11211419.jpeg
覗いてみたら
水も石も固く凍っていた。ビックリした!
d0105967_11214606.jpeg
凍っている姿をみて
京都の寒さというのを知ったような気持ちになった。

そういう事を ふと思っていると
open!
名前を呼ばれて ドキドキしながら茂庵へ入った
なぜ?ドキドキしたのかは
どこの席に座れるかなぁー??と

d0105967_11224086.jpeg
前回 カウンターに座って街並みや山々も見たいね!と
実は私達よりも先の方が
この席を選んでいたのだった。
違う席に移動したので
私達はすぐに1番ベストポジションに座れたのだ!
感激!!lucky!

お水が入っているグラスに写り込む世界にも恋をした
d0105967_11221892.jpeg

2人でグラスに写り込む世界を写真に収めた。

メニューは
白い恋人は2月のメニューで
和食
d0105967_11234109.jpeg
彼女らしい選択だなぁ。って思った

左奥に写る黒い器には
ナンジャラホイ?

キンカンと黒豆のデザート
d0105967_11240047.jpeg
とても美味しい!キンカンだわ!と喜んでいる恋人
デザートも京都!という場所にマッチしていて
見ているだけでも 素敵なデザートだった。


私は私で前回食べたピタパンが忘れられなくて
4種類の中味を2種選べるの。けれど
前回と同じにした。
その場で恋人も 私より先に覚えてくれていた!
d0105967_11241920.jpeg
モッチェレラチーズ。 ズッキーニ。
前回 チーズを後に食べたので
先にチーズを食べてからズッキーニがベスト!と
私がそう言っていた事も恋人は覚えていてくれはった!


d0105967_11244356.jpeg
私のスープはゴボウスープ。
香りがとても私みたいな感じがして
なぜ?ゴボウなのに?と疑問に思い
お店の方に聞いてみると
〔クミン〕の香りだったそうだ!

クミンと私かぁーいいねぇーー❤️


大きな格子窓から見える街並みと山々が
私達の心を最大に豊かにしてくれてるみたい!
そういう気がした。

d0105967_11254025.jpeg
細長く写真を撮れば全体が写るはず!と
お互いに撮ってみても 撮れなかった。
きっと
ココを知りたい人が居たら
京都へ行ったら吉田山へ茂庵へ。なのかも。


飲み物は珈琲ではなく
ホットな紅茶にしてみた。
名前は〔ウバ茶〕
初めてウバ茶を飲むのだった。
あとから知った事は恋人も初めてのウバ茶だと。

d0105967_11251418.jpeg
不思議の不思議!
口に含むと ほうじ茶の味がした。
喉を通る時 紅茶の味に変身してる。
マジックだな。これは!!

ウバ茶にミルクをいれたら どんな味になるのかな?

格子窓から見える景色とウバ茶の味に
2人して素敵!と何十回言っただろうか。


2階がレストラン。
右側の窓に私達は張り付いていた!
d0105967_11264958.jpeg

敷地の中の木々も抜群に良かった!
街並みと山々が見えるカウンター席も抜群に良かった!

初めに その席を選んだ方が別の席へ移動したことで
私達は最高なロケーションが見れた。
そして
丁寧な食にも堪能も。

d0105967_11261280.jpeg

共感しあえたり
喜んでみたり
笑ってみたり
最高です!

私を笑顔に導く恋人。

素敵でしょ。

d0105967_11274976.jpeg
太陽の輝きも笑顔に見えるわ。


足元には沢山のドングリが集まっていた。
d0105967_11271879.jpeg

恋人は空気を感じていた。
私も。

空気感が美しい!

山登りをする人には
きっと
その空気感に出逢っているんだろうなぁ。

素敵だなぁ。


ここの場所にテント張って眠りたいな。
居座りたいな。山の高さもちょうどいいし!

敷物を敷いて 刺繍したいな。
あー
色々と浮かぶわ。茂庵 好き。
d0105967_11283102.jpeg
登山してる人風ーー。
吸い込まれてゆく私を恋人が撮ってくれていた。
ありがとう!写真嫌いな私をコッソリと!
素敵な記念になるわ!!おおきに!
山と木々と雪とワタシ。

また行きたいなぁ。
茂庵へ。

〔クミンの香りに誘われて〕
クミンを買いに出かけたのにクミンを忘れて帰ってきた
クミンの香りを嗅いでいると絵が描きたくなった。
クミンが私を誘った!!ゴボウではないクミンだ。

5本の5種類のペンは買った!
紙も買った!

風邪をひいてるので
おとなしくしている。
いう事は
トレーニングしてなーいのでアール。(;゜0゜)

明日はクミンを見つけよう!そうしよう!

京都 続く


by iomlove | 2017-02-16 18:22 | 京都 | Trackback | Comments(0)

平安神宮へ見てみたい世界を求めて。

木曜社を出て
いつもの黒豆をお店で購入し
時間が限られているので
急いで早口にも話ながら歩く。

高瀬川〔?〕だったと思う。
鴨川だと思ったけど
高瀬川か高瀬橋と書いてあったはず・・
恋人はニコニコと
高瀬川や京都のジュリーの話をしてくれた。
d0105967_13180023.jpeg
この上の写真に写るなんていうのか?
名前話わからないけど
恋人は家にあったらイイなぁ。と言う
私も京都へ来るたびに イイなぁー。と思っていた。

同じ事を思っているんだなぁー。

本物の恋人みたいだなぁ。ふふふっ。

d0105967_13173327.jpeg

遠くに見える山々が白い。

京都は極寒よ。と近所の方々にアドバイスをもらった
私の想像と違い
京都の人は薄着だった。寒さに慣れているのかな?

d0105967_13193096.jpeg
平安神宮に到着。
私が見てみたい世界を恋人も必死になってくれて
探してくれた。

d0105967_13201889.jpeg
建物の周りや植物のかげも見落とさずに。
まるで
太陽は私達を歓迎してくれている気にもなった。
どこを探しても見つからず
交番や建物の受付の方などに恋人は私の代わりに
聞いてくれて探してくれた。

帰って来て知った!
京都会館のお庭にあるらしいーー!と

岡崎公園も見たのにね。
d0105967_13222867.jpeg
探している探偵風などに私達。

d0105967_13242331.jpeg
夕方からキャンドルナイトを開催するとのことで
準備をしていた。
その時間帯には私は京都から離れてるー。(;゜0゜)

恋人は足取りが軽やかにも気持ち真っ赤になって
探してくれたんだ。
d0105967_13205019.jpeg
私のお財布が入っているバッグも
私の代わりに持ってくれていた。
確かに!私が持っていたら紛失してたと思う。
興奮していたから。

d0105967_13183771.jpeg
これは何?と聞いたら
雪だるま。
2つの玉ではなくて3つの雪だるまは初めてみた!
お団子みたいだなぁ。

恋人は
あら!硬いわ!凍ってるわ!と教えてくれた。
d0105967_13190802.jpeg
恋人が履いているスニーカーが
たまらなく私のツボ!
adidasのダ!
チラチラと恋人の足元のadidasをチラ見する私。


以前はココに噴水があって
そこに設置されていたらしい。と聞いた。
d0105967_13233543.jpeg

この日は平安神宮で
楽市か開催予定だった。
私の友達が出展する!と決まっていてので
恋人と友達を会わせたい!とワクワクしていたが
おーっ。
d0105967_13195455.jpeg
キャンセルだとは前日聞いていたから
とても残念だった。

恋人も友達もスーパーに純粋な人だから
スグに仲良しになれる!と思ったり
出身も近所らしく
関東の友達とは勝手に盛り上がっていた。


スマホを持って歩いてるんだから
ちゃんと落ち着いて調べるべきだった!
興奮の大興奮だった私は
ドキドキしてばかりいて冷静な気持ちには
とてもなれなかった。

白い恋人は
私の代わりに時間も気にしてくれて
冷静に場所も探してくれた。

ありがとう‼️

さーぁ。ランチへGO‼️

気持ち切り替えて
進む。

京都のジュリーはホームレスだったらしく
とてもお洒落な男性だと教えてくれて
私もジュリーに逢いたかったなぁ。
私も時々 路上生活したことがあったから
ホームレスバンビーナ!と自画自賛していたな。

〔メモ〕ポールスミス展に行きたかった前回
私は完全に迷子になり 辿り着かなかった。
あの建物でやってたの。と教えてもらい
全然違う方向を歩いてたらしいな。
白い恋人からポールスミス展の写真を見せてくれたから
京都での開催はやっぱりスゴイ!と思いつつ
日本に京都があって本当に良かった!と思いながら
白い恋人との出会いもスペシャルだな。

真っ赤に燃えた2人。
燃えるような情熱は互いに持っている。


さて!
目的地へ進む。

by iomlove | 2017-02-15 21:16 | 京都 | Trackback | Comments(2)

六曜社さんにて。

飛び込むように
六曜社さんへ入る。

1番奥の席アーチになっている席を案内してくれた。
私は煙草を吸いたいので
恋人の顔に向かって煙草は吸えないので
入り口から3番目の席をお願いした。
d0105967_09564870.jpeg
隣り合わせの席でイチャイチャも良かったかも。

向き合って座ることにした。

ポコさんで目覚まし珈琲を頂いたので
さて!
なにを頼もうかなぁー。
d0105967_09572534.jpeg
この雰囲気も好きだな。ドキドキ ワクワクしてる私


ホットレモネードをお願いしてみた。
d0105967_09580222.jpeg
ホットだけあって
熱かった。〔あたりまえかも〕
猫舌なので
しばらく見つめてみるレモネードを。
d0105967_09583519.jpeg

入り口にある小さなガラス窓から
lovelyな笑顔で
両手を振っていた cuteな恋人が見えた!

ワッオー‼️
恋人の登場。
スグにお話しちゃって
あっ!オーダーしなきゃ!みたいな感じで

恋人はマーマレードでお願いしてた。
d0105967_10005841.jpeg
パンにはマーマレード‼️とマーマレード好きな私は
瞬間にも
マン島の朝食ではマーマレード!と騒いでいた事を
思い出し カロリー計算しているから
目の前のマーマレードを食べた気にさせてみた。
コレ私の魔法。笑

d0105967_10001940.jpeg
恋人は
誰か淹れてもらう飲み物や塗ってもらう喜びに
大感激しては笑みが溢れていた。
そう言う恋人は
とても純粋で綺麗な心を持った人だ!と
いつも逢えるたびに思う。

d0105967_09552515.jpeg
六曜社さんの灰皿
色といい形も素敵で 見惚れてしまう。

私が恋人に葉書に書いた手紙を渡すと
恋人は
〔おそろい。〕という文章でとまった。
おそろい?!っと声に出して
なにやら驚いているのだ。

その事は後に続くけど

不思議にも恋人と逢える時
逢っている時
バッチリ何がストレートにも感じたり
まるで
telepathyでもお互いアンテナが伸びてるのか
今回も〔おそろい。〕で互いに興奮した。

話をさていると
今回は時間制限あり!だったので
時計なんか忘れたわぁー!という私に
恋人は時間を気にしてくれて
次に向かう先を聞いてくれた。
d0105967_09535438.jpeg

密かに私が見てみたい。と強く思っていたのがあり
その場所へ連れてってもらうことにした。

d0105967_09544457.jpeg

六曜社さんのスタッフさんが今回は前回と違う方だった
同じ方だったら
私また来たわよ‼️って驚かそう!と思ってたの。

時がとまった気もした。
話したいことが沢山あるし
聞いてみたいこともたくさん。

なのに
時計の針は進むのダ。

目的地へと進む私達。

by iomlove | 2017-02-14 10:06 | 京都 | Trackback | Comments(2)

自分を感じる。 Freedom Winston 煙草

ウィストンの広告を見るたびに
共感してしまう。

d0105967_12163553.jpeg

自分を感じる。
d0105967_12201295.jpeg
一瞬 一瞬、ありのままの
自分に正直でいたい。

d0105967_12205473.jpeg

誰かのように生きるんじゃなく

d0105967_12213768.jpeg

自分らしく生きているから、
d0105967_12221312.jpeg

心は自由を感じることができる。
d0105967_12224901.jpeg

自由を感じる。
一瞬 一瞬
ありのままの自分に正直で行きたい。
誰かのように生きるじゃなく
自分らしく生きているから
心は自由を感じることができる。

d0105967_12232374.jpeg

本当にそうだ‼️

そう思うたびに
ハイライトを常に吸ってきた私は
Dr.曰く
煙草をすぐにでもやめて‼️といい
肺を悪くしたから
ハイライトをお守りように持ち歩き
たまに吸うことにして
セブンスターを主にしてみた。が
あわないのだ。
ウィストンの広告にまたもや反応した私は
赤い箱の8㎜というのに切り替えてみた
パンチがあって美味しかった‼️
d0105967_12234731.jpeg


タールが17から8になるからいいのではーー!
やめろ!と言われても
やめない。美味しいんだもの。


d0105967_12243126.jpeg
満月の月灯りに照らされて
強風の寒い中
ウィストンの8㎜を吸う。
美味しい!と思う。

d0105967_12241640.jpeg


〔メモ〕京都に言って来たの。

行く前の松田とか御殿場では
d0105967_15191711.jpeg
カメラに撮れなかったけど
スゴイ雪ーー。コワカッタ

ウィストンの広告を見て
共感し
ウィストンを吸ってる私。
単純だなぁー!と言われたら
そうかも。


by iomlove | 2017-02-12 15:20 | 京都 | Trackback | Comments(0)

民族楽器コイズミ と スマートコーヒー 〔寺町通り〕

目的のお目当のコイズミ楽器店へ到着。

前回 京都へ行った時 私のココロがエキサイトした。
ここの楽器屋さんは
各国の民族楽器を取り扱っているみたい。
荷物が多くて 手に入れることが出来なかったので
今回 白い恋人と一緒に来た!

店員さんに大きさを伝え在庫を調べてもらい
出してもらう!

お目当の楽器は藻玉〔モダマ〕2本
80センチくらいの世界一大きな豆と言われている
タイ産の楽器。
d0105967_14471216.jpeg
サヤが乾燥して固くて 中に入っている豆が
シャカシャカとなる♪

d0105967_14473590.jpeg
オブジェにもなーる。
もちろん楽器として使っている。

店員さんは
見事!なほど 藻玉の演奏がステキだった!
ニコニコしながら彼は
藻玉を扱ってシャカシャカしていたーー!

白い恋人は
asalato〔アサラト〕に釘付けしていた。
なぜならば
また店員さんの彼はアサラトを
見事にも扱って演奏していたーー笑顔で!

白い恋人は彼に釘付け。
私はなんだか・・大興奮してしまい
彼にむかって喚き出してしまった・・・

掃除洗濯ご飯も作るわよ!なんでもやるから!
絶叫中。 はい。告白していましたー

白い恋人は これまた
一家に彼が居て欲しいわ!と告白。

メスの求愛攻撃をアサラトを演奏する彼に
私達は完全にknockoutされ
店内で大声出して絶叫しながら告白タイム中。

そんな事になっていたとは 私は興奮しているから
気がつかず。

ニコニコしながら演奏中の彼
d0105967_14385436.jpeg

両手でアサラトを持って
足でリズムをとりながらも
両手の使い方が別々。
d0105967_14392032.jpeg
ノリノリの彼は
私達や別のお客さんの期待に
バッチリこたえてくれた!

d0105967_14395142.jpeg
まるで
パーカッションじゃぁーない!!のー。

そうです。と

ヒャー!!かなりのカッコ良さ!!
ミラクルだわぁー!ミラクルよ!!


コイズミ楽器屋さんの前に
モリンダちゃんが飲んでいた
モリンガ茶はミラクルと書いてあったけど

ミラクル茶を飲んだ後
ミラクルな彼に会うとは
想定外だった!


ヤングな彼はかなりなもんで
色々 質問攻撃した私。
ヤングな彼は アサラトを演奏してくれながらも
質問にこたえてくれました。 惚れるわよォー。

d0105967_14403313.jpeg

楽器ができちゃう男には
もー弱い私。
しかも!
私達の為に演奏してるんだから
ミラクルすぎてーー絶叫!

d0105967_14410630.jpeg
白い恋人は釘付け中
動画も撮っていた!素晴らしい!!

やっぱり楽器を使える男は最高よね!
〔君の為に〕なーんて言われたら
失神しちゃうわぁー!
パーカッションは大好きすぎて
パーカッションができちゃう男子には気をつけて
生きてきた私だった。

ヤレヤレ。


私は藻玉を梱包してもらっていた。店長さんに
店長さんは何故か?私に質問をしてきたーー
ミュージシャンだと思ったらしいーーー
なんでまた??と聞いてみたら
雰囲気と服装。と・・・
あら 違うわよーー。説明した。

若い頃 一度だけ
チラチラと私を見てはウロウロしてる怪しい男性が居た
コンサート会場のロビーで私がタバコを吸ってると
ジーッと私をチラチラみてて
だんだん近づいて来るのだ!

何ですか?私に??と言うと
名刺を出して 電話をください。
もし良かったら話をしませんか?と

話もしないし ほっといてーーー!と答えた。ふん!


その後 打ち上げで その男性も居て
なんなんだよ!って思っていたら
SONYエンターテイメントの人だった・・・
どうやら私の雰囲気と服装が音楽している人と
間違えたらしい。
互いに笑った。みんなも爆笑していた。

人生で2回目の間違えがこの日もあったので
私は1人でクスクス笑ってしまった。

アラビアンな服装だったから・・・

d0105967_14455367.jpeg
白い恋人と時間が迫ってる中
私がスマートコーヒーにもはいるわ!と
美空ひばりさんが好きだった喫茶。

写真にはアサラトが写っている。
白い恋人専用の楽器となる。

音楽繋がりでスマートコーヒーで
美空ひばりさんのことを少し聞いて
アサラトを見つめる恋人は
とても情熱的だった。


白い恋人は何故か?
チョコレートという甘そうな飲み物を飲んでいた。
まさか!!
恋人の気持ちもトロけてしまっていたなか?!!
ハートがスィートになっていたからか?謎だった。

d0105967_14461700.jpeg
スゴイ告白していたのよー!白い恋人は言う
全然私は興奮していたから 憶えてないよ。
燃えちゃってさ。ラテンを超えてはなかったが
危うく踊り出しそうだった私
さすがに踊りださないようには遠慮してた。笑


d0105967_14465145.jpeg
まだ 目的が次にもあるので
慌てて連れて行ってもらった。


コイズミ楽器店。
最高です!
寺町通りにあるので
気になる方は
行くべし!

あなたも告白してしまうでしょうー。


luckyビーンズとも呼ばれてるらしい
振ればフルほど luckyが舞い込みそうー。
藻玉シェーカー。
部屋で
シャカシャカ ジャガジャガやると

もーう!うるさーい!騒音女め!と
クレームを言った人が目の前にいた。
80センチの藻玉をコッンと頭に叩いてやった!

夜の演奏会〔練習会〕
私の気分もマックス!
何か話しかけられると
藻玉シェーカーで音を鳴らし答える

うるさい。うるさい。と言われる

ジャンベを叩いてもうるさい。と言う

音感がないかもーー私


d0105967_14475925.jpeg
車の中では藻玉シェーカーを使わないで。と
注意された!
運転が危険になるので。と・・・


昼間
藻玉シェーカーをバリバリ振って
コレは!
ダイエットの成功になるかも!と
ニヤニヤ 藻玉シェーカーを振りながら
期待をしている私。

熱い情熱にこたえてくれた
コイズミ楽器店さん
熱いパッションを肌や耳わ視覚ても感じ

どれだけお邪魔したか?はわからないけど
大好きです!

京都へ行く際
また
攻撃しに行きます!!

次のお目当はチベットだな。
パグ繋がりで!!
d0105967_10371409.jpeg
チャッピーも 抱っこして
ユラユラさせながら
音楽のリズミに合わせると
フガフガ鼻を鳴らして喜んでいーる。


白い恋人の恋人はアサラトにもう夢中
リズミカルな音をすでに出していて
彼女の進歩たる凄さに アッパレ!

私は藻玉シェーカーを振り回し
凶器にさえなってしまってる。





何がなんだか
わからない コノ ブログ。
お付き合いをありがとう!

音楽は最高ーースッ!!

コイズミ楽器店さん ありがとう感動と提供を!!





京都の話は
まだ
続けます。あせ


by iomlove | 2016-10-14 09:44 | 京都 | Trackback | Comments(8)

モリンダちゃん 京都 〔ミとガの一文字違いのモリンダちゃん〕

山をおりて

気になっていた場所へ移動。
方向音痴な私の変なリズムで 道を渡ろうとした時
〔どこに行くの??〕と白い恋人から声がして

ハッっと我に返った。

その私の方向音痴なノリで
独り旅をすると・・・迷子になります。汗
日本語が話せるので問題なし。汗
英語圏では △□◇🔳?意味不明ーー。
d0105967_12482099.jpeg
歩いていると 気になるお店を発見!
思っていたら
到着していた
d0105967_12484811.jpeg

お店の名前を しっかり忘れてる。

沖縄のお店でベジタリアンなヴーガン。と言っている

食事の後だったので お茶タイム。

d0105967_12502062.jpeg

メニューを見ていると!

モリンガ茶。
???
モリンガ??
d0105967_12492031.jpeg
白い恋人の名前は〔モリンダ〕
お茶の名前は〔モリンガ〕

どうーなってるの??
ダとガの違いだけ!

このタイミング! 素敵だわ❤️

モリンダちゃんはモリンガ茶をたのむ。

私は チャイが恋しくて
メニューを覗いてみたら ありました!
d0105967_12495153.jpeg
さんぴんチャイ。
どんな味なんだろー!と楽しみ。

まず!気になる モリンガ!茶!
d0105967_12504736.jpeg
オカシイなぁーー。
私からモリンダちゃんを見ていると
また!
緑の世界になっている
コースターも壁も洋服も砂時計も急須も
緑だわ!!なんで??

d0105967_12522308.jpeg
とても落ち着く雰囲気のある場所で
私は 緑だよ!ミドリーー。と連呼してた。

さんぴんチャイ
d0105967_12511156.jpeg
さんぴんの意味は調べていないので
わからない。
とーっても美味しいチャイで
骨までしみて ホットhot!
体の芯から温まる

モリンガ茶を飲んでいたモリンダちゃんも
体から温まるわ。代謝が良くなってるわ!と
私達は同じ事を言っていた。

d0105967_12514057.jpeg
隣のテーブルでは海外からの方で
なんのお料理なのか!スゴく私は気になってた。

また
ココに来る機会があったらヴーガンでヨロシク!

d0105967_12525450.jpeg
モリンダちゃんがモリンガ茶を飲んでいる姿を見ていて
私は スゴくおかしくて面白くて仕方がなかった。

ミリンダという飲み物のビンをモリンダちゃんが見つけ
モリンガ茶をモリンダちゃんが見つけて
一文字違いなのに さすが!自分の名前に反応してる。

私は この日 2つのネーミングを見せてもらい
おかしくて、面白くてツボにはいってた。



私がどうしても!行きたい場所〔お店〕があった為
早々と飲んで お店を後にした。
d0105967_12531680.jpeg
ペスパ!と遭遇ー。
モリンダちゃんが昔 ペスパに乗っていた!と聞いて
想像しただけでも お似合いだわ!と
お洒落モリンダちゃんにはぴったりなバイクだな!
ペスパに乗って走る姿までが想像できて
お洒落な人はお洒落だわ!何もかもが!!スゴシ!


d0105967_12534091.jpeg
隣のお店も
気になって クローズだった中

覗き見してみる
d0105967_12540239.jpeg
覗き見したら
スゴく気になって仕方がなかった。
ドアを開けたら 誰が出てくるんだろうか?
何があるのかなぁー。


バス停到着。
タイミングが良く バスが来た!

なんだか とても可愛いバス!
初めて見たバスの乗り方で
車内も初めて見たので ワクワクしてしまった。
d0105967_12542541.jpeg

モリンダちゃんを完全に振り回してしまった。
時間切れにならない様にと
白い恋人のモリンダちゃんも必死になってくれた。
〔ただいま私は 大反省会中です。〕
d0105967_12452702.jpeg
恵文社にて。
モリンダちゃんの頭には
正子さんのシルクのスカーフ。お似合いすぎる!
正子さんとは白洲正子さん。


バッチリな緑の世界にもぴったりだった。

あっ!
夏木〔コ〕マリさんだわ!!!

すんごい!発見をした私!
d0105967_12464875.jpeg
恋人なんだもの。
写真を撮るに限るわ私ー。 記念の日には写真を撮るのさ
一乗寺を歩いてる時。


ディープとか
アンダーグラウンドとか
コアとか
そういう世界も大好きで
言葉だけでも そそのかされるほど。

一乗寺 ディープさがイイわぁー!
ここの街と道
d0105967_12471889.jpeg
夜の線路も 夜景もココから見てみたいな。

d0105967_12474917.jpeg

そして・・・

ココから始まる
私達の熱いあついパッション炸裂するとは!?

2人とも気が付いてもいない。知らないのだ!

目的地へバスで向かうー!


プププッ。
今 冷静になってみると
おかしくて おかしくて 笑いが止まらない!
1人で笑ってる私。
あの時 動画を撮っておけば良かったわ!なんてこと!

笑いの天使 モリンダちゃん!

〔メモ〕
今も おかしくて 1人で笑ってる。のに
寂しくなってきた!

今 思うと あの日 あの時間も
思い出なのね・・・

京都へ引っ越し計画は 簡単にもパーだったけど・・・
モリンダちゃん
ありがとう!京都引っ越しの話をしてくれて!
ダメだったけど とても嬉しかったの。

あーーー。

走って逢いに行きたいよ!私は!
夜のモリンダバーにも行きたいし
練習も一緒にしたいし
セッションとか!いって調子にものりたいし
お互いに何か一緒に作って過ごしたいし
アトリエ感覚で創作もしたいなお互いに
同じ空間で過ごしたいし

なんだか スゴく寂しくなってきたよ。

寂しいから
私は次の目的地で手に入れた品を振り回して
アホ!になって騒音女となってる。

思い出かぁ。
一瞬一瞬が全て
思い出なのね。それも 後から。

ヨーロッパほど距離がある訳でもないから
また
遭ってね!私と。

呆れないでね。

私は自分に呆れてしまってるけど 反省会やってるわ。


告白みたいな事になってるかもーー。
イイの イイの!

いつでも 告白しちゃうわ!私

好きなのは好きだし
大好きも大好きなんだもの。

冷静には
とても
なれません。

熱いパッションが炸裂する編へ

続きます。

by iomlove | 2016-10-12 17:23 | 京都 | Trackback | Comments(2)

太陽のシャワーを 感じて 〔茂庵 吉田山にて〕

吉田山の頂上。

茂庵から出て 建物を見つめる
d0105967_11423624.jpeg

とても落ち着いている雰囲気と
とても落ち着いている私
d0105967_11443196.jpeg

建物の逆側
木々と太陽がみごとにも美しかった。
d0105967_12055776.jpeg

恋人の緑の世界
私の赤い世界

その間に感じていた世界を

ふと
誘われるように意識を持っていくと
d0105967_11460153.jpeg
自転車が置いてあった
光のシャワーで見えなくなった
d0105967_11481270.jpeg
連写で撮っていたのだけれど

やっぱり! コノ世界感なんだな。と
1人納得していた

d0105967_11513477.jpeg

どうして??
色が変わってゆくのか?は
全く わからない。

d0105967_11544497.jpeg

あの方が現れた。
そう話していたので
そうだと思ってる
d0105967_11564465.jpeg

自然界を通して
見える 感じる世界は
宇宙からのサプライズでもあり
私達を優しく包んでくれた

d0105967_11580876.jpeg

こんにちは!
京都でもお逢い出来て光栄です。
誰に心の中で話しているのは
私にしか わからないだろう。


やっと
自転車が見えた!
d0105967_12004242.jpeg

コノ世界をわかる人と
わからない人といるのも承知のこと。

強く感じる時
肌で感じたことが
現実に写真に現れてくれて

私はとても 穏やかであり
安心している瞬間でもある。

d0105967_12020948.jpeg
木々の間から木漏れ日
水玉の光
太陽


全てが輝いていた
d0105967_12050696.jpeg

恋人と過ごす時間
白い恋人も確かに映してた。

あの優しく柔らかく パシッションさえも映していた

吉田山。
ココに来て
本当に良かった。

一緒に来たコトで体感したり
体験したり
感じてみたり

d0105967_12030697.jpeg

私は確実に
感じたまま
感じとっていた。

写真に撮れて ウキウキしてた。
白い恋人に見せたら
大きな眼が もっと大きくなってたーー。

私達 2人の関係性にも通づる
この日の夜
言葉で話したら
納得した。

スマイルがとまらない。

また来たいな。
また行きたいな。

ココに!

また
感じるがまま
そのままでいたいな。


テント持って 住んでしまいたいな。ココに!
d0105967_12075490.jpeg
吉田山を下る。

ーーーーーー

変な人。って言われるのは
実は慣れているから
こうして 感じたまま 思ったままを書いてる私

あなたにも見えるかな??
この世界感

何を思い
何を感じるかな?


太陽と月と土
そして
木々
自然界と私はきっても切れない世界だな。

〔メモ〕
白い恋人のブログを貼り付けたいのに
貼り付けられない・・・どうしてなんだろう?
メカに弱いから なのか?ー?!
どーしてーー!貼り付けたいのにさ。

偶然だね。というのか
必然。

偶然と見せかけて
必然。

全ては繋がっているんだね。

感謝が足りないな私。

私もあなたと繋がっているよね。きっと。


体力つけて
登ってみたいな 少しでも
達成感やソコから見える空や木々
太陽や山肌を目でみて 感じたいな。
もっと欲をかいたら
夜空の星をみたいな。

憧れるな。
山はロマンがたくさんだから
見ているだけで 失神してるわ。私


あなたは何を感じる??

スタートも始まりも
いつも。
毎日だね。そう思う。

太陽からのシャワーを見ていて
宇宙とも繋がっているんだね。嬉しい。

by iomlove | 2016-10-11 12:17 | 京都 | Trackback | Comments(2)

茂庵 〔モアン〕吉田山 京都 左京区 編

バスに乗って
d0105967_21495360.jpeg
私達は本当に吉田山にハイキング気分で
山の頂上にある カフェレストランへいけるのだろか?


d0105967_21505104.jpeg
関東で例えたら 高尾山を登るのか???
どんな山なのか??
バスを降りてみて 吉田山を見てみると

もしかしたら 頑張れば 行けるのでは!!と


近所の方々に聞いてみると
〔シンドイ〕とのこと
頑張って頂上に行くといいわ。と勧められた。

シンドイ。
この表現に私は心拍数があがった。
辛いを超えるとシンドイという表現をする私なので

ドキドキしながらも
お互いに頑張りながら ハイキングしながら行こう!
d0105967_21515609.jpeg

急な階段が現れてー
お互い必死。
体が痛い 痛ーい!と言いながらも
息がゼーゼーいいながらも
必死に登ってる

d0105967_21525841.jpeg
いい感じの素敵な民家に魅了しながら
建物の雰囲気や
そこから見える風景にも感激しながら

d0105967_21533112.jpeg
大文字が見えた!

必死になっているので 写真を撮る余裕は消えた。

山を登る方にとっては簡単なのだろうが
私達は必死。

d0105967_21544099.jpeg
いくつかの階段を登り

d0105967_21553821.jpeg

アーチをくぐり
d0105967_21565361.jpeg

落ち着いた道を歩きながら
どこまで続くのか不安になりつつも

d0105967_21581164.jpeg
あれ???
あそこじゃない??と白い恋人はいう。

えっ??

頂上に着いたの??
d0105967_21591679.jpeg

私達の想像よりも
簡単に頂上にたどり着いたのだ!

感激!

足取りは早く
建物に

d0105967_22000305.jpeg

本当にココなのかな?と思ったくらいに
想像よりも簡単に登れた。

しんどくなかった。

茂庵と書いて モアン。

d0105967_22012554.jpeg

ココの場所から目に飛び込む世界を感じてみたかった

山の頂上から見える風景
木々に囲まれている落ち着き。


オーダーをして
待っている中
武相荘の柿の葉を

あれ??
昨日まで紅葉していた綺麗だった葉が
カラカラに乾いていて
色もとんでしまっていた・・

d0105967_22023350.jpeg

恋人は大切な品をいれておく場所に
柿の葉を入れてくれていた。


グラスのお水との光が綺麗で見惚れていた
d0105967_22032084.jpeg
グラスを移動してみると
木々や葉の緑の世界が
グラスの中に入ってるーー
d0105967_22043080.jpeg
綺麗だなぁー。 吸い込まれてしまうなぁ。

山の中は憧れでもあり
木々と葉に囲まれて
自然界のセラピーみたいな感じさえした。


白い恋人と緑の世界
私の目には
緑の世界に包まれていた!

d0105967_22084270.jpeg
緑 ミドリ みどりーだよ!!全部ミドリだよ!!

恋人は私をみて
赤い世界よ。 という
〔???〕
写真に撮ってもらうと
d0105967_22090968.jpeg
あら! 私は赤いわ!!

ハイキングとは遠い 服装だったーー。

恋人と私の距離は手を伸ばすと届く距離
その距離に
私は 感じた。肌で感じた。
d0105967_22093203.jpeg
恋人が作ってくれた写真。

緑と赤
赤と緑

その距離の間に
私は感じた。

居てくれているのね。そう感じ
目には見えないけれど 感じた。


お料理の登場
とっても美味しかった!
d0105967_22064113.jpeg
私はピタパンサンド4種類から2種類選べた

緑の世界に包まれて 食す至福。
赤い世界が見えていたらしい恋人。
d0105967_22073367.jpeg



恋人と逢っている時
感じる世界は前にも同じ。

今回はハッキリと感じていた
d0105967_22101069.jpeg

熱く私はその感じていることと
距離の間に誰がいるのかを知らせていたーー。

d0105967_22104947.jpeg
写真の世界で この事よ!って
知らせる事が出来たらいいなぁ。と思った


d0105967_22114438.jpeg
丁度 ナイスタイミングの時間帯に来たみたいで
気がついたら 満席で並んでいる方々もいた。


私達は山の頂上にいるわ! 感激よねぇー!!

d0105967_22123094.jpeg

街並みが見える席
木々と葉が見える席

私達は木々と緑の眩しい席に座ったが
恋人から見える色の世界は
赤だった。

d0105967_22131678.jpeg

私が伝えたいコトが
写真に撮れたらいいのになぁーーー。

そう思いながら 太陽に
こんにちは!私達はココよ!と心の中で挨拶して
d0105967_22141406.jpeg

目の前に置いてあった自転車を私は見つめていた。

続く。で写真を載せます!

〔メモ〕
京都に来たら
この場所はとてもお勧めだわ!
本当にハイキング気分になれたし
とても美味しかった食に満足し
ココから見える風景も抜群だった!

山を登る
達成感が少しだけ
わかったような気になった。



そして
私が伝えたかった写真が
なんと!
パシャパシャと撮れたのた!!

感動の嵐。


続きます。 天からのメッセージ!らしいみたいな。

by iomlove | 2016-10-10 22:14 | 京都 | Trackback | Comments(0)

京都の朝 〔私達のパッションは熱い! 編〕

朝の太陽が〔ようこそ。〕と

白い恋人も私を包み込むように優しく
〔ようこそ〕と微笑みながら導いてくれた

ソコは セレクトショップみたいな楽しい世界だった。

とても美味しい飲み物と
とても居心地が良い空間で
私は〔時〕がとまっていた。
d0105967_20242905.jpeg
沖縄のグラスとアイス珈琲が
私達の熱いパッションを 調和してくれていたみたい

そして

私達が揃うと
京都の気温さえも 燃え出す!みたいな感じ

朝から燃えてました。私達 ワタシ。
d0105967_20303917.jpeg

グッドタイミングにも
温度計があるではないですか!!

d0105967_20261739.jpeg
冷静になって 気温を記録する

体内気温は 南国よりも熱く
アフリカみたいな感じかな。

d0105967_20171494.jpeg
太陽みたいなオレンジ色の黒板には
私へのメッセージ!!
涙でちゃうじゃないのよ。lovelyなおもてなしに
私の心が 優しく微笑んでいた。

私がミニーだというコトがバレてしまった!が
太陽みたいなオレンジ色の黒板は
ミンナにも見て欲しくて仕方がない。


太陽は輝きながらも さりげなく
私に ココだよ。と微笑んでいた。


実物がみたかった スターウォーズの時計
白い恋人の手作り時計!
d0105967_20185929.jpeg
隣には目がパチクリとした2人。
横にすると 目を瞑る。

ドンドコ 時計の針が進んでいたらしいー。

私はとまっている 時計を何度もみていて
まだ 沢山の時間はあーる。と思っては

実際の時計の時間を何度か知らされていたが

心地良い空間で熱くなり 落ち着いていたりもしたり
目に映る全てが
私のツボで 恋人のセレクトショップ滞在は最高な
朝となっていた。

d0105967_20211400.jpeg
貝殻の照明に 遠い場所を思い浮かべては
黄昏た。

黄昏ていると
白い恋人は
もっと私を 連れ出してくれた。

ザラメの世界
貝殻の世界
珊瑚礁の世界
刀の世界
珈琲の世界
お醤油の世界
手作りの世界

まだまだある世界


d0105967_20233018.jpeg
この場所は
何処か 日本的ではなーい作りで
ココに住みたいなぁー。と思った作りだった。
窓の大きさや幅も私の好みの世界だった。

d0105967_20372914.jpeg
白い恋人は 私のラブレターを読んでいる。
手前の白い包みには
私が大好きな方の品。

白い恋人とその品はピッタリだろうー!と
想像出来た。
予想を遙かに超えて
白い恋人は その方の品を
見事にも頭に巻いて もうー最高に似合っていた!
〔その写真は 続くで載せるとして〕


d0105967_20222145.jpeg

丁寧で凛としていて乙女な恋人
燃える様なパッションを持っている。

それは〔愛〕だ!

肌で感じる空気や全てが
愛に包まれる私。

d0105967_20202121.jpeg

白い恋人と私との間には
確かに色が見える

白い恋人と私との間には
確かに 見える 感じるコトがある。

ソウルメイト。そう恋人は書いていた。
その通りだと私は初めて逢った時から
そう思っていた。
d0105967_20351452.jpeg
時間がパーっと過ぎていたらしい

ハイキング気分で山を登ろうか?!と私は提案していた
のに
ズーッと動かずに
その場所に居たくて居たりした。

根っこが生えた私。

d0105967_20252691.jpeg
メイクボックスをさりげなく持つ恋人
ビンテージの品
とても似合っていて
そのままでずっといて欲しいな。と強く私は思った。

この場所で突然 恋人が
私が元々 気になっていたコトや
1人でこだわっていたコトなどを
恋人は知っていたのだろうか?!言葉にしていないけど

刃物が好きな私にプレゼントしてくれた!
刀と繋がる品。
なんで??知ってるのーー?
不思議だった。 ビンゴだし。
その話も また書くとして

笑いの天使は
1秒1秒 イチイチ私を笑わせる。

2人共
イチイチ 反応しては
燃えて
2人共に
山に登るのはキツイね!と話し合いしながらも

山へハイキングしに行くコトに決定した。

提案者は私なのに
いざとなったら
ビクピクして 〔山だよ!山!〕とビビりながらも
興奮していた2人。

熱い気温にさえしてしまった私達は
朝から燃えて 熱いのダ!

これより 山へ向かう。

d0105967_20402053.jpeg


2人のパッションが
京都の気温をあげたー!

2人の間には
確かに
感じるコトがある。


そのままを大切にして

腰をあげるコトにした。

続く。

by iomlove | 2016-10-09 20:49 | 京都 | Trackback | Comments(0)