カテゴリ:京都( 3 )

六曜社 京都

d0105967_18180639.jpeg

初日に伺って
バスに乗るか?歩くか?と
私に優しくアドバイスをしてくれた店員さん達
なんでも頭の中にインプットされているらしく
私の多くの質問に答えてくれて
大いに助かった私。

みんなを大袈裟にも巻き込んでしまったー
d0105967_18210169.jpeg

ポールスミスの 〔HELLO〕
丁度 展覧会が開催中でした。

京都市役所前まで行ったけど
そこから迷子。
歩いても背中のリュックが とても重くて
自由に動けなくなった。

なので
六曜社さんで ノンビリタイム。
d0105967_18275841.jpeg
白い恋人からのlove letter
何度 読んでも観ていても
愛が沢山詰まっていて ウットリ❤️

お水が良いのだろうか?
喉ごしスッキリするアイス珈琲
d0105967_18290001.jpeg

灰皿の緑加減がとても素敵で
どうしたら奪う事が出来るのか?!と質問しちゃった

優しく店内のタイルと灰皿の窯元の話をしてくれた。
満足‼️
d0105967_18345927.jpeg
教えてもらったのは
ココから どうやって祇園に行くか。
鴨川沿いを歩いていくとすぐですよ。と
ワクワクしながら そうしょうーと思った
d0105967_18381464.jpeg
素敵なタイル。 吸い込まれてしまう私


この日はブルーのお皿〔ソーサー〕でした。
d0105967_18393737.jpeg

沢山のことを教えてもらい
重たいリュックの存在も忘れ
私の手にしたlove letterが
1人じゃぁないんだ!と盛り上がる

d0105967_18405934.jpeg

いいでしょー白い恋人からのlove letterよ❤️と
チラチラ 自慢気に遠目に見せてみた!

ニヤニヤ状態な私
d0105967_18420181.jpeg

そして また来ますね!っと言って
また
次の日も六曜社さんへ行った。

どうでしたか?と
私の顔を覚えてくれていて 嬉しかった。
そして
次の日のソーサーが
情熱的な赤だった。 嬉しい配慮だなぁ。
d0105967_18435285.jpeg
リュックの中には
沢山の京野菜。
ふと、思えば
買ったお店屋さんで宅配して貰えば良かったのに私ー

HELLO‼️
d0105967_18430914.jpeg

また 必ず私は逢いに行くわ。
ココの方にも
白い恋人にも。

〔メモ〕ポールスミス展覧会は
行かず
気になった道を歩く事にしました。

京都での展覧会には行けなかったけど
東京開催中には行きたいなぁ。

あっ!思い出した。
Londonのコベントガーデンに
ポールスミスが住んで居たな
懐かしいなぁーーー。


もう既に
次回の京都ゆきを決めて予約した。

万歳‼️京都‼️

貴女へ届け 私の気持ちはー

by iomlove | 2016-06-21 10:08 | 京都 | Trackback | Comments(2)

神泉苑 〔二条城前〕

チロルさんから出て

すぐに 神泉苑があります。

d0105967_19303309.jpeg

自撮り棒で 何にものの女性達が写真を撮ってました
かなりの人数の女子!
彼女達の言葉は英語ではなかったけれど
私は 〔写真を撮ってあげるよ!〕と声をかけた。

その時の写真はーーー
間違っても誰にも観せれる写真ではなーい‼️
なので
パス‼️です。

彼女達はラテン系のノリで
ブラジルから来たのかなぁ?と

モリンダさんと私は
彼女達のノリには 全然負けてないくらいだった。

私達は多分 最高な日本人として記憶に
残り続けるでしょうー爆

d0105967_09235989.jpeg
池に赤い橋が渡っています。

心の中の願いごとを1つだけ唱えて渡ると
願いが叶う。

互いに真剣になった。


橋から見える
龍の船。
龍神のパワーがあるらしい。

d0105967_09261454.jpeg
794年 平安時代
元々は天皇家ゆかりの庭園だそう。
二条城の建設の際に規模が3分の1となった。
とても大きくて広い庭園だったことがうかがえる



源義経が恋に落ちた場所。
d0105967_09250812.jpeg


彼女は何を願ったのだろうか?

縁結びの神がいる ここ。

d0105967_09255299.jpeg

ラテンの風が吹いても
ラテンの笑顔が微笑んでも

私達のパワーはまけなかった。
〔スーパーパワー〕を持っているからね。


d0105967_09263669.jpeg

ここ神泉苑に来たのは2回目

また ココに来る機会がある。

それもまた 楽しみだったりする。
d0105967_09272965.jpeg

アヒルは日本語がわかるのか?
〔こっちにおいでーー〕と言うと来た。
d0105967_09283626.jpeg

実は京都に行く前に
私は何故か?日時を完全に間違えしまっていた。
相手あってのことなので


神様 仏様 マリア様ーーお願い‼️とお願いしていた

彼女からの連絡で
私達に再会の時間を与えてくださった。のだ


ココ 神泉苑は龍神のパワーがあり
有名なパワースポットと呼ばれていると
帰って来て知ることになったが

ご縁というのを感じてならない。
d0105967_09281490.jpeg

神泉苑を後にして

これからの旅へ進む。

d0105967_09290143.jpeg
昔懐かしいお菓子屋さん。
とても美味しそうに冷えていた 飲み物
d0105967_09303405.jpeg


いきなり
早朝にラテンな彼女達と会って
大盛り上がりで写真を撮った。
私は本物の馬鹿だ‼️と写真をみて
気が付いた。
誰にも観せれない私の姿や顔 そして手。
寝起きでも すぐにノッテしまう馬鹿は私だ‼️



京都と私

京都と彼女

京都は私のマイブームとなっている。
d0105967_09310607.jpeg

日本に京都があって
本当に良かった。


まだまだ 続きまーす。


よろしくネ〜‼️





by iomlove | 2016-04-12 19:29 | 京都 | Trackback | Comments(6)

旅の始まりは再会 〔チロル 〕

ある時から具合が凄く悪くなってしまい
また
始まった‼️ この感覚と現実がーーぁ。と苦しんでいた

なので

彼女と会うことを望み 願って 現実になった。


d0105967_08552628.jpeg


寝坊をまたして
フラフラと電車を待つ。
胸が高鳴る
d0105967_09010655.jpeg

歩きやすいようにと
リュクサックを手に入れた。
4800円だったのを2000円にしてもらって
モン族の端切れとベルトを付けて
私らしいので雰囲気になった リュック。

電車に揺られて  
私の心も同時にリズムを奏でるみたいになった。

d0105967_09131734.jpeg

そこは 京都。

d0105967_09051417.jpeg

彼女は私にとても親切に
わかりやすく
地下鉄の乗り方や乗り換えを教えてくれていた。


d0105967_09135772.jpeg


スムーズに 待ち合わせの場所へと到着出来た。

二条城前駅で下車。

なんとなく見える 二条城

d0105967_09142895.jpeg

朝 6時からopenしている
喫茶店〔チロル〕で待ち合わせ‼️
d0105967_09150473.jpeg

ワクワクと弾む気持ち

〔ブルーの洋服着てる?〕彼女から私に連絡があった

どうやら 私の姿が見えたらしい

追いかけて 彼女は歩いていたようだか

私は サッサとチロルさんへ入った
d0105967_09153351.jpeg

私が先に到着してて ドアーから彼女が入ってくるのを
座ってみたかったから。

ソファーに腰をおろすとスグに
彼女が登場した。

またもや私
挨拶も愚か

何飲む? 何を食べる?と・・・

d0105967_09163284.jpeg


彼女は私に言った。
〔今回で二回目だよーー会ったの〕と

私は どうも彼女の事は
随分前から知っていて
ホントは2回しか会ってないのに
いつも会っている 随分前からの友達と思ってる
それは きっと
彼女の感性や発想力やセンスや大きな豊かな心を
知っているから
そう 思わざるおえないのだろう。そう思ってる。

d0105967_09170407.jpeg

とても興奮している私
とても落ち着いている風の私

彼女と会うことで
何もかもが 素敵で
何もかもが 楽しい 全てが。

d0105967_09172954.jpeg

私の直感的なものは
私は自分自身で信じてやまない。

感じたまま。

見える世界。

そう生きてきたから そのままでイイと思う。
d0105967_09184780.jpeg

彼女からプレゼントされた
数々の品々が
私のツボに入って

彼女曰く
〔筋肉マン〕と言っていた お皿
d0105967_09180832.jpeg
左側のお皿が
私には どうみても チャッピーにしか見えないーー

あれこれ お皿の絵について話をし
やっぱり チャッピーたーぁー‼️

すると
彼女は
チャッピーって人間みたい‼️
人が中に入っているでしょーー。と

パクは人間みたいになる犬。
そう私は聞いていたので
おかしくて 面白くて 大笑いしてしまった。


どう? 似てるでしょ。
d0105967_10364612.jpeg


サイケデリックな パク‼️に見えて 楽しい。
d0105967_10372898.jpeg


彼女にプレゼントしたかったのを渡せて
私は1人 大満足した。

まるで私の性格の全てを

d0105967_09191488.jpeg


彼女が作り出す作品の全てが
私は大好きで
そして
彼女の想いも含めて大好き

彼女は
東北の大震災 復興の為にも手作りをしている。

針山。
d0105967_09195418.jpeg
ヴンテージ ファブリックをルーマニアから手に入れて
色んな作品を作ったりしている。

使えば使う程 針と針山が馴染む 針山

d0105967_10444027.jpeg

やっと! 手に入れられたわ。
郵便屋さんからではなく
本人の彼女から私へと。


なんだかんだと
また
時計の針が進む。

いつも あっという間に過ぎてしまう時間。

d0105967_09205418.jpeg
大切に逢いたくて 大切に時間を進ませる方法を
彼女が教えてくれたのて

チロルさんを後にする。


以前
ボヤントさんから NICEなアイディアをもらったので

早速 スタンプをペタペタしてみた。

d0105967_09211681.jpeg


チロルさん ありがとう‼️
d0105967_09224009.jpeg


味わいまーす!
d0105967_10523965.jpeg

お店を出た
私達は
ラテンの国からやって来た人達と遭遇して
フィーバーする事となる。

続くーーー

by iomlove | 2016-04-11 10:03 | 京都 | Trackback | Comments(4)