カテゴリ:京都( 1 )

六曜社 喫茶店 〔京都〕

彼女と逢うのは 今回で2回目。

初めて逢った時に待ち合わせした場所も
ここの喫茶店も シルバーウィークの為
急遽 定休日が変わったので


六曜社さんも お休みでした。

彼女と どうしても ココの場所には来たかったのです。
d0105967_13163529.jpeg

互いに アイス珈琲を頼んでみた。

驚いたことは のどごしがとても良くて
とても飲みやすい珈琲だった。
d0105967_13184339.jpeg
次に行く場所の通過道でもあったので
ココに到着出来た。

店内は満員で 合席をお願いされた中
タイミング良く
カップルさんがやって来た。
喜んて 席をどうぞーーってなったけど

私の存在が怖かったのか???
お店から出てしまった。 トホホ

灰皿がとても渋い緑で 六曜社と版が押されていた。

店内のタイルが とても素敵で
彼女と共感し私は とても嬉しかった

2回しか逢った事がなくても
私には  
彼女のパワーやエネルギーをバッチリ感じていたので
2回しか逢った事がない。とは思ってもみなかった。

私の目の前に彼女が居て
お喋りし 美味しい珈琲をスルスルと飲んで

次に向かう お店のギリギリセーフのラストオーダーに
間に合う様に パッパッと飲んで

ココの喫茶店を後にした。
d0105967_13174697.jpeg
1階と地下で別れている 喫茶店。
今度 彼女に逢う時は 地下に行ってみよう。と思った。

d0105967_13192536.jpeg
⬆︎ 地下へと繋がる 階段。
タイルが とっても素敵で
奥深い緑の世界を楽しんだ。

方向音痴な私を 彼女が導いてくれているから
とても
スムーズに軽やかに歩く事が出来た。

歩きながら
彼女は色んな事を教えてくれた。

ふと彼女の話方に注目したら
なんて言っているのか?解らなかった わたし 〔汗〕
とても色っぽい日本語を話していた。
それだけは バッチリ解ってた。
d0105967_13195720.jpeg
それってどういう意味??って聞いて
教えてもらったりしていると

ジャーン‼️

私が大好きな路地を彼女は選択して通ってくれた。
彼女は その事を知らない

路地が大好き。
何があるんだろうーーと想像しただけでも
ワクワクする

d0105967_13214479.jpeg

私の顔に 〔路地が大好き〕と書いてあったのかな?

彼女は私に そこにもあるわ!と教えてくれた。
d0105967_13240785.jpeg

大抵 私が1人で歩くと 路地迷子になーる。
国内の場合は大丈夫だけれど
Londonでこの癖が発揮すると
夜は怖いーーという かなり怖い地域もあったが

ここ京都では
彼女の導きにより
私はとても楽しく歩き カメラでパチパチと出来た
d0105967_13300668.jpeg
通りの名前を教えてくれたのに
私は 路地の存在に興奮して
なーにも覚える事が出来なかった。

d0105967_13251871.jpeg

歩いていると 公園が左側に見えた
イサムノグチの作品 〔こどもの国〕が浮かんだ。
子供達がこの公園で遊んでいる姿を左に見ながら進む

d0105967_13265061.jpeg

ワクワクしながら歩く私

彼女と歩くのが とても楽しくて
面白くて
重いはずのリュクさえも軽く感じた


ホホホホホッーーー‼️

また
路地だわーー‼️
陽の光が とても素敵だった。
時間がせまる事も忘れて

路地だぁー路地‼️ 嬉しくて仕方がなかった。
d0105967_13291451.jpeg

ここの通りは知ってるのだ。

歩いたのは初めて

先斗町。 あら?違うかな? あっ!木なんとかかもーー

d0105967_13320871.jpeg

歩いてみたかったんだ。ココの通りを

なんて 素敵な路地なんだろうーー

彼女と次回逢う時は
ココのお店に入ってみようーーとなった。
嬉しいなぁ。楽しいなぁ。ワクワクするわ‼️

あそこもいいね。ここもいいね。と
お互いに イイねが一緒。楽しいーー

なんだかわからないけど
この道具が気になった。
まさか!出前用に使うのかな?
素敵‼️
d0105967_13224314.jpeg
私が京都に住んでいたら イイのにーーぃーーなぁーー

本当にそう思う。

真剣に考えてみた。
そうしたら 答えが1つ出た。
私が京都で暮らしたら
お金がいくらあっても足りなーい‼️
まるで 私がフランスに行ったら破産するわよ‼️と
お友達に言われたみたいな事に発展するだろう。
フランスに旅行に行った友達は真剣な顔をして
覚悟の上で行くべし。と言っていたからなぁ。
恐るべし京都。

楽しみは また 次回にもとっておくこともイイだろう
通う事も出来るんだもの 国内だから。


わぉーー‼️

私が大好きな橋を渡る。
ココから見る 鴨川がとても好き。
色んな想像力が出来て とても落ち着く私
d0105967_13333567.jpeg
体重が落ちて 痩せたみたいに
脚取りが軽やかだった。
本当は肥ってしまって 大きな大木なんだけどね。へへっ


祇園に向かって歩いている。

着物を着た人達が とても多かった。
外国からの観光の人達だった。

素晴らしい日本を感じて 楽しんで‼️と
大声を出したかったくらいの気持ちだった。

今 こうして書いているけど
魂は京都に行っている私。 楽しんでいるのだった

続く 京都の旅てす。


by iomlove | 2016-04-23 16:23 | 京都 | Trackback | Comments(4)