カテゴリ:長野県( 8 )

民芸茶房 まるも。 〔喫茶店〕松本 編

どうしても
ココの喫茶店で見て 味わって 感じてみたかった。
d0105967_08463166.jpeg


入る前から 雰囲気の良さげな趣。


湯町窯の砂糖入れ
私の心がとても落ち着く。
d0105967_08473047.jpeg

店員さん達のファションと
店内の雰囲気がマッチしていて
とても素敵な空間
d0105967_08510950.jpeg

シルクのベールを被ったおかげで
暑かった!ので
アイス珈琲を。


その前に
一服。
出雲のかな? 灰皿
d0105967_08491911.jpeg

見に飛び込む品々は
とても好みで 落ち着く

静かに興奮をした。

座布団みても とても素敵なんだな。
d0105967_08480076.jpeg


新聞の隣に
さりげなくルーペがあった
暖まる心遣いに ホッコリ
d0105967_08494537.jpeg

床をみてみると
子供の頃 私の部屋と同じフローリングだった
パズルに見えるフローリングの上で
想像しながら絵を描くのが好きだったな。

d0105967_08485612.jpeg
やっぱり木のお家は
とても落ち着く

まるで木が呼吸しているみたいだし

丸いテーブルの雰囲気も抜群に素敵だった。
旅の計画を
このテーブルで色々と案を出してる姿が想像できて
1人の世界に浸り
妄想中。
d0105967_08482836.jpeg

クラッシックの音楽 ピアノが私の好きな曲だった
指揮者になった気持ちで
小さく手を振る・・・
変な人?!


出入り口の棚には
魅力的なピッチャーが手招きしだした。汗
d0105967_08501806.jpeg
以前 仕事をしていた時
何故?働きたいのですか?と聞かれて
〔全ての作品に囲まれて笑顔で過ごしたいから。
好き!という事に理由なんぞない。好きだから働く〕
そう言って
職場の品々について イチイチ質問ばかりしていたな。
働きながら その空間に居て 幸せだから
笑顔になる。
なんとも素晴らしい気持ちで仕事が出来る環境は
私にはとてつもなく大切なことだった

d0105967_08504292.jpeg

色んなことが
パーッと思い出しては
落ち着く空間で
タバコを吸う その気持ち。 最高です!


1番奥の場所
素晴らしく落ち着く。

日本の美とは言わないけれど
民芸の世界観に浸れつつ
お茶をして タバコを呑む
最高。
d0105967_08513788.jpeg


しばし 見惚れる
d0105967_08521784.jpeg

建物がいつからなのか?
誰のセンスなのか?
色々と駆け巡る
d0105967_08524053.jpeg

静かに 興奮しながらも
落ち着いている。

空気や雰囲気もマッチした 住みたいな。

d0105967_08530655.jpeg
窓辺にシットリと鳥がおとなしくしていた。
湯町窯との相性も素敵だな。
もちろん 織物も。

そのすぐ上の柱には

d0105967_08533794.jpeg
私へあげる。と言い出しそうで
ドキドキしてしまった。

品物が私に語る
そういう時があーる。

d0105967_08542807.jpeg

旅館もされている。
泊まってみたいな。
d0105967_08455718.jpeg
どのようなお部屋なんだろう?か?


d0105967_08540752.jpeg

また ココに来たいな。
出来れば
朝 目が覚めて 意識をココでハッキリしてみたいな。

d0105967_08545768.jpeg

まるもさんを選んでいて
本当に良かった。
d0105967_08510950.jpeg
忘れかけていた記憶を取り戻しては
目を細めて
笑顔になる私

〔松本のお話が続く。〕

by iomlove | 2016-08-13 09:05 | 長野県 | Trackback | Comments(2)

城下町を歩く。 気になるお店屋さん 編

松本美術館を出て
気分上々な私。

城下町通りを歩いてみたらイイヨ!と
親切な男性の通り向かってみた。

d0105967_15061988.jpeg

気になっていた お店屋さんへGOー

d0105967_15071014.jpeg

片口の形がとても好きな私は
片口を見るたび 欲しくなり
片口だらけとか ピッチャーとかばかりになるので

今回は 少し勉強した様な私。〔我慢〕という言葉の学習

器屋さんにて

d0105967_15074479.jpeg
鈴を手に入れた。

なんとも
店主さんのこだわる自然な雰囲気の接客に
感動しました。

優しさ。が伝わる 素敵な接客。
人柄なのだろう
吸い込まれながらも 学ぶ。
真似は出来ないけれど 学んだわ。
d0105967_15080852.jpeg
ココの お店屋さん。


お手紙が添えてあって ジーンとしてしまった。
d0105967_15134194.jpeg

魔除けの鈴を手に入れて
チャラチャラ鳴らしてみる
いい音色。
d0105967_15140192.jpeg

包装の仕方や
ノリを使ってロゴを貼る。
味わいあって 素敵ーー。と
d0105967_15143097.jpeg

続いて
工芸屋さんへ

d0105967_15111853.jpeg

店内で ジーッとゆっくり品定めしていた私

お財布を持っていなかったー!ガーン‼️

素敵なランチョンマットを発見し
また来ます!と言って お店を出るしかなかったサ。汗


松本民芸館にも これから行くので
嬉しいことに!

窓ガラスに
〔バーナード リーチ!〕

BIGサプライズだわ‼️
d0105967_15092479.jpeg

心踊る。 一回転。


d0105967_15084867.jpeg
心弾む中
1度 自分で体験してみたかった
喫茶店があるので
そこの喫茶店へ向かう。
どんな気持ちなるのか自分??!!
知りたかったのダ。

ポンポン祭は次の日で
私には どうしても譲れない6日の予定が入っていたので
この日に帰らないとならないーー
次の日の為に。

なんだろー
ポンポン祭って‼️

気になる
ポンポン祭‼️


やっぱり
地図を見ても わからない私
感に任せて歩くと
あっち こっちが気になりだして
目的地まで 遠くなーる。


歩く人の後について歩く事にした。


路地に入る
d0105967_15120020.jpeg
あら! またイングランドへ来たのかしら??私


あら?
またすぐに日本に戻ってしまった!り
d0105967_15124189.jpeg

そうこうしていると
お目当の喫茶店と宿が見えてきた。

クククッ。
最高な気持ちになった 喫茶店!

〔続く。〕


〔メモ〕
アルプスの山の中で 見つけてしまった!
雷鳥の里。 とても可愛いと以前から思っていた
どこで手に入れられるか?は知らなかったので

ホホホッ。 アルプスの山の中で手に入れるぞ!
ニヤニヤしていたら
別にココで買わなくてもいいのでは?と声がして

何よーー!アルプスの山の中で手に入れた方がいいのよ
店内でモメテしまった・・・
店員さん達は ハラハラした顔にかわってた・・・

このお菓子には
雷鳥の栞みたいのが付いてるの???

わかならいんですよ。

買うわーー。
アルプスの山の中で手に入れることに意味があーるのダ
d0105967_15145562.jpeg
雷鳥の里。を手に入れるのに
テンワヤンワ!

フフフッ。
一味変わるのよね。気分もね。味も。

パカッ!

入ってました!
雷鳥のカード‼️ ヒヒヒヒヒヒッーー‼️
d0105967_15151822.jpeg

1人で盛り上がって
1人でお菓子をパクパク食べて一気喰い。

雷鳥のカードを赤いノートに栞にしてみた。


〔part2 メモ〕
以前
東京開催で 草間彌生ちゃんの展覧会へ行った時
私は1つの夢を持っていた。
ミシンを使わずに コチョコチョ チクチク縫った
水玉のクマ。
王冠と靴を持っているクマを
彌生ちゃんに渡したくてーー‼️と夢をみた。
d0105967_15154420.jpeg
受け付けで そう言うと
草間彌生ちゃんの担当しているスタッフさんが
現れて
私達の服装が水玉なのに ニッコリ笑顔で少し驚いて
私に言った。
〔先生に直接渡します。可愛いわ!〕と

愛をタップリ込めて 心もタップリ込めて作ったから
夢でもいい。
嬉しかったので 記念写真を撮ってた。

嬉しい時 楽しい時
リズミカルにスイスイ歩けるわ。不思議に。

松本の街を スイスイ歩いた。

彌生祭な気分になってね。

安曇野と松本かぁー。とても素敵❤️

8月5日の出来事と草間彌生ちゃんに酔ってみた。

by iomlove | 2016-08-12 15:17 | 長野県 | Trackback | Comments(2)

松本 到着した編。

夕方に松本に着いた。

野麦峠へ行き
働くこと 生活すること 生きること
食のことなどなどを
深く考えていた。

松本の夕食は敢えて
生き物にしょうと考えていて
〔馬肉〕新三よしさんへ。
なんだか私がとても機嫌が子供みたいに悪くなって
静かに機嫌が悪くなーる。 イヤな人ダ私って!
長野県へ行く前から私が決めていたけどねぇー。
機嫌が悪くなっちゃった。

お店を出て
気分転換をする為 歩いてみると
d0105967_13111068.jpeg
残り時間 〔営業時間〕30分前

なので

別のお店を探し歩いて
イタリアンなお店に 〔カキ氷〕の旗がみえたので
即 入店。
d0105967_13120436.jpeg

おっ!
タバコが吸えなーいわぁーーーぁー。ありゃりゃ。

気分を変えて
カキ氷から 珈琲にチェンジした

イタリアンな珈琲を飲んでみたくなった。
d0105967_13142032.jpeg
エスプレッソなのかな?


カキ氷を頼んだ素直な人
反抗ばかりしている私
d0105967_13144915.jpeg

酔っている人は 黙々とカキ氷を食べている

d0105967_13124254.jpeg

私はイタリアンな気分に浸り
ホロ苦い珈琲を飲んで
タバコを吸わない人はイイねぇ。と
お店選びに困らないからさ。イイねぇ!と思った。

d0105967_13131375.jpeg
なんて書いてあるのか? 文字は読めない。

イタリアにもし行ったら
私は何語を話すのだろう?
バンビーナ!しかわからない・・・
イタリアに行く予定はないので
何も 問題はないけれど
親切にも書いてある文字が読めない世界って
ドキドキするなぁ。

d0105967_13135274.jpeg

お店で食べて飲んでいると
外は怪しい!
ギャッ!
大嵐。
大雨 風 道路は川になってるーー。
カミナリも地鳴りしてコダマしているし
とても困っていると
お店の方が傘を貸してくれた。

びしょ濡れになりながら松本駅周辺を騒ぎながら歩き
宿に着いた。

モクモクとタバコを吸う私。

眠って起きたら
朝から
松本美術館へ行くので
ロビーさんから教えてもらった
彌生ちゃんコーラを手に入れよう‼️と語る私。


眠る。

朝が来た‼️
日頃 寝坊を得意とする私は
旅の時だけ 早起き出来るのだ!

自撮りの練習なんぞ してみる
練習 練習ーー。

誰かさんにカメラでお願いしても
私の想像通りの写真を撮ってくれないのでーー
自撮りするのダ! ドキドキしながら練習中。

ホイ!
800年は生きているだろうーー
この髪の色合い・・・
d0105967_13224062.jpeg
近々 毛染めをせねばーー。
Gメンになってる気分・・・
アダブカダブラーーー。



それはさておき
テンションはMAXな私
松本美術館の場所もだいたいわかるのダ!
d0105967_13152371.jpeg
借りた傘を返しに イタリアンなお店へ

気になって仕方がなかった喫茶。
d0105967_13155052.jpeg
珈琲美学!
そそられる。とても。
d0105967_13162624.jpeg
素敵だなぁー。

通過ーー。涙

時間がないので

歩く

d0105967_13165222.jpeg

本屋さんを通過

d0105967_13172042.jpeg

絵の具が買いたかったけど
Open前
d0105967_13174762.jpeg

続いて
なんだろうーーー!
気になった!

覗く。
d0105967_13184958.jpeg
見えなーい。
アルプスと書いてあるーー。
なんだろう???

d0105967_13192285.jpeg

楽しそうダ!

草間彌生ちゃんが本命名なので
歩く
d0105967_13195017.jpeg

その前に
松本民芸館へ寄る
d0105967_13202733.jpeg

あれ?
NHKしかないよ!
おじいちゃんが庭仕事していたので聞いてみたら
すぐ そこだよ。と

歩いていても見えない・・・

また歩いている人に聞いてみたら
全然 場所が違ってたぁーー。へへへっ。

迷子になっちゃった。

自信満々に歩いていたけど
私に任せると こうなーる。

地図が読めない わからない私なのだ。汗
へへへっ。

ここは?何処ダ???

迷子ちゃん。

呆れた顔をした人は
私に
あそこだよ!という。
d0105967_13210114.jpeg

その
あそこが
あの
その
松本美術館だった!

ラテン系の人達も驚くだろうー
小躍り中の私。

とうとう
来たわよ。彌生ちゃん!

気分も気持ちも宇宙に届きそうーーよ私

松本美術館へGOーーー❤️

続いてしまいます。

by iomlove | 2016-08-10 13:22 | 長野県 | Trackback | Comments(0)

安曇野から松本へ 〔Love テムズ川みたい 編〕

車で走っていると

バーンと建物か横に見えた。

Uターンしてもらった。

一瞬 loveが見えた。
d0105967_08080749.jpeg

私に love!と叫んでいるわ!

d0105967_08111228.jpeg

ここは?どこ??

まるで Londonのテムズ川に居るみたい!
d0105967_08274009.jpeg

夢心地になった。

d0105967_08234681.jpeg

喉が渇いていたので ココで休憩することにした。

Londonを感じて テムズ川をみて。笑

d0105967_08345641.jpeg

飛行機に乗っていないけど
車で ちょっこり来れたわ。

d0105967_08321049.jpeg
煙突や建物の雰囲気に のめり込む。

アールグレイティーが飲みたいなぁ。
d0105967_08361753.jpeg

私は テムズ川を見ている〔風〕
日本の建物が見えるよー。と声がするけど

いいの。 いいの。 見えないから!

ココはテムズ川よ。そうよ。
気分も気持ちも そうだから。

d0105967_08045779.jpeg

店内へ

メニューの中に
アールグレイがあるのか?と
ドキドキした。

あったわ!
暑いからICEにした。
d0105967_08393475.jpeg
ビバンダムもニコニコ。
フランスぽいけど
私の中ではLondon!

d0105967_08405610.jpeg

目の前に現れたポスター
小沢征爾さんのお誕生会
ハートのcake❤️
私がお祝いしてもらってる気分にもなった
d0105967_08510187.jpeg


煙突があったので チラチラみてみると
d0105967_08420155.jpeg
寒い時期
マン島で暖炉に火をいれるのは私の特技だった。
懐かしさと 暖炉をみて 吸い込まれてしまった。

グリーンも陽にあたって綺麗な葉
d0105967_08431519.jpeg
目に映る全てが
私の癒しのティータイムとなった。

d0105967_08442587.jpeg

心地よい時間を 少し味わいながら
窓から見える川は
私には やっぱりテムズ川に映る
d0105967_08454841.jpeg

アールグレイ。
d0105967_08465130.jpeg
ベルガモットの香りにノックアウトされて
テムズ川に映る雰囲気に酔っていた私


ねぇー見てみて!
アールグレイと太陽と影の美の世界が現れたわ!
見て みて!
d0105967_08480647.jpeg

定員さんに そう声をかけ 綺麗だね!

太陽からの贈り物よ!
d0105967_08493599.jpeg
宝石に見える影。 ウットリ!

数時間の滞在だったけれど
とても充実した。
d0105967_08522402.jpeg
レモンティーを飲んでた人のグラスの中では
とても涼しげだったり


感激している時って
私は飲み物だけで充分なのだ。
cakeを食べていた人は
とても美味しい!と声を出していたけど

私は目に映る全てに
ココがいきなり
Londonでテムズ川だと思い込む。
d0105967_08045779.jpeg

同じ建物に雑貨屋さんがあった
パッパッパとみて

外に出た

隣の建物の覗くと
d0105967_08131437.jpeg
自転車屋さんだったのか?
素敵な自転車がバーンと目に入ってきた ら

自転車は見ないで!と大きな声を出されたので
シブシブ バックして歩いて車の方向へバックした。汗

走っている車
突然!止まれーーー!という私に
もっと早く言って!と声がするけど

実は見てえないから
間近にならないと気がつかないのダ!

d0105967_08533816.jpeg

通りすがりだったけど
長野県でLondon&テムズ川に浸れるだなんて!
素敵な時間を過ごせたので
また
テンションがMAXになり

寄り道ばかりしないでね。とも声がしたーー。

寄り道は時には大発見となるから
やめられなーいのであーる。

ノンストップで松本へ 走りまくるーーー。


松本の夜へ続く。

by iomlove | 2016-08-09 08:54 | 長野県 | Trackback | Comments(9)

安曇野 〔感じてみる 編〕

憧れた 安曇野に到着した。
8月4日〔木曜日〕

ロビーさーん! エミーさーん!

私は安曇野に来たわ! 聞こえますか?
私の声がぁー!

d0105967_08402757.jpeg

あの山は なんていう山なの?
〔アルプスだよ〕
イイねー!ぐるっと見てもアルプスだなんて
なんて素敵なんだろうー。

d0105967_08414438.jpeg
、盆地というのかな?
お米が 永遠と育っていた。

安曇野は野菜もお米も豊富なんだろう

空気がとても綺麗で アルプスも雲も空も水も
全てが美しかった。

d0105967_08414438.jpeg
日々の暮らしの中で
朝日や夕日 雲や空 太陽も空気も感じて
生活している
ロビーさん エミーさん
同じ日本でも 違うな。違うわ。


線路が現れた。
気がついた事に
囲いがなかった!

d0105967_08470062.jpeg
線路の上を歩きたいねーぇ。と言うと
そんなバカなっ。と声がした。

車を停めてくれたタイミングが良かった。
ヒヒヒヒヒヒッ。
大声出して 聞こえますかーー?私の声がー!
d0105967_08475519.jpeg
山から降りてきたばかりで
気温の差に戸惑っていたけれど
なんのその。

あっち側かな?
こっちかな?
あそこの方かな?

大きく手を振って
私はワクワクしていた。
d0105967_08484515.jpeg

アルプスに私の声が届く様に
コダマしろーー。

静かにしてください。と言わんばかりな顔が見えた。汗

d0105967_08494390.jpeg

私が どうして安曇野に興奮するのか?と
気になるらしい
何度も説明していのにサ。
ロビーさんとエミーさんの写真をブログで見ていて
どんな空気を吸っていて
どんな世界を見ているのか?を肌で感じたい訳よ。

d0105967_08503220.jpeg
クルクルと回って走り
私は とても満足した。

OK! OK! 感じたわ!安曇野を。

えっ?もういいの?

ワサビ園とやらへ行きたい!というので行ってみた
d0105967_08515915.jpeg
気温がグーーンと上がっていて
暑かった。

真剣な眼差しでワサビ畑をみてる人。

私は
木に夢中。
なんていう名前なの?と聞いても
何にも話してくれない。
静かな木。

d0105967_08530532.jpeg
気になっていた事は
松なのか?杉なのか?わからないけど
赤いのダ。 じぁー赤松なの?

ジーン。
d0105967_08541142.jpeg
無言な木。
喋るまでジーッと動かない私

太陽はサンサンと
安曇野を照らす。
d0105967_08551741.jpeg

動かない私に
あっちに行ってみようー!という

置き去りにされても困るので
歩いてみる
d0105967_08574771.jpeg
なんやら
川のシステムみたいな話をしている・・・
わからないーーー。

わかるのは
ボートに乗っていた人達が
大声出してはしゃいでいる。
d0105967_09025150.jpeg
楽しそうーー!
〔本日の営業は終了〕とのこと。

楽しそうな声がコダマしていた。イイねェー。

d0105967_08592339.jpeg

不思議と言えば
不思議かな?

私が嬉しい気持ちになったりすると
私の近くに蝶が寄ってくるの

足元で歓迎してくれていた!
d0105967_09041135.jpeg
子供の頃
黒いアゲハがお庭にやって来て
いつか!私も蝶になって飛んでみたいなぁ。って
強く想っていたから 自然界からのサプライズかな?


d0105967_09060319.jpeg

ワサビという事で
ワサビを購入する
d0105967_09072792.jpeg
野菜や果物を買う時
私は触らないのダ。
選んでもらう派なのだ。

畑では触るけどね。
d0105967_09084599.jpeg
扱っている方に選んで貰うと 1番知ってるはず。
そう思うの。

ワサビを手にして感激している人は
ワサビのソフトクリームを・・・
d0105967_09102423.jpeg
鼻にツーンとくる? こない? どうなのーー?
まろやからしい。


私はオヤキを手にして
お土産屋さんにて歩き食いをしてしまった。
お店の方にワサビ漬けの説明をしてもらってる中
パクパクと食べて・・・

後で
オヤキは?と聞かれて
もう 食べちゃった!ふふふ。

悪い癖。私の。
歩きながら食べてしまうのだ。悪い癖がなおらない。


ワサビ園を出ると
山々の名前が紹介されていた。
d0105967_09093840.jpeg

アルプスよ! なんて素敵なんだろう。

d0105967_09110367.jpeg
もう
私はハイジになってる。
ペーダーーーーー‼️

どこかで貰ったパンフレットをみて
安曇野の里 プラザ安曇野へ
GOーー
d0105967_09114751.jpeg
可愛いクマが 手招きをしてる。

体験工房。とんぼ玉

体験したら?してみなよ。と声がするーー。

お店の方の話を聞いてみると
私が選んだり作ったりしたら
いくらになってしまう訳?? コワーッ。

いう事で 体験をやめた。
d0105967_09143930.jpeg
インスピレーションで この とんぼ玉を手にしてみた
なんと
とても安くて驚いた!

もっと驚いたのは
d0105967_09123744.jpeg
安曇野のお水。
タンクを持っていないし
ボトルもなーい。

手で飲んでみたら
とても美味しいカキ氷の氷の味がした。
ガブガブ。
喉にスーッとして 美味しいお水。

皆さんはタンクを持って汲んでいたなぁ。
イイねェー
さぞ 美味しいお水で炊いたご飯や食は抜群だろうー

珈琲を飲んでみたかった!が
その分 ガブガブとお水を飲みまくった!

素晴らしく美味しかった!

安曇野の水。  
普段 買って飲んでいる以上に美味しかった!!

d0105967_09140090.jpeg
お店屋さんの天井に  
ツバメの子供が居ると教えてもらった。
ねぇー。このツバメは双子かな?と言うと
そうだよ!っと返事した人。

卵が2つだからキョウダイよ!へへへっ。

その話を聞いていた おじさんは
やけにウケテいたらしく大笑いしていた。

ここにツバメが巣を作ってから
5年間 やって来たんだ!とおじさん。

じぁー巣は何で出来てるの?
泥を運んで巣を作るんだよ。
あら!クチバシで?
私はおとなしいからツバメの真似は出来ないわ!
ゲラゲラと笑う おじさん。

おじさんと挨拶して別れる。


松本へ向かう。

アルプスに囲まれた大地と空よ。
またね!
安曇野!

〔メモ〕父は長野県に住みたいと前に騒いでいた

テレビで観て 長野県へ引っ越したい!と燃えていた
今回
私が長野県へ安曇野へ行く瞬間
チャッピーの面倒を頼んだ
出発する時
父は子供みたいな顔をして
〔これから長野県へ行くんだね〕と
父の顔には 憧れ!と書いてあって
少年の様な顔になっていた。
きっと 僕も車に乗せて欲しいな。って

父の代わりに娘の私が
思う存分 楽しんでくるから任せろ!と思ったが
後ろ髪がひかれた。

父を長野県へ連れて行っていったら
本気で引っ越ししそうだから 困るけど
私が思ったのは
父なら 長野県へ住んだら畑や田圃も庭も
思う存分 楽しんで 生活するだろう。裸足で!
笑顔が見えるな。喜びの。
お蕎麦大好きだし。
自然派思考な父だから。 理解出来るなぁ。
いつか 連れてってあげたいけど
本気にらなられても困るなぁー。
なんだか私に似ているかもーー
父に似ているわ 私って!と知ったりした。

帰宅後
父は待ち構えていた!
長野県の話が聞きたかったのだろう。
敢えて お家の中に入らずに
お外でチャッピーにらいてもらい
パッパッパと帰って来た 実家から。

安曇野に住みたい!と言い出したら
私も安曇野に住みたいから
ヒッチャカメッチャになるね。

夢を叶えさせてあげたいけど
複雑な心境にもなった。

魅力的な安曇野。
誘惑されてしまった!



松本へGOーー! 続く。

by iomlove | 2016-08-08 09:14 | 長野県 | Trackback | Comments(2)

アルプスの中で 〔食べ物 編〕

野麦峠の帰り路

資料館の方にお勧めのお店か食べ物を聞いた。

〔とうじそば〕を勧められました。

d0105967_22334792.jpeg

実は私はお蕎麦が・・・苦手で・・・
スルスルっと音を出して?食べる事も出来ないし
訳がわからないけど  
お蕎麦が苦手であまり食べた事がないのだった



とうじそば。とは違って
お蕎麦にした。
d0105967_21575060.jpeg

お蕎麦の一人前の半分だけを
人様に隠れながら食べた。
お蕎麦を人様の前で食べるのも苦手なのだ。


胡瓜
これは?なんですか?と聞いてみたら
〔胡瓜です。〕とのことだった・・
とても美味しかった!
d0105967_22005835.jpeg

どの様に作っているのか? 漬けているのか?
味付けが知りたかったけど
胡瓜と聞いて 〔?状態になってしまった〕
d0105967_22024556.jpeg

なんとか餅。名前をまた忘れた
信州では有名なはず
頼んでみたら
お米の味がして 驚いてしまった私。
d0105967_22033079.jpeg
一口食べて お米ダー!と気がついて
相棒にパスした。 スンマセン。


お勧めだった
とうじそば。
後から気になりだしてしまい
食べていた方が帰った後に覗いてみたら
d0105967_22043048.jpeg
なんだか とても楽しそうなお蕎麦みたいだった。
せっかく お勧めを教えてもらったのにーー
お蕎麦が上手に食べれないからとパスした
自分自身に イヤァーな感じ。

おじさんの言う事をきいてれば良かったなぁー
次回はチャレンジするわ。ゴメンナサイ!
d0105967_22354623.jpeg

下り坂へ進む
私の頭から伸びているアンテナが反応した!
ふふふっ。
冷え冷えの果物を発見!
スイカも堂々としている!
d0105967_22054502.jpeg

冷えたスイカが食べたーい!と言うと
ありました!
今年お初のスイカさま。
d0105967_22080327.jpeg


テンションがあがるー。
虫も驚くほどに私はスイカが大好き❤️
d0105967_22090747.jpeg
新鮮でサッパリしていて とても美味しい!
もう1つ食べーるわぁー!と言うと
ダメだし。が入ってしまった。トホホッ

腸の調子が悪かったから
また腸が止まってしまうかも!知れないので
スイカをストップ。

あーーー私のスイカー!

モモを食べるぞ!
d0105967_22234148.jpeg

プルーンもあるぞ
d0105967_22242487.jpeg
と ワーワー騒いでみても
腸が止まって苦しむのは私だから
食べられなかったのだーぁー。
お店の方は 笑顔で笑ってたなぁ。トホホッ。

そういう中で
ホクホク顔でソフトクリームを食べてた人が
私には鬼に見えた!
d0105967_22225955.jpeg
ソフトクリームは美味しいですヨ!と言わんばかりの顔
私を誘う 女の子と男の子。


アルプスの山の中に私は居る 現実!
とても嬉しくてしかたがなかった。
d0105967_22252330.jpeg
私が嬉しい時
その姿を見てる人は
私が喜んでいる!というのが
ビシバシ見えるという。

リアクションがオーバーらしい。

いいのだ。
とても
いいのだ!

上高地まですぐの地図!

上高地へ行こうー!
飛騨に行こうーー!と叫んでも
とても純粋なドライバーは
それどころではなかった。野麦峠のことで。


予定では上高地か飛騨へと私の頭の中で計画してた

1人行動の旅では問題はないけれど
相手あっての旅になると
喧嘩になるパターンが多いので
静かに進む 下り坂に従った。ふん!


真剣になってアルプスの木々を見つめては
木ののび方に感激した。

針葉樹。という木
教えてもらった。

私はこの針葉樹という木を
想像の世界で絵に描いていたので
本物の木々を見れて とても感激した!
d0105967_22274212.jpeg

山の中にいる。
山が見える
木々が見える。

もうー。素敵すぎて興奮していた
ロウソクのホノウの様な木。
ロマンをバッチリ感じて
しばし 木々と山を見つめて大声出していた。

d0105967_22264378.jpeg
川が流れていた
エメラルドグリーンの世界
木々の緑と水の色
なんだか神様が住んでいるみたい。

自然界の色彩にうっとりし
窓から顔を出して騒いでいた
d0105967_22282915.jpeg
相手いわく
なんで?そんなに騒いでる訳??と不思議がられたが

想像していた木が沢山 あって
絵の世界と同じ木がある訳だから
ロマンティックじぁーありませんか‼️と言っても
〔?〕らしい

いいの。
いいの!
いいのよ!

私にだけわかるんだから!素敵な世界を。


山の中が好きなのよ私。
とても気持ちがいいし
小さな森の中も鳥達のさえずりや
小川のせせらぎを聴いて 絶好調ー!
子供の頃 近くの山の中で遊んで
何日間かけて 段ボールを運び 小さな家を作って
そこで眠った。
私が家にもお部屋にも居ない!と大騒ぎになったとさ。

腰と膝を悪くしてから
1度だけ東京都都民の森へ行った。
そしたら
登りで頑張りすぎて
降りには もう膝が上がらなく
手で膝を持ち上げて歩いていたら
転んで 崖から落ちそうになったのだ。
ぎゃー‼️ たすけてーーーぇーイテテて。

どんなにも山に行きたくても
あっさり遭難する自信さえあるから
眺めてる事にした。
何処へ行っても動かない方法を選び
焚き火とニラメッコ。 いいねぇー。

激しくアウトドア派から
何か作るとなると
激しくインドアに変身する。が
おとなしくしていないとケガの元。
経験して身についた。

山の中で冷えたスイカを食べられて
とても幸せ。

私の想像していた木の実物が見れて
大感激した。

アルプスの山の中での出来事でした。

〔安曇野に行くーー続く。〕





by iomlove | 2016-08-06 22:46 | 長野県 | Trackback | Comments(2)

長野県へ

地図を見ない わからない私。
d0105967_20274196.jpeg
長野県へ向かう中

行き先は安曇野でした。が

急遽 野麦峠の話になり 野麦峠へ向かう事にしました。

子供の頃に好きだった飲み物を発見して
d0105967_20292148.jpeg

気持ちも気分もMAXになってしまった
d0105967_20305244.jpeg

道路のあちらこちらで モモやスイカが売り出し中

その中で 夕顔という野菜?を見つけた
d0105967_20324590.jpeg
お花の夕顔は知っているけど
野菜は初めてで 手にはとらなかったけど
とても気になった野菜だったりした。
どう食すのか? 聞いてみれば良かったなぁー


私の足元には 沢山のスイカ!
スイカが大好きで 1つ!と思ったけれど
冷蔵庫には入らないしねぇーとブツブツ。
d0105967_20353055.jpeg

見ているだけで 楽しくなる スイカ!
今年はまだスイカを食べていないので
1人で興奮していた
d0105967_20340023.jpeg


車はドンドン 進む

木々が私の想像の世界の木になっていく中
再び ワクワク感がとまらない。
d0105967_20453265.jpeg

急なカーブをいくつも曲がっては
車から降りて
思いっきり 空気を吸って
木々の香りに包まれた。

d0105967_20483024.jpeg

私が 何処に居るのか?!
実はわからなかった。

ドンドン走る中

そこが
アルプスだと知り
本来の目的は
アルプスを見渡すことだったけど

まさか!
アルプスに居るとは知りもしなかった。
d0105967_20494856.jpeg


山の中をどうやって トンネルを掘ったのだろう?
トンネルをくぐる度
頭の中で そう思い
山をどうやってトンネルが支えているんだろう?と
不思議になる。

d0105967_20504830.jpeg


そう思いながらも
トンネルを通るのも好きだけど
スピードを出されると 怖いのダ。
d0105967_20514343.jpeg

窓を開けて 空気を吸いながら
1人で浸る気分も好きなので
運転は出来ないだろう私なのだ。
d0105967_20524306.jpeg

ダムに辿り着いた

ミドリ色が広がる水面
そして
山々

私が求めている世界観が広がる
ダムだけど
d0105967_20541106.jpeg


しばらく
ダムの水面の美しさに浸る
d0105967_21022449.jpeg

ミドリの葉とのコントラスト
Hello‼️と手を振っている私
d0105967_20574714.jpeg

太陽もサンサンの中
気温は25度。

過ごしやすい気候だと思った。
d0105967_20551709.jpeg

もっと進むと
気温が23度となり
なんとなく肌寒い感じもした。

ブロガーさんに服装のアドバイスを頂いていたので
薄い長袖を着ていて 良かった。
ありがとう!

d0105967_21042457.jpeg

道路を左側に曲がって進む

野麦峠へと

d0105967_21052331.jpeg


再び 車から降りて

トンネルを見つめていた。
d0105967_21064976.jpeg

いつから このトンネルがあるのか?と
調べるのを忘れてしまった。

昔の人達はトンネルがなかった頃
山を越えて どう歩いたのだろうか

d0105967_21084965.jpeg

トンネルのありがたみ。


橋が見えた。
なんの橋なのだろうか?

なんだろう?
どうしてなんだろう?ばかりだった。汗
d0105967_21105114.jpeg


アルプスの山の木々は
私が好きな形をしている木々だった
d0105967_21133240.jpeg

窓から顔を出して
眼に焼き付けていた 木々を

頭の中で絵を描いていた。
私の木々と現実の木々。
d0105967_21175597.jpeg

野麦峠へ到着した。

その話を書こう。と思ったが
心が痛くて 書けないでいる今。

現代では道路も舗装され
トンネルもあり
高速道路もあり
電車も便利。

洋服も季節によって様々にあるし
靴も揃う現代。
食料も 当たり前の様にあって
市場に出せない規格外の品々は処分もされている。

私は想像の中で
想像を超え過ぎて 想像が出来ない中
私なりに観て 感じて 思ったことを
言葉では まだ何も言えなくなった。

野麦峠の映画を思い出し
幸せに過ごせている現実と
私が知らなかった現実が交錯し
心が痛くなっている。

落ち着いたら 野麦峠のことを書いてみたいと思った


安曇野へ真っ直ぐに行く予定を
急遽 変更し野麦峠を選択したタイミングに
日々のありがたみに感謝して
過ごし いつでも笑顔でいるわ!と自分再確認もした。


アルプスに囲まれた世界観を知りたい。
そう思っていたら

私はアルプスの山の中にたっていた。

〔続く。〕

by iomlove | 2016-08-05 22:06 | 長野県 | Trackback | Comments(4)

アルプスが見たくて 〔ゲリラにあった編〕

いつの日か アルプスをみたい。

そう思い願っていた

let's goーー!

d0105967_05455065.jpeg
朝5時に家を出て
目指せ アルプスへ

d0105967_05450904.jpeg

煙草が吸いたい病にかかり
途中 途中 で一服。

d0105967_05472772.jpeg

朝日を拝み
素晴らしい1日の始まりを拝む

d0105967_05463702.jpeg

朝食は
d0105967_05510652.jpeg
半分 飲んで また 煙草を吸いたくて
モサモサ1人でしていた

d0105967_05514054.jpeg

またもや
腸の調子があまり良くないので
美味しい牛乳攻撃!してみた


明日にならなければ
結果が出ないけど
ガブッと飲んで
味わった牛乳は
とても美味しかった!


オッ!
ミシュランだぁー!

ラッキーーー!
d0105967_05493926.jpeg


ビバンダムが好きなのだ。
d0105967_05485227.jpeg
おーっ。
Hello!と手を上げてくれているではないか!

旅の始まりはテンションも上がっている私
寝ぼけていたけど
パッチリ目が覚めた!
d0105967_05502694.jpeg


ゲリラ訪問した1日の終盤

なんと!

ゲリラ豪雨にあってしまった・・・

大雨
土砂降り

雷は物凄い音をたてて ドッカーンと・・コダマする。
ビカビカとヒカル中
苦手なので 走る様に逃げ回っていた夜


そこは松本駅周辺。
d0105967_05432871.jpeg

お店の方が とても親切で
傘を貸してくれた。

傘に雷がおちやしないか!?と
びしょ濡れになりながら走る 走る私


思いやりと優しさの旅となる
感謝の旅ともなった

午前中と午後は
太陽が弾むくらいにキラキラしていたのにね。

d0105967_05430458.jpeg
髪の毛の色が 肌色に変色しちゃったよ。
ヒカリで色が変わるらしい。
Gメン気分な感じのアップな人 イヤだねぇーまったく!
ゾーッとするね・・・まったく。

〔メモ〕
雨女の私
やっぱりゲリラ戦になってしまい
大声あげて 逃げ回っていたりした。夜。

不思議にも
ほんの少しの旅でも
とても早起き出来る私。

旅は人を成長させるみたい。
感じるがまま
導かれるがまま
時間の流れさえ止めて
佇んでいた


長野県松本にて。 朝の一服中。


今日という日 感謝しながら
時間を大切に有効に過ごしたいな。


〔続く。〕

by iomlove | 2016-08-05 05:51 | 長野県 | Trackback | Comments(11)