<   2007年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

情熱 情熱的に・・・

ラテン系の人と恋に落ちた友は目を丸くして、
(もう本当にラテンだわ!)と・・・
普通じゃん!え?違うの?
調べてみた↓
何か情熱的に話をしてみてぇ~・・ シ~ン・・・
情熱的じゃぁないなぁ・・・
(そう?)と一言でかわされた。
なんか情熱的に話てみてょぉ~って言った所で
相手にされず・・・まさに点点点の・・・だ。
テレビ画面に向かって情熱的にゲームなんぞやっているが・・・・・
普通と思っていた事が今、違うって気が付いた!
It was a big surprise!!!
d0105967_2284412.jpg

うちのカミさんヌワン子ですぅ~。困った困ったヌワン子でぇ~すぅ♪っと
ゲーム中のアイ坊・・歌っている。
そんな歌で【情熱的】風にしているらしい・・・
ってヌワン・ヌワァンしている顔ってなんだ?ヌワン子って・・・
困った困ったって・・・何か困らせているのだろうかぁ?
こう言う時は情熱が溢れる友と話しよっと・・

【情熱的】に飢えている。
飢えすぎて手の中に見える・・・



 
by iomlove | 2007-02-28 05:50 | Trackback | Comments(7)

きっと・・・

somewhere in Japan ・・・
随分前から気が付いていて、
なぜか触れなかったお互いの共通点や気になる出来事・・・
友達は信じているから心強く言ったsomewhere in Japan ・・・と、
まさか空の上で笑っていないよね・・
天国行っちゃったとか言わないでね・・・
d0105967_21422262.jpg

Imagination can take you anyplace and me.
I'll be right here waiting for you.
by iomlove | 2007-02-27 21:15 | Trackback | Comments(0)

メディコムトイ 時計じかけのオレンジ

どうしても・どうしても欲しいアイテムが一つあるとしたら・・・・・
これが欲しい。サンタクロースやって来てぇ~~!!
スタンリー・キューブリックの傑作「時計じかけのオレンジ」に登場した
「アノ」プロップを立体化!!
いつだったか・・パルコで行われたメディコム展で見てしまった!!
奇才スタンリー・キューブリック傑作のあれだ!!↓これです!
FPR製で幅80cm高さ34cm位。【問題は!9万円台・安いところで7万台】
d0105967_1282897.jpg

↑椅子にもなるし最高傑作なのにぃ~~~!!

なのにアイ坊はまったく乗る気さえ起こらず・・・
家に子供が遊びに来た場合問題とやた、邪魔だとか・・・
まったくの拒否反応・・・その癖ヴィンテージ3.5インチのSWのボバへットを
10万位だして、さらりと購入・・・ なぜ?なぜなのか?

悩んでも始まらない・・・悔しい~~ぃ!!
d0105967_139988.jpg

って事で、こんなん出来ました(笑)
誰にも解ってもらえないが・・・でもま~いいかっ!!と今は我慢と納得してる振り。
諦めないぞヨ私は・・・ 
もしや・・昔この【時計じかけのオレンジ】を【オレンジ仕掛けの鳩時計】と言っていた私の
大きな間違いだったのか・・・  
by iomlove | 2007-02-26 01:49 | Trackback | Comments(5)

イギリス 紅茶

イギリスでもマン島でも日本でも、欠かせない一品の1つは紅茶。
本来日本茶が好きでしたが、気が付くとこれが無いと一日が始まらず・
又これが無いと生きていけないかもって言う位に生活に必要なのは・・・
↓お猿さん・・・イギリスの庶民のほとんどが愛用している紅茶。P.Gteaのキャラ。
d0105967_0512645.jpg

d0105967_113096.jpg

そして、我が家に確保している紅茶。大量保存しなければ・・・ならない。困った問題!
d0105967_0552746.jpg

そして、UKで愛用はハロッズのアールグレイ又はハヴィーニコルズのアールグレイ。
一度ハロッズで60缶棚にある全ての品を購入したら、
スペシャルカードと言うのを頂いたが、日本に住んでいるので入りません。と
丁重にお断りをしたが・・・そのカードの本来の意味さえ未だ分からない・・
なんだったんだろう?
それ以来ハロッズの某定員さんと目が会うと、アールグレイですね!って(笑)
ハーヴィーでも同じく(貴方本当に好きなのね!)って言われる始末・・・
しかし、友達のAさんから頂いた、マリナ・ド・ブルボン(フランス)の紅茶は
飲むと腰が抜ける程美味しかった!知らなかった・・・
渋谷&駒沢に行かなければ・・・!!
またchobiさんから教えて頂いたべノアにも行かなければ・・・
取り合えず、日本発売してくれたのでレディーグレイで今は我慢しよう!!
by iomlove | 2007-02-25 14:47 | Trackback | Comments(3)

潜在意識

自分では全く気が付かなかった・・・
ある日友達が唇で鳥のマネをしました。
とっても気に入って毎日会う度に(鳥やってぇよぉ~)としつこく言って困らせた事があった。
すると、ある日・アイ坊が鳥の真似をしてくれた!!
        ↓↓↓サラリーマン風・・・
d0105967_0165334.jpg

めちゃ可愛くて私の好みで、再び毎日毎度やって欲しくてたまらない・・・
ある日、母にその鳥真似の話をしてアイ坊がやると、
母は言った!
(あらぁ~それはネ、小さい頃から私が娘にやっていて彼女の大のお気に入りだったのヨ!
毎日やってやってと、やるととても喜んでいたのヨ)と母の答え。
まったく記憶がないが、それはきっと潜在意識だったんだろうと、
極めて私は驚いた。恐るべし!!!
 結婚の理由もまさか、鳥真似だったのか??
謎は深まるばかりだ!!
by iomlove | 2007-02-24 07:27 | Trackback | Comments(0)

知らせてくれてありがとう!

昼寝をしていて夢に登場した人々が、
連絡をくれた。
夢の中の会話と現実の会話が同じだった。もしや・・・
今日私と夢で会ったかしら?とマン島からの電話から始まった。
やっぱりマン島は聖なる地だ!とじみじみ実感しました。
Thanx very much for your cooperation!every time every day!!

d0105967_224998.jpg

いつか必ず話しをしなければと長年気にかけていた大事なことと
心配事を話す機会を待っていた。
今日話かけてくれて本当に良かったし話せて本当に良かったMちゃん。
話すべき日が今日とは思ってもいなかったけど、
今日昼寝をして見た夢に救われた。
小さな子供だった頃の貴方が
夢で私に
どうしたらいい?困っちゃったよぉっと悩み考えて頭とお腹をかかえて
何度も何度も言っていました。

やっと謎がつながった、
なぜあの日あの場所に行くんだと朝から騒いで我がまま言ってしまったか・・・
迷惑かけてしまった、心の友ゆうたろう&アイ坊&母。
ごめんなさい、そしてありがとう。
by iomlove | 2007-02-23 04:05 | Trackback | Comments(2)

2007年 マン島TTレース 100周年

①↓良く見てみると写真右下から2番目がホンダ(谷口尚己氏) 
 2~3年前にマン島の飛行場で無料配布されていたpost card
d0105967_010835.jpg
d0105967_0103566.jpg

③ホンダ50周年記念切手などなど
d0105967_0105768.jpg


①のカードに谷口氏が出ているので、ホンダからは谷口氏が100周年イベントに出ても
 当然だろうと考えているが、今のところマン島の新聞では伊藤光夫氏が参加と・・・
由緒あるTTレースの100周年イベントとなれば、
TT参加にいくつかの条件が満たされた方のみが参加可能らしい。
となれば、日本からの参加者は・・・・・選ばれた人となる。

なぜ?ホンダからの発表がないのか・・・時間がないので発表をして欲しいです。
まさか・・・UKホンダは参加で日本のホンダは不参加だなんて・・事にはならない事を祈るばかりだ。
★2006年マン島TTレースの映像を貼り付けて見ました。
  http://www.youtube.com/watch?v=qVuNh0gu98Y

思い出した事。
1997年か8年だったか記憶が定かではないが、
マン島レースの予選中だったか・・・
はっきり覚えている事は、日本人男性ライダーが転倒し怪我をしてマン島の病院に運ばれた。
ちょうど私はロンドンにいて、日本人の男の子が怪我をして入院しているので
元気付けと彼は英語が話せないので寂しい思いをしているだろうから病院にお見舞いに行ったらどうかと連絡が入り、直ぐマン島に向かったが、
なぜなのか?彼は病院から居なくなっていた。何も言わず・・・・・
ドクターも通訳の人も皆はてな顔だったが、
その後ドクターも通訳の人もまわりの人達は消えた彼の怪我を心配していた。
マン島人らしさの優しさと心の豊かさに泣けてきたが、
誰にもお礼も何も言わないで消えてしまった事が同じ日本人として、
とても寂しい気持ちと共にとても残念だった。
by iomlove | 2007-02-22 00:08 | Trackback | Comments(0)

おじさんありがとう

1980年代にエクスプロイデットというバンドが来日した。
ちょんな事で知り合った友が↑のバンドメンバー宅に遊びにLONDONへ行った話しを聞いた。
のち初海外旅行・マン島・ロンドンへ向かう計画にいくつかアドバイスを頂いた。
地下鉄やバスキングの人達と目を合わせてはいけない(お金を要求される)
地下鉄に乗るときは階段に注意(ホームレスの集団が多い)
○×駅には行かない様に(恐ろしい目にあった)
ハードコア&サイコビリーのGIGに行くときは気をつける事。
100円ライターを沢山持って行くと何かと便利(物々交換が出来る)etc
聞いているだけでびくびくしてしまいそうな話が山の様に出てきた。

実際の所・・・・・訳も分からず面白い事が沢山あった。
骨董市には面白そうな品や珍しい品なんでもかんでもあったり日本に無い物が山の様にあった様に感じた・・毎日テンション上がりまくっていたが・・・・・・困った事も多かった。
それは人種差別だった。
小さいスーパーで食料を買おうとレジに向かうと、腹きりの奴には売るものはない!と店から
放り出されたり・カフェでケーキを頼むと信じがたいがケーキにホークが刺さってグチャグチャ。
電車の中で唾をはかれたり・・・・・・(いじめないでよぉ・・なんて話ではなかった)
ロンドン滞在中に毎日考えさせられた人種差別とは・・・差別とは・・・悲しい。
右も左もさっぱり分からない初の外国ロンドン。楽しみにしていたのに・・・っと思う分、
やってしまった。    本気で怒ってしまった私。

宗教・言葉・文化・肌の色・髪の色・例え全てが違ったとしても、
たった1つだけ同じ事があるじゃない~!もう!
私たちはこの地球に住む地球人で人間だぁぁぁ!心もある!
こんなに若い私をいじめて、このまま日本に帰って皮肉れ者になってしまったらどうしてくれるんだ!夢を持ってlondonに来たけど夢なんてありゃしない!マン島に帰る!プンプン
本当にショックだった。
d0105967_1655662.jpg

ある日、小さいスーパーで放り出された店主が話しかけてきた。 なんだろう?
一応話を聞いてみようと、 彼は話し始めた。
【本当に悪かった。ごめんなさい。僕はとても大きな誤解を君達にしていた。
昨日の晩TVで黒澤明の映画を見て、反省をしている。
君達は武士・侍の血を引く人だ。敬意を払う。】

黒澤明に感謝。↑の写真は和解したおじさんのお店で買ったケロックのコーンフレークと
あわせて、ケロックのロゴ入り牛乳を買った。そのビン。

今でもこのビンを見るたび大切な事を思い出す。
おじさん、ありがとう。
by iomlove | 2007-02-21 17:13 | Trackback | Comments(0)

manx loghtan sheep

Quoi shoh?
Shoh マンクス ロフタン シープ!(マン島のヒツジ)

イギリスやマン島でヒツジを見るたび、わくわくしてしまう。
見ているだけで暖かくてフワフワ気分になれる事と、
小さい頃から寝つきが悪かったのでヒツジを数えてみたり、ヒツジのぬいぐるみを
枕元に置いてお呪いをしてみたり、
またはヒツジの鳴きまねをしてヒツジ語を勝手に話せる振りをしたり・・・と
マン島のヒツジは角があり、一瞬怖い感じがするけれど、よく見てみると
なかなか愛嬌があったりして、とても可愛い(^+^)
いつの日かこのヒツジを飼いたいと夢を見ていたら、現実になりつつある。

①AKちゃん~話していた子はこの子です。滅茶苦茶可愛いと思いませんか?
d0105967_23365415.jpg

②なんとも愛嬌がある(右の子)この子に決めた!と勝手な事をいってます。
d0105967_23392820.jpg

③この環境・・・・・・・
d0105967_2341759.jpg

アイ坊曰く日本語じゃなければ通じない・・・と言っていましたが、
声を張り上げてマン島語で話かけていたら、通じたのか?
記憶にあったのか?manxが柵から顔をだしてくれました。

AKちゃん、もし飼う事が決まったらマン島語教えてあげるね。
それから、おばちゃんを驚かせてあげようヨ。
でも環境が・・・・・・・
&マン島のヒツジって実はとっても美味しいのです(だまされて食べさせられた)
もう二度と食べない。美味しかったけど・・・

Gura mie ayd!Mr F&Mrs F&Mrs K!
by iomlove | 2007-02-20 12:36 | Trackback | Comments(2)

oxo キューブ

料理に活躍してくれているOXOキューブ(ブイヨンの塊)
パッケージも可愛いし味も良し。
d0105967_2395090.jpg

残念なのが日本で売っていない事・・・
赤=ビーフ
黄色=チキン
緑=ベジタブル
紫=ヒツジ
by iomlove | 2007-02-19 10:01 | Trackback | Comments(0)