杖を持って 瞬間移動ー。ありがとう!

こんばんは!こんにちは!

色んな木と杖の模様を合わせながら
トネリコ探しをしていたりした。

d0105967_10543440.jpg
私がこの杖を持っていると
武器に見えてしまう可能性あり。

人間の威嚇に2本のツノはとても使える。
イザとなれば私の部屋で すぐにでも持てる場所に
置いてあーる。 威嚇する人に〔どうーだ!〕とね。


d0105967_10551526.jpg
この↑写真は お気に入り。
その場所でバックの壁で写真を撮ってみたかったのだ


d0105967_10592920.jpg
許してほしいです。
こうして観てみたかった。
その場所に元々あったような感じさえした。


d0105967_11074429.jpg
柿の木の支え中。


杖を持って移動してはウロチョロしていたら
遠い所から来たの。やっとの思いで。
記念に写真を撮って欲しいの!
お願いします!と声がかかった。

武相荘に来た記念!と仰っていたから
私も真剣になってしまい このポーズで!
この位置で!とか あの場所に座って!と指示を出して
個性的な写真にならないように気をつけた。

彼女のカメラで10枚撮らせて欲しい!と
私がお願いして
カメラチェックをしてもらう。

嬉しいことに
私の提案したポーズと場所の指示の写真をみた彼女は
とても喜んでくださり
大きく写真にするわ!とBIGスマイルになってくれた!

d0105967_11082588.jpg

私が杖を持ったり 置いたらしていたから
〔お身体の為なの?〕と
とても心配そうな顔をされて

〔年内中か?来年あたりに本格的に杖として使うかもしれないので練習中なんですぅー。〕と答えたら

もっと心配してる顔に変身されちゃった!
ストレートすぎる私の発言・・・少々 反省。

d0105967_11120702.jpg
まぁートレーニングもしているので元気なんですよ。
と答えたら
また笑顔になってもらえたので安心した。


彼女からご馳走したいわ!と声がかかったけれど
訳を話て納得してもらえた。
遠慮ではなく本当の事を伝えて笑顔で別れた。

きな粉が苦手な私。
きな粉の説明をしてくれて
想像していた きな粉より素晴らしく美味しくて
杖とかき氷を記念とした。

d0105967_11124910.jpg
きな粉記念日。 杖記念日!

きな粉の粉が喉をなんやらするから
咳が止まらなくなる&苦しくなるから
きな粉を避けて生きてきた。

きな粉がこれほどまで美味しくて 喉をスルッと通るとは
ビックリ仰天。美味しすぎた。

d0105967_11145149.jpg

一番ビックリなのは・・・
きっと私が杖を手に入れたの!と興奮し騒ぎまくり
本当に杖を持って現れたことかも・・・

凶器ではない。危険物でもない。と真面目に説明した。

d0105967_11160182.jpg

不思議なのは
枝物を見つけると杖に見えてくるマジック!


あっ!いい場所が!
d0105967_11152756.jpg
ベンチと柱と杖! 自己満足中。


あっ! 素敵な場所だわ!
いい感じ!
d0105967_11163545.jpg
杖の休憩場所。見つけた!横たわる杖。
しばし 杖の休憩中。

良い眺めだなぁ。



ウォーッ!雄叫びはない。そういう気分。
d0105967_11172211.jpg
トネリコ見つけに出発だぁー!

〔単細胞の単純と呼ばれてる〕が アタリかも。


d0105967_11203362.jpg
ウリャーァ!竹を押してみる。
竹は強い! ツノのある杖は抜群にいい!

楽しいーーーっ。


杖を振り回し 杖の持ち方の練習も兼ねて
もうバッチリ!!!納得した。


d0105967_11025185.jpg
つかいやすさといい
握る感じもいい。
こうして あーして持ったりして
大袈裟にも あーやって こうーやって!と
嬉しすぎて ちょぴり興奮しちゃった。


d0105967_11243820.jpg
お似合いだわ!と声がかかって
調子にノッテしまったな。
その調子!


トネリコという名前がだんだん
鳥猫〔トリネコ〕になってた。汗

鳥よ!猫ちゃんよ!!現れよ!!


この木はトネリコなの?と知り合いに聞いてたら
違うんだなぁー。との返事だった。
d0105967_22494892.jpg
目に映る全ての木がトネリコじゃーないの?と
会う人々に これ? そう?違うよ!と
8月中は世間では
トネリコ騒ぎとなってるだろうー。ウッシッシ。


なんちゃら書いている。が
ヘーゼル〔ハシバミ〕と教えてもらえて
ビックリ仰天‼️

ヘーゼルって?ヘーゼルナッツの木かな?あれ?
ハシバミと合わせて検索してみたら

ハシバミの花が私の秘密基地にある木の花と似ている!
口から風を吹かせて揺らすが好きな花が?ヘーゼル?
えっ?
来週中に確認しなきゃ!


〔ビックリ仰天なメモ〕独り言

ヘーゼルの枝鞭。 ムチだよ鞭!
威嚇した時に使えるぞ!と張り切ってたら
書いてあった。 もうビックリ仰天中。

ヨーロッパの司法制度の中で最後まで
枝鞭が正式な処罰として残っていたのは
【マン島🇮🇲】だって! もうビックリ仰天しすぎて
鼻血が出そうー。

マン島の3本脚になれた!と喜んでいた私。
マン島とヘーゼルの枝が繋がるとは
もうビックリ仰天な驚きだ!

まぢ?ハナヂ?おやじ?えっ?何?

興奮しすぎてる私。

縁とは こうして繋がるのかな。
涙が出そうだよ。
マン島と繋がるとは しかも鞭だもの。

杖のツノ=威嚇した人へ
部屋で威嚇者に向かって訓練してた。

ヘーゼルの枝=マン島だってさ。ビックリ仰天だぁ!

鞭=私 〔とても似合うわ!〕と言われてたから。

ロンドンのSOHOの夜と私。いい感じだった!

ウォーッ!夜空に向かって叫びたい!

ライフルを固定する為の棒。と言ってたし
木の名前を聞いてみたけど ハテナだった。

実は?もしかして?
えっ?
私が発見した時 目が合ったけど
あの時の眼は 意味あったわけ???
驚いた眼をしてたけど えっ?!

訳がわからなくなってきたー。

混乱中の大興奮の夜。
鼻血が出そうだーぁ!!

落ち着け私!

d0105967_11232385.jpg

涙がとまらない。


またもや
話が長くなってしまった興奮の日記。

お付き合いしてくれた方々へ
今日もまた どうもありがとうございます!



前世は
猪だな!と猪突猛進だからな!と指摘され
はたまた
アライグマだな!とも
可愛いってこと?って聞いてみたら
凶暴だからだよ!だってさ!

猪突猛進は確かに・・・治らないなおさない・・・
そこはチャッピーと私の似ているところだな。汗
チャッピーは部屋の中で私に向かって猪突猛進で
スゴイスピードで走ってきて体当たりするしー!
凶暴なのよー。アライグマかぁー!似てるかも。汗

ツノを持ってるから気をつけよ!と
チャッピーに言ったら
叱られたぁ。反省ー。

今月の目標は 意識して ブレーキを持て私だ!
アクセル全開さ。ヘヘヘッ!

トレーニング集中しても筋肉にならなーい!悩む。凹む
筋肉が減るばかりだ。病気だったら最悪!
手術なんか絶対にヤダ!麻酔が効かないもん!怖い!


怖いから病院へ行くのをやめている。
脅かされてばかりだ!まったく!
酸素になったら飛行機に乗れない!と脅かされてるし
その時がきたら それを選んでるのは私だから
まぁ。常にいつでも覚悟はしてる。adiósとね。

けれど
やっぱり杖を見つけて手に入れられて良かった!
大きな慰めにもなってるもの。

ありがとう。私のところへ

Better to wear out
than to rust out!!


おしまい!


# by iomlove | 2017-08-06 22:48 | イギリス | Trackback | Comments(0)

ステッキと私

こんばんは! こんにちは!


これを見てしまった方は 知らぬ間に 私の
魔法がかかる!というワザを使ってみた。本当かも!
d0105967_20493195.jpg

お店の壁の角に立て掛けてあったステッキ。
それを発見してしまった!

物凄く興奮してしまってた中 落ち着いて
〔理性を!理性を持て!と頭の中で連呼した。〕

d0105967_20280389.jpg
ツノは鹿だとわかったけれど
木はなんの木なのか? ハテナとなった。


シビれる!私のツボ!
d0105967_20523051.jpg
紐の結わき方にも 手に持った感触や長さも抜群に
私のツボのツボ!

思わず 手に持った時
〔ホーッ!ホーッ!!〕と声を出して
小さくジャンプしてしまった・・・
自然界とマッチした時に出てしまう効果音。笑

d0105967_20261658.jpg

いちいち 私には効果音があるので
ウッカリしてしまった。汗

お店の方が教えてくれたのは
銃を固定するためのツノで 木の部分は土に刺す。との事
そう聞いていた。


そのものがなんの為であるか?は別として
私が持ってみた時の感触や持ちやすさ  
それ重要!

杖になる!スゴくいい!!と言い張って手に入れた。
私の支え!ともなる。
d0105967_20290723.jpg
3本の脚が!! やっと私の3本の脚となった!記念!
スリーレッグだ! マン島🇮🇲のマークともなれる!
最高!!


暑かったけれど
どうしても土のある場所へ!!と
山とは呼べない小山らしき場所へ向かう。

準備なんぞしてなくて
行こう!そうしよう!という気持ちだけで行ってみたら

d0105967_20302644.jpg
気持ちアウトドアなのに 何かが違う!と
写真で今更 気がついた。


まぁーいいさ。


私にとっての杖は
最高で
本物の支えになる!
コレ↓ 支え中。
d0105967_20352425.jpg
この写真を見せたら
〔枝に登ってるみたいだねぇ!〕と言われて
ハテナ状態になったけど
無理なヨガのポーズの練習も支えがある事で出来る!
優れもの!!
嬉しくて抱きついている写真の巻!

とても嬉しくて嬉しくて
誰もその場所に居ない事を確認して
やりたい事をやったりした。満足!
それを中継するのは出来ません。秘密だから
d0105967_20363279.jpg
立て掛けてみても素敵!


天に向かって それそれ!
d0105967_20384312.jpg
馴染んでるなぁ。色んな意味で。


私の秘密基地で やりたい放題していた。
売主さんが その姿をみたら失神するだろうな。



d0105967_20394173.jpg

トレーニングを休みにして
杖と楽しむ私。
茂みの中に入りたかったけど
以前 マムシが居るから入ってはダメだよ!と・・・


しばし楽しむ。
d0105967_20445610.jpg

登りでも降りでも抜群にいい!
本当の名前はわからないけど
活躍するとはわかってたから 
とても嬉しくてしかたがない!


d0105967_20462125.jpg

昔 交通事故後ショックが大きすぎたのだろう。
言葉も出てこなくなり 誰とも会いたくなくなって
風の噂で私が交通事故にあったと知った友達が
会いに来てくれたけど なんにも話が出来なかった。

治療中 辛さもあって
もう無理だよ。と思ってイギリスに逃げた。

ARUNDEL〔アランデル〕という場所で
自分の為に杖を探しては 長さが足りない!とか
これはいいけど 持ちにくい!とか
かたっぱしから持っては 違う!とか
利き腕ではない手で持っていたからかも。

支えを必要とした私に
コレだ!と思う杖は見つからなかった。
あれほどまでに杖を必要としていたのにな。


こうして
今 この杖らしき 謎の固定する品物が私の元へ来た事で
世界が広がる素晴らしさを味わっている。
d0105967_20475118.jpg
木に対して失礼だけど 練習してみた。
威嚇された時に こうやってみる方法とか。



長年 出逢える時を信じていて
本当に良かったな。感激中!
信じることは素晴らしい!と思ってやまない私だ!
信じられることへも同じ。


ステッキを持って 浮かれて歩き続けていたら
知り合いにあった。

山?えっ?その服装で?えっ?サンダル?何?
驚いた顔をしていた。
へへへっ。なんだかわからないけど私の支えよ。
素敵でしよ!
杖を抱える時は回転して持つ!どーよ!

トネリコという木らしいの。知ってる?と聞いてみると
僕の家に鉢植えでトネリコの小さな木があるけど
同じだね!!と言うから
私はかなりビックリして地面に倒れそうになるが
杖があるからヘッチャラさ。

杖の下の部分がアスファルトとぶつかって壊れたら
困るから ゴムでなんとかしようと思ってる。

これは銅だよね? そうだね!

とっても不思議だったこと。
私が杖を持って歩いてたり 置いてみたり
なんちゃらしていると
それを見た人達は みんな笑顔で声を掛けてくれた。

バッチリ笑顔で!

微笑みの魔法が使えそうだな。
d0105967_20493195.jpg
チチンプイプイ!ホイホイ!

すれ違う人達はみんな笑顔だった。嬉しいな。
素敵だな。


イギリスで杖探しをしていたのに探せなかったけど
こうして
私の元に来て 万歳!

銃を固定する為の。と言っていた。
それを別の人に言ってみたら
〔ジョーダンで言ったんだね!〕と・・・
固定するには1本ツノが足りないよ!だってさ!
ビックリしたぁ。そうなのかな?

帰り道に
窓から知り合いが何か言ってる
〔山に行って来たの?〕
小さな低い山へ行って来たよ!
〔それは山用のだね!〕だって!!
もうビックリしっぱなしになってた。

私の好む品々を扱っていたお店屋さん。
私のツボだらけ。

銃に使うのではなくて
山で使うんだよ。と
みんなが そう言ってる・・・
確かに それは使ってみてそう思う。謎だらけ。


ノリノリで
杖が似合う場所へ 向かう。

続く。

ハンガリア狂誌曲第2番を久々に聴いて
準備OK!と思ってたら
全然 違う格好だった。笑 なんてことだぁー。


# by iomlove | 2017-08-05 20:55 | UK | Trackback | Comments(2)

祇園祭 山鉾巡行 〔後祭〕

書く前に
本当なのか?間違えもあるかもと
いきなりですが 一言 間違えていたらゴメンなさい!

こんにちは!こんばんは!


2017年7月24日 四条通にて。

d0105967_08281931.jpg
パトカーが走ったので これから始まる
祇園祭の後祭!
初体験なのでじーっくりと。

では始まります。

d0105967_08285521.jpg
橋弁慶山だと思うのです。

d0105967_08302001.jpg

心体健康。


北観音山 違うかな・・・
d0105967_08331924.jpg
厄除
d0105967_08341213.jpg

なにか間違えているかも知れない・・・

d0105967_08350825.jpg


目の前を
d0105967_08400767.jpg

後ろ姿

d0105967_08353973.jpg


③鯉山
d0105967_08371393.jpg

開運 立身出世 家内安全

d0105967_08384023.jpg

龍門の滝を登った鯉は龍になるという
中国の伝説を題材にした山。

d0105967_08400767.jpg
後ろ姿


d0105967_08461162.jpg

④役行者山
d0105967_08474775.jpg


目の前

d0105967_08490966.jpg


⑤八幡山

d0105967_08502369.jpg
子供の健康祈願 夜なき封じ

d0105967_08510614.jpg
八幡宮は普段は町会所の庭に祀られている。


⑥南観音山

d0105967_08521390.jpg
遠目に見える

d0105967_08551196.jpg
下り観音山とも呼ばれる。
d0105967_08570114.jpg
厄除

d0105967_08583192.jpg

目の前

d0105967_08595191.jpg

⑦鈴鹿山

d0105967_09013618.jpg

伊勢国鈴鹿山で道行く人々を苦しめた
悪鬼を退治した鈴鹿権限の伝説を題材にした山。
d0105967_09020821.jpg


⑧浄妙山
d0105967_09031148.jpg
平家物語の宇治川の合戦を題材にした山。
d0105967_09041588.jpg
勝運


⑨黒主山
d0105967_09062101.jpg



謡曲〔志賀〕を題材にした山。


d0105967_09072885.jpg
盗難除


⑩大船鉾
d0105967_09083305.jpg
京都の方に大船鉾は見てね!と言われていたので


d0105967_09092778.jpg
前祭の船鉾が出陣船鉾と称されるのに対し
凱旋船鉾と称される。
d0105967_09103686.jpg
蛤御門の変で大部分を焼失し居祭を続けていたが
平成26年
約150年ぶりの復興を果たした。
d0105967_09113586.jpg
さらに
今後は漆塗などを加飾等の復原を進める予定。

d0105967_09123312.jpg
後祭の10基の殿を務める鉾。

d0105967_09130967.jpg

安産 勝運

d0105967_09135321.jpg


後祭の姿
d0105967_09144961.jpg


※注意点
写真と鉾の名前が間違えある場合も。
スミマセン!


祇園祭のちまきは食べるのではなく
目に入りやすい門口などに掲げておく。


〔メモ〕前回 京都に行った際に
次回はいつ来るの?と聞かれて答えると
祇園祭の後祭の日も過ごせるね!と教えてくれた。

今回 京都に着いた時に
来るだろう!私にへ!と
後祭のパンフレットを用意してくれていた。感謝!

少し寂しげな顔をしていたかな?
1人だと わかってくれていた。
そういう私に とても優しい気持ちで出迎えてくれて
さぁー!旅の始まりだわ!と言うと
素敵な笑顔で〔いってらっしゃい!〕と

計画している時としていない時も
していない時は 提案もしてくださる。

ありがたいな。
土地の方は私をフレッシュな気持ちにしてくれる。


大袈裟ではないけど
今 再び思い出す京都。

旅を思い出すことは
人生を2度楽しむことである。
by フェリックス・メンデルスゾーン〔ドイツの作曲家〕


お付き合いを
ありがとう!

山鉾と名前が間違えていたら
ゴメンなさい。



# by iomlove | 2017-08-03 15:16 | 京都 | Trackback | Comments(2)

2017年 7月24日〔祇園祭 花傘巡行〕の巻 後祭。

四条大橋の上で花傘巡行をみてました。

ては
始まります。
d0105967_17085516.jpg

何も語らないので
写真で
d0105967_17105304.jpg

つづいては

d0105967_17115353.jpg


ひとつひとつに意味があるのでしょう。
d0105967_17132707.jpg

八坂神社さんから四条大橋を渡る


d0105967_17154856.jpg

京都と傘と着物 とても素敵な雰囲気


d0105967_17182322.jpg

つづいては

d0105967_17221917.jpg

引っ張るひと 押すひと

d0105967_17252595.jpg

距離を保っていたり


d0105967_17285668.jpg

後ろのが
こちら

d0105967_17303655.jpg

引っ張るひと


d0105967_17315309.jpg

通過中


d0105967_17345052.jpg


花傘みたいだな。

d0105967_17362829.jpg


つづいては


d0105967_17371652.jpg


引っ張るひと

d0105967_17380364.jpg


引っ張るひと


d0105967_17392874.jpg



何も調べていない中で
今も まだ調べていない花傘巡行を


d0105967_17401641.jpg


翼がひらいたり とじたり



d0105967_17411613.jpg

通過中



d0105967_17420522.jpg


旗をもつひと


d0105967_17431114.jpg



引っ張るひと

d0105967_17440094.jpg


獅子舞が現れて 隣の子供を食べてたよ。

d0105967_08361510.jpg


午前10時台の出来事でした。

d0105967_17451284.jpg


祇園祭の後祭
この後は山鉾巡行になります。

河原町へ移動して

ざわざわ人が多かった中で 空いて居る場所を見つける


〔メモ〕
パグを描いてみてもパグには描けない・・
宇宙動物になってしまう。
観察の足りなさか?でもないらしい。
あまりに身近すぎてるからなのか?
パグを描くことに熱中してる。
d0105967_19080796.jpg
だんだん怖いパグになってしまった。汗
なんでだか?髭みたいになってるしー。
HipHop Pugか? 違うだろうーっ。

怖い姿になってしまった。
d0105967_19100638.jpg
なんの生物かも わからなーい。怖いなっ。

やりなおし。


お付き合いを どうもありがとう(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎



# by iomlove | 2017-08-02 18:43 | 京都 | Trackback | Comments(0)

嵯峨野 広沢池 〔ボートと私〕

高山寺を後にして
前日に昔から暮らす嵯峨野の方から
どの山を越えたら高山寺なのかを聞いていた。
いくつかの山の話も聞いていたので

高山寺の後に 左に曲がると嵯峨野方面へ行く!と
標識も確認していた。ほとんど感覚での確認なので
正直、あてにはならん。があっていた!

大沢池を通過する時
貸しボートがあるよ!と声がした!!!
〔ボートを借りて漕いで!それは夢だから!〕と

d0105967_08373561.jpg

夢だった。 ボートがあっても私が漕ぐと漕げないので
ボートを漕ぐのが上手な人にお願いした。


ボート屋さんのおじさんはボートの中で煙草を吸ってOK
そう言ってくれた。灰皿参照。


ウォー!最高だわ!
腰掛ける定位置からピクリとも動かず
おとなしくしていた。
d0105967_08365528.jpg
本当は落ちる自信さえあるから
怖くて ジーッとしていた。

右側からまわってみよう!とのことで
私は 静かに広沢池を堪能し始めた。
d0105967_08390645.jpg
団扇を仰ぎたかったが それもやめておいた。
落ちたら泳げない可能性もおおいにあるしね。

山々を見つめながら あの方の山だ!とか
あの場所の山だ!とか
心の中では忙しい。
d0105967_08394867.jpg

1時間?漕ぐの?と質問された。
〔一周はして欲しい!〕とお願いした。

d0105967_08402983.jpg
うわぁー。水掻きの感じも素敵! 大好き!こういうの!

山に囲まれてか?水辺だからなのか?
熱くはなかった。気持ちは最高!最高の至福!

京都市右京区にある広沢池。
d0105967_08411600.jpg
日本三沢の1つらしい。
美しい風景に気持ちを持ってかれながら
黄昏る。

d0105967_08420067.jpg
池の北側はジャングルぽかった。
アマゾン河にいるのかも!と妄想。そこは池。



シロザキなのかな?
木の枝から飛んだ。
d0105967_08423583.jpg


そーっと私も追う。
d0105967_08431294.jpg
ボートをとめてもらった。

d0105967_08434344.jpg
山とサギ なんと素敵な姿なんでしょうか!とジーン。
〔自己満足中〕

d0105967_08441048.jpg
ウェルカムバードの登場なのね。
しばし 感動中。

この場所でボートにのっている自分に感激と感動中。

池をのぞいては 船に乗りたいなぁ。と憧れていたから
鳥が飛んでいる姿と景色に吸い込まれた。


d0105967_08445408.jpg
空も雲も山も全てが美しく
大声出して〔ありがとう!〕と叫びたいが
ボートから落ちる可能性に 叫ばなかった。正解かも。


d0105967_08453007.jpg
西側から東側を見つめたり
どこを見つめても素敵は素敵。


東からお月様が登る 写真の方角から。
想像しただけでも素晴らしいだろうな。
水面に映るお月様 美しいだろうな。
d0105967_08484896.jpg
いくらでも頭の中では想像できて
想像を言葉にして騒々しい私。


あら!
どうしたの?具合が悪いの?顔に大きな水玉が沢山だよ
そう言うと
〔僕はボートを漕いでいて体を使ってるから汗をかく〕
そう言ってる・・
なんのことなのか?わからなかった。
d0105967_08492739.jpg
つまり 運動みたいな事をしているから大汗で
ビショビショ・・・

ジーッとしている私には わからないことらしい。
d0105967_08523977.jpg
今書きながらも思い出しては
その時の空気感や
のんびりとゆったりした時間と
のどかで贅沢な雰囲気を思い出す。素晴らしいな。

d0105967_18071863.jpg
木の水掻き〔名前を何度も聞いても忘れる〕
水面を漕ぐと模様ができる姿には
様々な模様ができて それも美しかった。


池のほとりの建物で宴会みたい中な人が
私達の姿を見つめていた。
池を見れば そこにはボートの私達。

大振りに手を振ってみると
何人かの人が 手を大きく振ってくれた。
楽しい!

d0105967_08563279.jpg
ビショビショに汗をかく人 ⬆︎
涼んでいる私・・・

だんだん申し訳なくなってきて
一周したので 元の場所に戻ろう!と遠慮した振りな私

d0105967_18155117.jpg
水面に出来る模様 同じとしてない模様を
ノートに書き込みたいぐらいだった。
そのかわりに写真にバンバン納めた。

ふと思う。
人は遊んでいる時に成長するんではないか?と
静かに腰掛けていた私は
目に映る全てを呑み込むようにしていた中で
心や気持ちや精神の成長をするのかも知れない。
そうであったら なお素晴らしいはず!

d0105967_08500475.jpg
ボート乗り場へ向かう


なんでだか?わからないけど
早く辿り着いてしまいそうで
〔ゆっくり漕いで!〕と騒がしい・・・私・・・
d0105967_08503898.jpg

どうやって乗るか?
どうやって降りるか? それ重要!!!落ちるぅーっの!

おじさんは手を貸してくれて引っ張ってくれた。紳士だ

ウッカリ者の私は
気を張ってないと落ちるから・・・緊張しながら降りた

d0105967_08515810.jpg
ボート屋さんの姿も とても素敵な景色と交差しながらも
とても素敵だった。


私がボートに乗りたい!と言った一言で
叶えてくれた人へ
ありがとう!

d0105967_08532574.jpg
ザクロの葉の隙間から見えるボートの姿

めでたい気持ちに包まれて
のどかで贅沢な時を過ごせた。

d0105967_08553073.jpg

名月や池をめぐりて夜もすがら

あれにける宿として月はかわらぬど昔の影はなほぞこひしき

やどしもつ月の光の大沢はいつにいつとも広沢の池



いつか
夕暮れ時に居たみたい。
いつか
お月様もみてみたい。夢 広がる広沢池。


京都編はまだ続く。

お付き合いを どうもありがとう!!!

# by iomlove | 2017-08-01 17:31 | 京都 | Trackback | Comments(0)

高山寺 日本最古の茶園と緑の世界

今日はハーフムーンみたいに見えたお月様。

こんばんは!こんにちは!


京都の続きです。

金堂をほんの少し眺めて
石の階段を降りる。
d0105967_15562588.jpg
先に降りている方々

登りが大変なのか
登って来た方が 〔ハァーハァー〕していた。

私は下り
d0105967_14103981.jpg

リズムとテンポで降りないと 下山は怖いから
声に出して それそれ!と
まるで〔?〕忍者か!っていう感じ・・・的な。

d0105967_14143566.jpg
一気に降りてきて 振り返ってみる
遠い時代を感じるな。心に沁み渡る空気。

d0105967_14211110.jpg
どんどん歩いて行く人を 知らぬふりして

私は私で楽しむ。
d0105967_14254970.jpg
緑が沁みる 苔と根っこが素敵だな。


水が流れていた
d0105967_14283769.jpg
緑と透明



d0105967_14313015.jpg
透明と緑


d0105967_14374116.jpg
上を見てみると
紅葉の時期は それはそれは凄いことになっているだろう
紅葉の🍁色の世界にいると
何故か?私は 物凄く興奮してしまうから
緑の世界が落ち着いてBestなのかも。と気がついたり

d0105967_12301448.jpg
日本最古の茶園!どこ?と

こっちらしいよ。あっ!ここだよ!!と
先行く人は手招きを

日本ではじめてお茶が作られた場所。
ジーンとくる

d0105967_12305101.jpg
再び ジーン。
明恵上人は栄西禅師から贈られた茶種を栽培した。
宇治茶は苗木を移培されたと伝わる。

d0105967_12313571.jpg
動物も大切にされて 贈られた茶種も栽培し
こうして お茶の木と葉が
今の時代に繋がっていること
歴史は弱いからわからないけれど
胸に沁みる 目にも沁みる その場所の空気感も
素晴らしすぎて
静かな山中で日本を感じかみしめた。
d0105967_12321699.jpg


足元に可愛らしい緑が
d0105967_12325486.jpg
🖤の葉っぱの登場。 愛って素晴らしいな。と思う


大袈裟じゃない。本当に。
d0105967_12332717.jpg

石水院で〔お茶の葉っぱは販売してますか?!!〕と
聞いてみたら
販売していた。嬉しいな!

d0105967_12334884.jpg
鳥獣戯画の包み紙。


d0105967_12341133.jpg
缶に入っているお茶。
何グラムなのか?は書いていないな。



d0105967_12345460.jpg
さて お茶の時間を


d0105967_12343351.jpg
茶葉を見つめてみる。

d0105967_12351720.jpg

艶がいい葉っぱ。

あっ!お湯を沸かしていなかった・・・
d0105967_12354100.jpg


あっ!用事を急に思い出し 慌てて出掛けなきゃだわ・・

いうことで
まだ お茶をいただいてません・・・
d0105967_12355959.jpg

高山寺はこれにて終了です。
まだ京都は続きます。
お付き合いしてくれている方々 ありがとう!


〔メモ〕今日の猫

d0105967_22204686.jpg

猫の背中は富士山なの。
勝手に身体に絵を描かないで!と尻尾を膨らませてる


猫と日本。という題名ー。〔かなり大袈裟ーっ。〕
魚と池は忍野八海らしい。空想がこうなる。笑!
d0105967_22240476.jpg
フザケすぎたぁー。チン!


おしまい。



# by iomlove | 2017-07-31 20:59 | 京都 | Trackback | Comments(0)

7月の最後の日曜日 〔力強い眼からファイトをもらうの巻〕

今週は京都から帰宅してダウンしていた。
またもや白血球の問題。慣れてるけど辛かった。

今月の最後の日曜日は つくばへ行く!と決めてたから
ワクワクしすぎて昨晩は眠れなかった。
車の中で眠っていると
守谷パーキングエリア。ドックランへ

d0105967_20321144.jpg
チャッピーが見つめている先には おパグさんが!


d0105967_20331720.jpg
やって来たぁ。コタロウくん1歳!

愛嬌バッチリの可愛さ❤️
d0105967_20341091.jpg
やって来た!と思ったら カーブしたぁ。笑


d0105967_20354000.jpg
犬が苦手なチャッピー・・・ツンデレなチャッピー。


コタロウ君は
d0105967_20374811.jpg
大型犬の場所を見つめている。
僕と遊ぼうよ!という雰囲気。


d0105967_20392549.jpg
うん。可愛いわ。
どの角度から見つめてもパグ。動じない姿に
王冠👑をプレゼントしたくなる気分だった。

コタロウ君のママとやり取りし
またね!と別れた。 またはある!


d0105967_20400019.jpg
雨が降るか?ドキドキ。
じゃぼん玉ごっこをしたかったりしてて

d0105967_20404499.jpg

〔確認をする!〕という学習をしたので
定休日ではない。

あっ!Open!!
d0105967_20421183.jpg

会ってすぐにペチャクチャ話をする私。
これがあーで これはこうで!と説明になってないかも。

今頃 驚いてるのは1枚だけしか写真がないことだ!
楽しすぎて かなり浮かれていた私。

店主さんと話をしていて私は見てしまった。
力強い眼で言ってた言葉と行為を。
我にかえる私!つくばに来て本当に良かった!
体調不良で凹んでたけど すぐに元気ピンピンになれた!
筋肉!筋肉! そうよ。自分に負けずに筋肉だわ!と

自分に負けてた私は 負けないで継続する!と
d0105967_20425542.jpg
チャッピーと坊ちゃん達は楽しそうに遊んでくれていた
ダッコされたりしたり
何故!!その素敵な姿の写真がないのか?!
楽しすぎて 忘れてた。最高な日曜日!のスタート!!

帰りは早い。

途中 英国車〔バイク〕屋さんに寄り
やっぱり英車はいいなぁー!と絶叫し
MVアグスタをみては やっぱりアゴスティーニだよね!
ブツブツ独り言を言ってると
お店の人に
〔まさか!女性からアゴスティーニが出るとは驚きだ!〕とビックリされた。 イケメンだからアゴは!

免許をとって英車に乗りなよ!と勧められるが
自爆するから断った。汗

d0105967_20453486.jpg
そのままのスピードで 武相荘へ

かき氷が食べたいよね!と

イチゴの自家製かき氷。
d0105967_20434487.jpg
喜ぶ人。イチゴ好きらしい。

私は宇治金時かき氷の餡子抜きをお願いし
d0105967_20441893.jpg
ガレージから ホイホイと持って移動する・・・

ガレージでかき氷を食べてみたかった!念願叶う!!

かき氷のメニューは
イチゴ
宇治金時
きな粉

きな粉が人気らしい。
イチゴときな粉が苦手だけど宇治のかき氷は最高だった



お祭りをやっているらしいとのことで行ってみる
d0105967_20463823.jpg

凄い盛り上がりをしていた子供達!!!
熱気も凄いが人の多さにビックリした。

d0105967_20480082.jpg


あれこれ買って家で食べるなーり。
d0105967_20472373.jpg

京都で手に入れた 筍は冷やしてお刺身でもOKとのこと
やってみる。
d0105967_20511015.jpg
山葵をすって お醤油と
誰かさんはお酒のおつまみにいい!と張り切っていたが
私は煮物の方が好きだな。


今週は2回病院へ行ったりしてた
無理をしないで!と注意される

前世があったとしたら 私を例えると
猪!と言われた。汗
または
アライグマだとも。〔凶暴だからね〕だとさ!

栗の実がついていた。
d0105967_20515908.jpg

柿の実も
d0105967_20524693.jpg
フラフラ状態だったけど 自然界には反応する。良し!

具合が悪いのに・・・テクテク歩いてみた
〔それが良くないらしい〕が見たいから歩くのだ。

d0105967_20533691.jpg
竹林を見つめて そうよね!そうだよね!と
1人で納得したり


d0105967_20541875.jpg
忙しくしていた7月だけど

最後の日曜日の今日は最高な気持ち。
力強い眼からまるでフォースさえ見えたよ。
感じられることの素晴らしさにも感じて

本当は鉄砲〔?〕を固定する棒らしいけど
私にとって杖になる。支えるにもなる
素敵な品を手にできて まとわりついては
杖みたいに使って帰って来た。

木の名前を聞いてみたら わからない。とのことだった
ツノがついているのは鹿らしい。

魔法使いにもなれるかも!そう思ってる。

〔メモ〕今日は何の日?というので
自分の誕生日を調べてみると 色々調べられるとのことで
調べてみると
それが不思議だった。

花や石が南米だったのには 驚いた。
ウズベキスタンのお祈りの刺繍の布を
お店屋さんから奪いとりお部屋のアクセントにしてる
ウズベキスタンとも関係してた。偶然にも!

南米と私。 不思議にもリンクするんだな。
とても不思議だな
誕生日を調べてみると南米かぁー。不思議
d0105967_20500115.jpg
昨日 買い物へ行った。
今日 昨日のお洋服は何処で手に入れたの?と聞かれた
メキシコの刺繍のワンピースだったな。


やっぱり つくばに行くと 気持ちが素晴らしく良くなるな
体調悪くても すぐに元気になれるもんね!
人の気だな。気持ちだな。本当に!!
大切にしたい気。
しっかりしなきゃ私!!!


今日も沢山 食べました。


今日で元気になれました。歩けるし!

杖もあるし!

明日が楽しみ!


また長く書いてしまった。

嬉しすぎて・・・

お付き合い どうも 本当に ありがとう!







# by iomlove | 2017-07-30 20:55 | 茨城県 | Trackback | Comments(2)

高山寺 ②緑と苔と

時間が迫ってる中で
キョロキョロ ザワザワ ピョンピョンと忙しくしてた

d0105967_12311766.jpg

山中では鹿が居るらしく
草花を食べてしまう。とのこと
その中でもクチナシの葉も花も咲いていた
d0105967_12324916.jpg
明恵上人が動物好きと関係するか?しないか?
花の名前が〔くちなし〕だから
鹿も食べないで咲かせてくれているのだろうか?

d0105967_12373676.jpg
敷地にはクチナシが咲いていて香がとても良かった。
好きな香だから歓迎されている気分になってた。幸せ。


d0105967_12442398.jpg
苔の美しさに見惚れながらも
石の並び方や置き方にも魅了され
誘われる世界で深呼吸。

d0105967_12475911.jpg
太陽からのエネルギーが根っこへまで吸収しているよう

木々の呼吸を感じたいな。

d0105967_12513838.jpg
階段を登る。スルスルと登れる喜び!
見渡す景色は緑の世界。

なんとも素晴らしく美しい。
d0105967_12543478.jpg
先行く人は 早い。

私は全てを感じたいからと
のそのそ。


こっちだよ!と声が

開山堂かな。
d0105967_12591181.jpg
目の前まで行こうとしたら また こっちだよ!と
私の速度では追いつかないさ。
横から拝見とした。

d0105967_13041789.jpg
自然界のオブジェ。アート。
人の手が入ってない世界の芸術か・・・素晴らしいな
時を超えて今の姿 素晴らしすぎる。
作られていない 自然の姿の自然界・・・


d0105967_13090676.jpg
木々が天に向かいのびのびしている姿は
私にとってエネルギーを貰える姿。
山!最高!といった気分!木々最高!



天からのプレゼント。
d0105967_13254399.jpg
ほー。ほーっ。綺麗だな。最高だな。


d0105967_13324180.jpg
誰も居ないとか居るとか関係なく
なぜか?私は こういう時 話をしている独り言ではない
自然界に話掛けてる。オーバーかもしれないけど

d0105967_13365438.jpg
のめり込む。



色んな形の石 よく見ると色の違いも
d0105967_13413833.jpg

気になるばかり
d0105967_13453319.jpg
山にあった岩なのか?運んだ石なのか?
やっぱり今になって 気になりだした。
現地でも気になっていたけどさ・・・


ここから登りの階段。
リズムカルに声を出して
ピョンピョンと登る。
d0105967_13501092.jpg
きっと違う声を出してたらしい・・・
バイカーの人達を追い越して登りきる。
ピョンピョンと兎のように蛙のように。
なんだか 私の掛け声か?登り方なのか?ウケてたよ。


d0105967_15481379.jpg
登り終え 後ろから 大声でなんやら言ってた。
バイカーさん達 〔私の真似をしたな。多分〕
そういうノリだったな。
d0105967_13591002.jpg
ここが本堂だと聞いた。
またもや 先行く人は 〔行くよーぉ!〕という

のろまな私はペースを崩さずマイペース。笑

d0105967_14031342.jpg

まだ 高山寺が続くのだ。

よろしくね。
お付き合い ありがとう!!!

# by iomlove | 2017-07-29 16:01 | 京都 | Trackback | Comments(0)

高山寺 犬と緑と

京都に行く際に
私が行こうとする場所はバスではなかなか行けない。

前日 嵯峨野の方に山を越えたら高山寺ですか?と
聞いてみると
やっぱりバスでのルートはなく
どうしたら山を越えることが出来るのか?聞いていた

朝 目が覚めて 〔高山寺へ行こう!〕
犬が見たい。お茶の話も聞きたい。
どのような場所なのか?も知りたい!

d0105967_12203303.jpg
バイカーの方達と同じ方面へ 目的地は高山寺。


d0105967_12234093.jpg
仔犬が見たい! どんな仔犬なんだろう??


d0105967_12230821.jpg
石段を登る。苔がとても素敵だった。
石の色や形も魅力的だ。
どこの石なのか?を聞くのを忘れてしまってた・・・


d0105967_12223141.jpg
いつの年からこの木はこの場所に
目に映る全てが私の気持ちを膨らませていく。


d0105967_12250138.jpg
階段や登りが苦手だったけれど
トレーニングのおかげでスイスイ登れ
深い緑の世界に導かれる。
素晴らしい!!

d0105967_12254628.jpg

素晴らしい!素晴らしい!と何度も呟いていると
〔ここは世界遺産だよ。〕とのこと

京都市街から北西の山中。
d0105967_12270302.jpg
この山にどうやって石を?誰が?いつ?
そう思いながら 足の裏で噛み締めながら
木々の緑がまばゆい。

d0105967_12262385.jpg
お散歩なのか?ワンコと出逢う。
この素晴らしい世界でのお散歩はワンコにとっても
綺麗な空気を吸っていいわよね。笑顔なワンコだった。


d0105967_12273706.jpg
石垣にも苔が見事。歩くペースより
見るペースが早く のろい。


d0105967_12281592.jpg
好きだ!好きだ!と告白してばかり。
全てが好きだ。
石と草木がとても素敵だった。
深く深呼吸を何度もしながら遠い時代を感じてみたい。
〔かなり大袈裟だな。けれどそういう気持ちだった〕


ノソノソとしていると
ここだよ。と
吸い込まれながら建物へ
d0105967_12311367.jpg
先行く人が準備してくれていた。ありがとう!

木の橋は艶があり 歩くたび磨かれているのか?
何度も同じ橋を渡り 戻り 繰り返す。


d0105967_12303326.jpg
とても落ち着くお庭。しばしジッーッと。


d0105967_12290748.jpg
この建物は石水院。
鎌倉前期の建築らしい。
山々や緑がなんとも美しい


d0105967_12294682.jpg
善財童子像が手を合わせて迎えてくれた。

d0105967_12340224.jpg

日本の素晴らしさを感じながら
のぞいたり 目の前に行ってみたり 角度を変えてみたり

d0105967_12320569.jpg
すると撮影隊の方達から声をかけられた。
テレビの撮影をするとのこと。
私は映りたくないので ADさんという方とお話を。

d0105967_12332424.jpg
石をみて思う
なぜ?その昔は砂利道だったのが舗装になったのか?と
なんだか 少し寂しい気持ちになりそうなので
石をみつめお礼を。



木彫りの狗児〔鎌倉時代 25.5センチ〕

いきなり ドアップ。
d0105967_12344285.jpg
可愛いお顔。お鼻が少し長いのね。


d0105967_12351335.jpg
上からみると 尻尾の丸みが
贔屓にしてるからパグに見える。
あら!チャッピーにも見える。失礼!

d0105967_12383803.jpg
みたかった仔犬。南に見える風景や山々を見つめている
まるで明恵上人を待っているみたい。
撫でてみたくなる姿の仔犬。

木彫りだと聞いていたので彫りを見つめてみると
彫った姿はあまりみられず わずかに見えるけど
撫でられて可愛いがられていたのだろうか

d0105967_12362464.jpg
何度も何度も 建物を周りながら
仔犬を見つめ 遠い時代に触れたいけれど
歴史が苦手という私・・・何も語りません。


d0105967_12355646.jpg

鳥獣戯画が有名な高山寺。
私は仔犬が見れて満足だった。

いつの日か鳥獣戯画もみたい。


d0105967_12391066.jpg
縁側と書いていいのか 木に染みる色と緑の世界
日本の美を感じる


d0105967_12400763.jpg
また 木の橋に 何度も何度も繰り返す。と

お茶を!と声がかかり
先行く人は準備してくれていた。
d0105967_12411361.jpg


隣の女性と少しお話を静かにし
女性はビックリした顔をしながら
互いに静かに過ごした。

隣のお部屋にはテレビの世界の方達が居たので。

d0105967_12404172.jpg


笑顔と共に
d0105967_12420755.jpg

この包みの中から何が出てくるのか?と
先行く人のをみてみると
d0105967_12424475.jpg

上品な味がするお菓子。小豆

帰りがけに お土産で販売していたので手にする。


仔犬を見ることが出来て
本当に嬉しかった。
素晴らしかった。

山中の中で なんとも素晴らしい世界なのだろうか!と
〔世界遺産ですけどー。〕と突っ込みはいるが

これより
堪能をしばしする。
続く。


お付き合い
ありがとう!

# by iomlove | 2017-07-28 13:21 | 京都 | Trackback | Comments(0)

祇園と特別な夜

私の恒例というべきが・・・
毎回 行きたい!と思うお店屋さんへ
d0105967_11322593.jpg
再び 歩く
足取りは遅く・・・気持ちだけが早い。


d0105967_11330872.jpg
橋を渡り 京都だなぁ。素敵だな。と
ブツブツ心で思いながら

d0105967_11334787.jpg
歩いているだけで 気持ち良い心地。


d0105967_11344778.jpg
路地を覗きこみ
雰囲気が好みだからテンションも上がる。


d0105967_11354431.jpg
お店屋さんには 同じ様なのが貼ってあった。
祇園祭だろうか?本当のことは わからない。

d0105967_11361523.jpg
路地。路地。好き!


目的のお店屋さんに着いて
あれや それを見せていただき
店内に居たお客さんと互いに驚きながら
感動したり 息を止めてみたりしながら
食いつく様に ガン見。感動した。古布屋さんにて。

d0105967_11390304.jpg
喉を潤す為に 以前から気になっていた
〔ラテン〕という名の喫茶へ飛び込む。
煙草を一服しながら お店の名前がラテンという謎や
祇園祭の前祭りの話や後祭の話を詳しく教えてくれた


鍵善さんへ向かおうとすると・・・
いきなり!!
大雨。

d0105967_11370001.jpg
ビニール傘を買って
〔それでいいのか? ダメだよなぁー。〕とか
1人で思いながら〔突然だから仕方ないさ。〕と
友達の傘も準備OK!

八坂さんの場所まで来た。
まだ雨。
d0105967_11373206.jpg

三十三間堂経由で来るという人を迎えに。
バンバン バスが来る中
降りてこないので心配になってきた

d0105967_11380406.jpg
足かっくんを後ろからイキナリされてビックリしたら
とっくにバスから降りていたらしいー。あ。ビックリ!

d0105967_11313604.jpg

雨も上がり 夜が来るのをドキドキしまくる私。
気持ち 緊張してたり・・・

鍵善さんへ行くのを忘れて
スターバックスで待ち合わせを急遽した。
混雑していた店内で席を確保していたら
どこかのアジアの人達が私の席を奪いとるじゃんよ。
〔あっちに行って!私の席よ!〕と追い払う私。汗
ハッキリと伝えるべきことは伝える・・・
いいのか?悪いのか?複雑だな。


緊張してた私だったが ザワザワされたことにより
通常モードになってしまった私・・・

花見小路へ

d0105967_11394328.jpg

いつも見たい場所の壁を見てみると
d0105967_11402415.jpg
でたぁー!!!彌生ちゃんだぁ!!!
友達も大好き❤と盛り上がる
開催場所は近くなことも確認。
テンションは上がりまくる・・・

そのままのテンションで
〔お久しぶりです!!!〕と扉を開けて

さぁー。特別な夜の始まり
d0105967_11423448.jpg

とても美しい大きな氷が素敵な木の箱に入って登場。
d0105967_11415677.jpg
アイスピックではない
見たのは初めての道具で氷を丁寧にかいていた。

素敵すぎて 私は覗きにのぞき
どのように氷がグラスに入る大きさになるのか
うるさくも見ては騒ぎ始めてしまった。もう汗

d0105967_11440162.jpg
色んな種類のお酒から
友達はハイボールを。
私は烏龍茶。
誰かさんは焼酎。

椅子にジッと座ってられなかった私は
ウロウロ。

d0105967_11431862.jpg
良い雰囲気の特別な夜は
お友達のお尻と椅子は熱くなっていたのかも。

私は私で相棒には
〔ウロウロしないでよ。おとなしくしていてよ!〕と
散々 注文をつけまくっていた。が
私が1番 手に負えない人となってしまってた
その事には 今 気がついたとさ。

d0105967_11444018.jpg
濃厚な夜の時間はあっという間に過ぎていた。
私の大胆な発言にも 何を言っても
女将さんは みんなを笑わせる言葉を返し
どうだ!という気持ちで言っても
ほな こうで。と
相棒君は〔流石!お茶屋さんの女将さんだ!〕と
感動していた。
つまり
伊達に歳だけとってるワケではない。というワケで

遊びの中で学びの導きも。自分に言い聞かせてる今。

前回 京都で 色々あって 半べそ状態で現れた私に
優しい目をしながらも話をしてくれたことは
生涯忘れない。

大胆な行動をとるしかなかった私を受け止めてくれた事
それしか方法はみつからなった。感謝でいっぱい。
d0105967_11451584.jpg
騒ぎに騒ぎ 盛り上がり
お手紙を出します。と言ってワガママまで言って出た。
再び
夜の祇園の街並みをチラ見しながら

〔かなさん〕へ
かなさんは何を食べても美味しい。
卵から
d0105967_11460278.jpg
これより また大盛り上がり!!!
お酒が飲める人はいいなぁー。というと
飲んでいないMさんも酔ってるわ!とか
私がお酒を飲むと強烈&凶暴さが増すから辞めた。

呑んでも飲まなくてもかわらないかもしれん。
うーーっ。イヤだな私って・・・・・・


d0105967_11463648.jpg

神様が河原町におられると知っていたので
酔っぱらいを〔?〕タクシーに
一気に河原町へ

d0105967_11471017.jpg
神様にお願いごとが出来る。と知り
ビックリしながらも
お願いを。

d0105967_11474736.jpg

蝋燭を手にして


d0105967_11482116.jpg
またタクシーに乗り込み
大船鉾を見に行く。

提灯の灯りが灯していてるよ。と教えてもらえ
行ってみると
d0105967_11493473.jpg
あれ?なんで???
提灯の灯りが消えてるよーーーぉ!なんでぇーっ!
22時までだったそう。

もう23時過ぎてたから
d0105967_11501686.jpg
日が暮れる前に
大船鉾に乗っていたお友達の写真を見つめ
なぜ?乗れたのか?とお話しをきく。

突然
扇子がない!無くなった!と騒ぎ始める人が!!!
酔ってるから ヒドイもんだ。

タクシーに乗る時
どこのタクシーに乗るのか確認をする私の癖。
他のことに確認しなーいヌケすぎな私・・・
タクシーにはトラウマがあるから癖となる。

後からタクシー会社に問い合わせすると
扇子の忘れ物として見たかった。


ラテンの人か?というぐらい
扇子が見つかって喜ぶ人。

その足で 扇子屋さんに飛び込み
また扇子を選んでる。
結局 毎回 私がコレが良い!と私が決める女王様。笑

扇子が見つかったのは
きっと神様のおかげ。おおきに。ありがとう神様!

長く書いてしまった。
また
お付き合いを ありがとう!!


# by iomlove | 2017-07-27 11:50 | 京都 | Trackback | Comments(0)