線維筋痛症とか・・

レディーガガが病気になって活動停止で!と
友達たちは騒いでいた中で
友達たちは私に
(あっ!あれをやって!ガガの為に!)と
名案だ!と みんなで喜んだ。


d0105967_20135836.jpg
もう何年 痺れや痛みと付き合えばいいのか!と
腹もたつこともある。


ある時

貴女はガンよ!と決めつけられて
死の世界もいいのでは。と・・・
否定も肯定もしなかったけど

かなりSHOCKだった。
d0105967_20115510.jpg

お付き合いの長い先生は何故かうつむいて話をする
コレは変だ。変すぎて わかりやすい!
ということで

医者が黙りこんだ。

d0105967_20122395.jpg
痛みの度合いや重さも自分なりにわかってきて
薬をお願いしても
痛みはとまらない。

鬼だ!

d0105967_20130620.jpg
丸い穴から太陽が差し込み
私の洋服はドットに変身。
嬉しいな!と思う瞬間にも感謝だな。


生きること
それは かなり難しい時もある

耐えられなくて負けそうな時もある。

命のありがたみもわかりながら

痛みが終わると次は
筋肉が引き立って痛い。

足の裏まで痛い時 どうにもならん。

生きること。

友達はキャンサで骨に転移した時
M貴女も骨を気をつけなさいよ!と
骨の痛みについて沢山説明しては
心配してくれたな。


医者たちは私に告げるのを避けていたらしい。

トレーニングを勧めたのは
痛みで引きこもりをして筋肉が衰えて歩けなくなる防止

トレーニングの厳しさを
私なりに頑張った甲斐は今ある。
歩くことが出来るから。
感謝だな。先生に!

5月までは時に走る事も出来た。

常にチャレンジ精神で全力だった。
今を生きる為に!

今という時に全力の私は
時に
暴走してる!と指摘もあったけど
そんなのどうでもいいことで

全力で出来なくなった今
生きる厳しさに負けたくはない。

飛行機に乗れないとなると
テンションも落ちるワケだが

結局のところ
なにしてんだ!私って・・・


(学びの為に生きてるんでしょ!)と言われたけど
こんな世界を学びたくはないよ。

また始まった・・
眠ってる夢の中で苦しむ・・
目が覚めても苦しむ・・・

いつまで続くのか!!!

負けを認めて負けたい!そうはいかない。


光が目を指し痛む季節にもなった・・

暑い日が続くから温めている身体を
日焼けしすぎだけど いいのさ。そんなの。


誰か 発明しておくれ!

以前
フリーダーカーロの絵を目の前で鑑賞した時
(まるで私の為の絵だわ!私を感じる)と言ったら
不思議そうな顔をしてた友達。

今年になって知ったのは
線維筋痛症のフリーダカーロ
交通事故の件も・・・


d0105967_20111670.jpg
私は交通事故に遭遇してしまった時から
180度も違う世界と向き合うことになったな。

今に生きて 全力で今を生きてきて

全力ではない行動の私を友達はみて
SHOCKを受けてしまってる・・・

会うのはやめた。


痛みがある時
私はとても怖い眼をするらしい
初めて逢った方に対して
痛みがあったからと怖い眼をしたら怖いよね。確かに!

もうやめた。


近づけない怖い眼をしてた。と指摘通りだわ。

声もかけられないと・・・


どうにも出来るワケでもなく
マゾでもなく
耐えることには慣れてるけど

人生やめたくなるわ。そういう時が
頻繁になる・・・

誰かに理解を求めても わからないのは当然だよね。


旅先で痛みが出るのは怖い!と思い知った。

飛行機に乗れたらいいのに!と思ってた。

旅先で痛みが出る怖さを思い知ったから

悔しいけど
諦める。


寂しいけど
諦める。


日々 怖がって生きてたけど
諦めることの方が辛いかも・・


秋まで
なんとか
頑張りたい。


線維筋痛症って・・・


頑張るぞ!秋に向かって!


私の生き方の1つ
全力で!が
別の意味に変わってる・・

まぁ それも人生なのか。


泣くな!笑え!

逢いたい人には
もう逢えないのかな・・・。


行動が速い私だったけど
もう心はどこかに忘れてきてしまってる。
だって!痛いんだもん!

痛いと心を忘れるのね。これも学びなのか?

地獄みたい!


書きまくった!


息も苦しいから書きまくった!いつもか。


誰か
私を笑わせろ!


なーんてね。


ごめんなさい。白状してみた。


by iomlove | 2018-06-04 21:10 | 時間 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://loveiom.exblog.jp/tb/26864220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 京都より戻っての巻 シュガレットケース >>