緑の世界と美しい空気に包まれて

空気の流れや空気中を感じる。
わかる人には わかる話だけど
わからない人には まったくわからないだろう。


d0105967_17193640.jpg
近寄ってはいけない空気や危険な空気もある
もちろん そういう時
その時々に冷静に判断している。

美しい空気が流れている
d0105967_17191047.jpg
腰をおろして ニンマリと。


時に美しい空気を発してる人がいると
癒されながらも見惚れてしまう・・

d0105967_17184038.jpg
mickeyなのか?ミニーなのか?と
張り付いて どっちなのか!と
ミニーだね!と1人でニンヤリTime。


d0105967_17220871.jpg
ここは高山寺 世界遺産だと
標高はどうなのか?わからないけど
木々の呼吸さえ感じ
石を触ってみたり なんちゃらしてた。


d0105967_17230498.jpg
太陽もまた演出家だな!しみる・しみる心にしみる。



d0105967_17240371.jpg
不思議にも痛みはなく
ただ 木々やお水や石や苔や空や太陽に緑の世界に
まるで抱きしめられている様な気持ちになってた。


d0105967_17243912.jpg
恵み
それは人からの恵みと自然界からの恵みに
コダマするくらいに大声出したくなったり。


d0105967_17252223.jpg
茶色の世界にハマった時 煉瓦。
緑という色が とても素敵だった。
あの時の感動はいつまでも記憶にあり

こうして 緑の世界に包まれて
あっ!茶色の色もあったのね!と1人で大感激しては
d0105967_17272532.jpg
緑の世界へ飛び込む。至福な時 大切な時。


d0105967_17295257.jpg
私の敷地なのよ。ってな気持ちで
あっちへ こっちへと移動しながら楽しみ
世界遺産ですよ!とその日に知っては
いいの!いいの! 楽しいんだもの。



d0105967_17304809.jpg
木の根はアート 芸術の世界!

また1人で なんちゃら思ったり
ひとりごとを話たり

d0105967_17312186.jpg
そのままの姿であった事に感動もした。


感動はフルで
次に発見してのは
d0105967_17325222.jpg
ヒェーッ!私の木だわ!と真剣そのもの。
この巻き方 模様 私を待っててくれたのね!と
どなたかが切り株の上に置いてくれていた姿。
見る人にとって色んなイメージが湧くかな?
私はバンバン色んなイメージが湧いた。

d0105967_17335342.jpg
不思議なことに
太陽の光が放つキラキラが時に人は見えない!と言う
レインボーカラーのキラキラした輝きが
私の眼には見えるので写真を撮るのだ。
見えないという人に見せると不思議がられる・・
なんで?見えないのかが私は不思議なのだ。



d0105967_17342457.jpg
この世界も大好きで。苔 コケ こけ!
苔の小さな世界には様々な世界観がある。
蟻とかは そのことを知ってるんだろうな。
この小さな世界に住んで暮らしてみたいな。とも思う


d0105967_17344720.jpg
そーっと苔を触る感触も なんとも言えぬ気持ち良さ。
しみる・しみる


d0105967_17362775.jpg
木と苔 土と苔 石と苔
私にとって最高の世界。
もちろん空気も美しい!


d0105967_17370153.jpg
何度も見上げては
太陽からメッセージが届いてくるような
微笑みからうまれる愛は貴女を包む!と
気が狂ってはイナイ!
つまり笑顔の大切さ。を太陽は私に伝えてくれる。

大袈裟ではなーい。ホント


d0105967_17394250.jpg
感じるがまま感じて

藁を運んで泊まりたいな。ここに!


d0105967_17374405.jpg
京都で山を見つめては
名前を聞いては 行ける?行けない?と
毎回 質問攻撃し
私の脚では行けないな。といいはる
いつか山の持ち主を説得してみせるゾ!

ここは高山寺。世界遺産と聞いて
1人で納得しながら だよね・・・

d0105967_17384159.jpg
私が小さくなれば この世界に暮らす事が出来るのにな
まず 出来もしない空想の世界にも浸る。


空想の世界を現実にする時
なにやらやり始めるけど
空想家か!と言われてしまえば そうかも。

想像よりも空想の世界のワタシだな。

空想の世界は自由だもん!


またもや書き始めてる・・


(メモ)
新月がすぎた。
夜空を見上げるはずだったが余裕なし


約束してても無理してまでも約束を守ることもない。
と言われて・・・
きっと優しさからの言葉なんだろう。そう思いたい。

今まで確かに無理をしてた。
無理をしなければ私は引きこもりになってしまうのが
正直 怖かった。

無理をしても子供達と接していたかった。
面白すぎて大笑い出来ること
子供達はストレートだから とても楽でいられる。
言葉なんかいらない。顔に描いてるし 眼もね。

辛いと思う痛みから解放された時
笑いたいのよ。バカにもなりたいの。

この湿度が高い時期 低気圧をどう乗り越えるか!
私の大きな課題だ。

何十年 この時期を迎え やりぬくかの課題に
私はマゾじゃーないはずよ!!!と涙


引きこもるとロクな考えも思考も発想も

今日は頑張った
雨の中 飛び出して もう!カカッテコイ状態。
ジリジリ痛み 凹み 薬が効かないてばさ!と怒り
凹み またメソメソし
ぶっ飛んだ感情で忙しい。

けれど高山寺のことを書いて思い出し
その場所にいれる気持ちになってやったさ。


12日の火曜日に飛んできた
メッセージらしき 久しぶりだな。
誰なんだろうか?

いっそうのこと
気が狂ってしまえばイイノニなぁ!
もう
狂ってる?!えっ?


お付き合いをまた
ありがとう!


気持ち ありがたく頂いてます♡




by iomlove | 2018-06-15 18:43 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://loveiom.exblog.jp/tb/26901245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< SOS 宇宙に向けて。 私をlovelyな世界に連れて... >>