scrap tambourine (話が長いのだ。)

ある時 確か6月だったと思う。

どんな音楽が好き?って聞かれて
目で見て体験した中で私の心も魂さえも
ガッツリ鷲掴みされたバンドの名前を2つ答えたら

(この日 人生最大級でびっくり 2つのバンドボーカルが同一人物だ!と 教えてられ 頭の中が真っ白になってしまった)



なにやらスマホで何かして
コレ?と聞かれた

えっ?!なに!!!
d0105967_13152066.jpeg
私は思わず青空に両手を広げて
奇跡が起こるわぁ!最高!!!と叫び


そのgigを楽しみに とにかく歩ける様に頑張ろう!と
気合いが入った。

d0105967_13062345.jpeg
前日に整骨院の若き20代の先生に
訳を話してプレッシャーを与え治療をしてもらい
当日 両国駅に辿り着く事が出来た。

小学低学年の時に親戚のお姉さんと両国に来た記憶が
蘇った。
どうして?お相撲さんが歩いてるの?
なんで?またお相撲さんがいるの?の連呼の私だったな。


それはさておき
d0105967_12500379.jpeg
駅から1分と聞いていたので 安心した!


d0105967_12502905.jpeg
どれほどまで私は夢をみていたか
現実的にまた scrap tambourineを生で聴けることに
心から感謝でいっぱいだった。

初めてscrap tambourineを見た時から
今回で2回目。

私の目の前にいる人たちがメンバーの方だとしても
そもそも私はメンバーの方がわからなく
目の前にいる人たちに聞いてみたりした


d0105967_12505909.jpeg

ライブハウスの受付で
今回のイベントのTシャツの販売があって
展示されていたのは白と黒のTシャツで
実はグレーも作ったんですよ。との声で

グレーがいいわ!と
d0105967_13045914.jpeg
フロントはその方がデザインしたと言っていたな。
詳しく聞いてみたいこともあったけど
バックを見たら 言葉が消えてしまった・・


d0105967_13052958.jpeg
えっ? どうしてなのかな?友達だったから?!


私はTシャツを作った方に質問をしてみた。

scrap tambourineにポルトガル語を話した方がいたんですが
その方は今日 居ますか?と

もうバンドを辞めているんですよ。とのこと
日本には居ないとのこと

あー!もう!残念だぁー!!!

残念すぎてライブなんかどうでもよくなりそうだった

チケットを買うとプレゼントされるよ!3枚ね!と
チケットを購入すると
d0105967_13055565.jpeg
ステッカーが付いてきた。
まるでお誕生日のプレゼントだわ!と喜びながらも

なんでなんだろう?が頭の中で繰り返し


d0105967_12552350.jpeg
ライブが始まり
凄い盛り上がりをみせる中
途中で
MCがあった。

その話の内容を聞いて えっ?!!
一体どういうことなの?意味がわからない!と強く思いつつ
次の曲は 彼が作った曲をやります!と

訳がわからなくなってた私・・


私の人生で同じ名前を何度か聞いた。
この日もだ!

不思議だった


d0105967_13065434.jpeg
受付に出て
聞きたい事があったので 居た方に話をすると
scrap tambourineのライブが終わったら
また受付に来た方がいいよ。とのことで

また途中だったライブへGOー。


d0105967_12514393.jpeg
ライブが終わって
受付で待っていた。

その方が私の質問に答えてくれたが
MCでもう話ていたから話せると言いながらも
私の質問に答えてくれた。

これを作った方がポルトガル語を話ていた◯◯◯◯さんという
じゃぁーその人はジーザスの方とは別の方ですよね?
同じ方ですよ!
えっ?
じゃぁー◯◯の方とは違いますよね?と聞くと
同じ方ですよ!と

えっーーーーッ!

私の質問に答えてくれた方いわく
全て同じ人物だと言う!

嘘でしょ!!!

私の周りにいた方は
なぜ 私がそんなに不思議にも驚きふためいているのかは
私しかわからないこと。


そんな・・全て同じ人物だとは

音楽の話は一切しないでね。プライベートの話も
そう同時に約束した理由って・・

本人だったからだった!

目の前にいても気がつくはずもなく


頭の中で整理をしても


1つだけ残る。
あの日 あの時
私は後悔をした。後悔し泣きはらした あの日。



scrap tambourineを最後まで堪能し
頭の中で整理が出来ず
空を見上げた。
d0105967_13072355.jpeg
グレーの空。


メンバーの方とは話をしたいと思っていたけれど
どうしょうもない私の複雑な気持ちや思いが大きすぎて
帰ることにした

d0105967_13115827.jpeg

この日の為に
歩ける様にと頑張った甲斐はあった。
歩けた喜びや
私の誕生の日に
びっくり仰天な話も
そして
もう一度 scrap tambourineを聴きたい!という念願も叶い


奇跡が起きた!奇跡だよ!と叫びながら
d0105967_13122148.jpeg


けれど
穴があったら入りたい!ってぐらいに
恥ずかしすぎることもある。

本人だとはまさか!思ってもなかったから
お友達にいたら伝え欲しい!とメッセージを送った私。
送った相手が本人だなんて!

it was bone to love you

もう全然 恥ずかしくなくなった たった今。


d0105967_13215488.jpeg

あの人もこの人も どの人も
みんな同じ人物だったとは・・

取り乱していた私は思う。

導かれる人が全て同じ人物だったとは驚きだけど
そうであって良かった!と思ってる。

誰にも話せない辛い事があるたびに
その人を通して
私は強くなれたし
また 頑張るわ!ともなれ
今の私がいることも


誰にも救えないことも
目の前で笑顔を見せてくれたこと
それは私の救いでもあり

今も大切にしていること。
笑顔は人を救う。


夢をえがいては
可能性なんかないわよ!と言われ続けてたりしたけど
今回のscrap tambourineのgig復活で この日限りだけど

可能性はありだ!と強く思えたことに

この日の全てに感謝。



話がなかり長くなってる


私の憧れた記念日だったから。




(メモ)尊重

相手あってのことだから。
そもそも 私は会いたいと思う時
相手の都合なんかおかまいなしで
会いたいから会う!だった。
それに対して
なんで会いに来たの?とか否定されることもなく生きてきた

なのに!私は1度だけ
相手の言葉から 相手を尊重しなきゃ!と
自分より相手を無理矢理にも尊重した。

会いに行こう!とした私は やめることにした。

人生での大きな後悔をするとは思ってもみなかったが

大きな後悔となってしまった。

会わずに後悔するよりも会って後悔した方がマシだ!と
それまでの私の考えややり方を曲げ
後悔なんかしたくない!と

相手あっての尊重をやめた。

後悔なんかもうしたくない!という思いで
会いたい人には会う!
私のタイミングで!

d0105967_13233767.jpeg
私のビッグイベントがすぎ
再び 体調の悪さに格闘し
満月の日も外に出られず写真で見せてもらった。
写真の中には沢山の満月だわ!笑

もう1度だけ 話を戻す
前日に整骨院へ行って かなりのプレッシャーを与えて
先生は とても気にしてくれていた。
数日後 先生は私の隣に腰掛けて
歩けた?痛みは?と とても不安げな目をして聞いてきた

ライブに行って歩いて帰って来たわ!と告げると

ものすごく喜んで 子供の様な笑顔を。

私が現れる日まで気にかけてくれたらしく
専属の先生に私が来たらLINEで知らせて欲しい!とまで
とても気にしていた。と

僕は100でやりますから!と 有難い。


d0105967_14120397.jpeg
ドイツ在住だったはずのブラジル出身の
私の心を鷲掴みにしたイラストレーターの方から
メッセージが!
9月も終盤になるころに。嬉しい!
ドイツのケルンにいたはずがアムステルダムにいる。

私がそちらに行ったら私のイラストを描いて欲しい!と
昨年 依頼すると
OKしてくれた方だ。 突如のメッセージ嬉しい!
英語ではないところも嬉しかったな。


私の夢

叶える為の夢。


夢の為に乗り越えるわ!必ず。


たった1度の人生だから
後悔は もう二度としたくない。

自分次第でもある。


目には見えない力の働きを
私は感じながら


どこにいても
いつでも
貴方があの笑顔でいることが
私の幸せだ。


今は もう恥ずかしくない。


5人の人物がみな
1人の人物だった!という事に
私は 訳がわからなくなってしまった。

そういう事ってあり?なの?えっ?

秘密の私のコア的な部分で繋がったけれど
本人とは一切 そういう話も出来ず
私にとって楽しかった記憶だけが残る。
しかし
まるで永遠のadiósなのか?と
湖ができるくらい当時は泣いて
英国へひとり飛び出して
いつかscrap tambourineのポルトガル語の人に会えたら
一緒にGermanyに行ってもらうわ!と祈り
いつの日か必ず出会えると信じていた。

その人があの人だった。と告げられて
出逢ってたんじゃん!という過去に
複雑な想いと気持ちだけが置き去りになってしまった。


私の恐ろしいくらいの想像力さえも
その上をいってる人だった。
けれど
現実に その人と遊んでいたのに
何一つとして何も話が出来なかったことは
のち
友達が私に対して泣いて謝った出来事と繋がった今。


私の目に映っていた 感覚的にしっかりと映るのは
誠実さ。だった
誰よりも信頼できる人だった。


私の目の前に
いたんじゃん!




今は今


全ての事を胸に刻みたい
本人から。

私が探していた人は
私が刻みたい事の本人だった・・・。

CeltはCeltと繋がり
今回はみんな同一人物だったとの繋がり

人生で
こういう事ってあるわけ?



縁があれば円となり
縁がなければ 寂しいな。





話がかなり長い
私の幸せなひと時を読んでくれた方へ

どうも、ありがとう!

ヒントの最後は黒豹。

by iomlove | 2018-09-29 14:11 | 音楽 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://loveiom.exblog.jp/tb/27133461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tano49kuraso at 2018-09-29 17:08
Loveちゃん、良かったね。

そろそろチャッピーちゃんの好物の季節になりましたね。
今日、主人と一緒に焼き芋を食べたよ~
焼き芋、美味しいよね~
Commented by iomlove at 2018-09-30 19:19
ぶんぶんさん

こんばんは!
この記事にコメントをありがとう!

お芋の季節になりました!毎日 買いに行かされそうで
恐るべしチャッピーですよ。毎日買わされるのーっ。

美味しいよね!

焼き芋専門のお店があるらしく
焼き芋マニアに勧められたよ。チャッピーの為だとさ!
<< 山葡萄 (待ちに待ったバッグ) 部屋の片づけと同時に構想を練る... >>