人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

黒パグ チャッピー 〔眼のこと。〕

昨日
お散歩の時
いつもとチャッピーの眼が違うと思った。
左目が涙が沢山 たまってた。

お芋を手に入れる為
いつもの場所へ
d0105967_21273938.jpeg
いつもと
チャッピーの目が違う。

大きな目が 半開きみたいで涙目だった。

2度
お散歩へ行った。

飛びついてきたり ワンワン騒いでいたチャッピー

もしかして?
痛いの?おめめ?
そう思いながらも
抱っこして帰宅

夜 左目をみたら
白いところが真っ赤になってしまっていた。

d0105967_21282261.jpeg
今日
お芋を手に入れようと一緒に行った。
途中で会う人々も
チャッピーの目が 半開きで涙目で
どうしたの!!と騒ぎになった。

お芋は売り切れだったので
ミカンをチャッピーに遠目で見せると
いつもなら 喜んで立ち上がるのに
今日は
お座りしたまま。

もしかして?
見えてないの?と思い
冷静になって
目の前にミカンを見せてみた。

見えてなかった。


すぐに病院に電話して
慌てて病院で検査。

眼の真ん中に傷ができてしまい
見えていない。

ゴメンよ!チャッピー!!

様子をいつもチェックしてたけど
少しノンビリしてたよ私。

明日は満月。
スーパーなエネルギーもかりて
チャッピーの目が少しでも見てるように
お月様にもお願いしながら
目薬と飲み薬 通院にチャッピー付き合って。

本当にゴメン!!

反省してる暇があるならば
チャッピーの様子と仕草をチェックし観察しなきゃ

一瞬
落ち込んだ。

落ち込むことよりも
チャッピー言葉が話せないから
痛い。って昨日は吠えて訴えていたんだな。

痛いのだろう。と先生が言っていた。

ゴメンね。チャッピー

責任持って 痛みを消える様にするからさ!!

怖いだろう目薬もチャッピーのミラクルパワーで
やろうね。

原因は獣医さんは私には言わなかった。

私との付き合いが数十年なので
性格を知ってのことだと思う。

凹むことはしない。
telepathyでチャッピーにバレたらイヤだから

いつもと同じ様にすることにしている。

文書に
こうして
書いている。私

チャッピーに隠れて書いている。

チャッピーは痛いのだろう
伏せをしたまま動かない。

今日も病院で頑張ったから
疲れてしまったのもあるだろう。

痛いの痛いの飛んで行けーーーーーー!

チャッピーはチャッピーで
昨日
私に飛びついたり 吠えて訴えていたのに

ごめんなさい。


書いたから

もう
いつもと同じようにして過ごす。

telepathyで感じられない様に。

by iomlove | 2016-10-15 21:28 | パグ | Trackback | Comments(4)

民族楽器コイズミ と スマートコーヒー 〔寺町通り〕

目的のお目当のコイズミ楽器店へ到着。

前回 京都へ行った時 私のココロがエキサイトした。
ここの楽器屋さんは
各国の民族楽器を取り扱っているみたい。
荷物が多くて 手に入れることが出来なかったので
今回 白い恋人と一緒に来た!

店員さんに大きさを伝え在庫を調べてもらい
出してもらう!

お目当の楽器は藻玉〔モダマ〕2本
80センチくらいの世界一大きな豆と言われている
タイ産の楽器。
d0105967_14471216.jpeg
サヤが乾燥して固くて 中に入っている豆が
シャカシャカとなる♪

d0105967_14473590.jpeg
オブジェにもなーる。
もちろん楽器として使っている。

店員さんは
見事!なほど 藻玉の演奏がステキだった!
ニコニコしながら彼は
藻玉を扱ってシャカシャカしていたーー!

白い恋人は
asalato〔アサラト〕に釘付けしていた。
なぜならば
また店員さんの彼はアサラトを
見事にも扱って演奏していたーー笑顔で!

白い恋人は彼に釘付け。
私はなんだか・・大興奮してしまい
彼にむかって喚き出してしまった・・・

掃除洗濯ご飯も作るわよ!なんでもやるから!
絶叫中。 はい。告白していましたー

白い恋人は これまた
一家に彼が居て欲しいわ!と告白。

メスの求愛攻撃をアサラトを演奏する彼に
私達は完全にknockoutされ
店内で大声出して絶叫しながら告白タイム中。

そんな事になっていたとは 私は興奮しているから
気がつかず。

ニコニコしながら演奏中の彼
d0105967_14385436.jpeg

両手でアサラトを持って
足でリズムをとりながらも
両手の使い方が別々。
d0105967_14392032.jpeg
ノリノリの彼は
私達や別のお客さんの期待に
バッチリこたえてくれた!

d0105967_14395142.jpeg
まるで
パーカッションじゃぁーない!!のー。

そうです。と

ヒャー!!かなりのカッコ良さ!!
ミラクルだわぁー!ミラクルよ!!


コイズミ楽器屋さんの前に
モリンダちゃんが飲んでいた
モリンガ茶はミラクルと書いてあったけど

ミラクル茶を飲んだ後
ミラクルな彼に会うとは
想定外だった!


ヤングな彼はかなりなもんで
色々 質問攻撃した私。
ヤングな彼は アサラトを演奏してくれながらも
質問にこたえてくれました。 惚れるわよォー。

d0105967_14403313.jpeg

楽器ができちゃう男には
もー弱い私。
しかも!
私達の為に演奏してるんだから
ミラクルすぎてーー絶叫!

d0105967_14410630.jpeg
白い恋人は釘付け中
動画も撮っていた!素晴らしい!!

やっぱり楽器を使える男は最高よね!
〔君の為に〕なーんて言われたら
失神しちゃうわぁー!
パーカッションは大好きすぎて
パーカッションができちゃう男子には気をつけて
生きてきた私だった。

ヤレヤレ。


私は藻玉を梱包してもらっていた。店長さんに
店長さんは何故か?私に質問をしてきたーー
ミュージシャンだと思ったらしいーーー
なんでまた??と聞いてみたら
雰囲気と服装。と・・・
あら 違うわよーー。説明した。

若い頃 一度だけ
チラチラと私を見てはウロウロしてる怪しい男性が居た
コンサート会場のロビーで私がタバコを吸ってると
ジーッと私をチラチラみてて
だんだん近づいて来るのだ!

何ですか?私に??と言うと
名刺を出して 電話をください。
もし良かったら話をしませんか?と

話もしないし ほっといてーーー!と答えた。ふん!


その後 打ち上げで その男性も居て
なんなんだよ!って思っていたら
SONYエンターテイメントの人だった・・・
どうやら私の雰囲気と服装が音楽している人と
間違えたらしい。
互いに笑った。みんなも爆笑していた。

人生で2回目の間違えがこの日もあったので
私は1人でクスクス笑ってしまった。

アラビアンな服装だったから・・・

d0105967_14455367.jpeg
白い恋人と時間が迫ってる中
私がスマートコーヒーにもはいるわ!と
美空ひばりさんが好きだった喫茶。

写真にはアサラトが写っている。
白い恋人専用の楽器となる。

音楽繋がりでスマートコーヒーで
美空ひばりさんのことを少し聞いて
アサラトを見つめる恋人は
とても情熱的だった。


白い恋人は何故か?
チョコレートという甘そうな飲み物を飲んでいた。
まさか!!
恋人の気持ちもトロけてしまっていたなか?!!
ハートがスィートになっていたからか?謎だった。

d0105967_14461700.jpeg
スゴイ告白していたのよー!白い恋人は言う
全然私は興奮していたから 憶えてないよ。
燃えちゃってさ。ラテンを超えてはなかったが
危うく踊り出しそうだった私
さすがに踊りださないようには遠慮してた。笑


d0105967_14465145.jpeg
まだ 目的が次にもあるので
慌てて連れて行ってもらった。


コイズミ楽器店。
最高です!
寺町通りにあるので
気になる方は
行くべし!

あなたも告白してしまうでしょうー。


luckyビーンズとも呼ばれてるらしい
振ればフルほど luckyが舞い込みそうー。
藻玉シェーカー。
部屋で
シャカシャカ ジャガジャガやると

もーう!うるさーい!騒音女め!と
クレームを言った人が目の前にいた。
80センチの藻玉をコッンと頭に叩いてやった!

夜の演奏会〔練習会〕
私の気分もマックス!
何か話しかけられると
藻玉シェーカーで音を鳴らし答える

うるさい。うるさい。と言われる

ジャンベを叩いてもうるさい。と言う

音感がないかもーー私


d0105967_14475925.jpeg
車の中では藻玉シェーカーを使わないで。と
注意された!
運転が危険になるので。と・・・


昼間
藻玉シェーカーをバリバリ振って
コレは!
ダイエットの成功になるかも!と
ニヤニヤ 藻玉シェーカーを振りながら
期待をしている私。

熱い情熱にこたえてくれた
コイズミ楽器店さん
熱いパッションを肌や耳わ視覚ても感じ

どれだけお邪魔したか?はわからないけど
大好きです!

京都へ行く際
また
攻撃しに行きます!!

次のお目当はチベットだな。
パグ繋がりで!!
d0105967_10371409.jpeg
チャッピーも 抱っこして
ユラユラさせながら
音楽のリズミに合わせると
フガフガ鼻を鳴らして喜んでいーる。


白い恋人の恋人はアサラトにもう夢中
リズミカルな音をすでに出していて
彼女の進歩たる凄さに アッパレ!

私は藻玉シェーカーを振り回し
凶器にさえなってしまってる。





何がなんだか
わからない コノ ブログ。
お付き合いをありがとう!

音楽は最高ーースッ!!

コイズミ楽器店さん ありがとう感動と提供を!!





京都の話は
まだ
続けます。あせ


by iomlove | 2016-10-14 09:44 | 京都 | Trackback | Comments(8)

モリンダちゃん 京都 〔ミとガの一文字違いのモリンダちゃん〕

山をおりて

気になっていた場所へ移動。
方向音痴な私の変なリズムで 道を渡ろうとした時
〔どこに行くの??〕と白い恋人から声がして

ハッっと我に返った。

その私の方向音痴なノリで
独り旅をすると・・・迷子になります。汗
日本語が話せるので問題なし。汗
英語圏では △□◇🔳?意味不明ーー。
d0105967_12482099.jpeg
歩いていると 気になるお店を発見!
思っていたら
到着していた
d0105967_12484811.jpeg

お店の名前を しっかり忘れてる。

沖縄のお店でベジタリアンなヴーガン。と言っている

食事の後だったので お茶タイム。

d0105967_12502062.jpeg

メニューを見ていると!

モリンガ茶。
???
モリンガ??
d0105967_12492031.jpeg
白い恋人の名前は〔モリンダ〕
お茶の名前は〔モリンガ〕

どうーなってるの??
ダとガの違いだけ!

このタイミング! 素敵だわ❤️

モリンダちゃんはモリンガ茶をたのむ。

私は チャイが恋しくて
メニューを覗いてみたら ありました!
d0105967_12495153.jpeg
さんぴんチャイ。
どんな味なんだろー!と楽しみ。

まず!気になる モリンガ!茶!
d0105967_12504736.jpeg
オカシイなぁーー。
私からモリンダちゃんを見ていると
また!
緑の世界になっている
コースターも壁も洋服も砂時計も急須も
緑だわ!!なんで??

d0105967_12522308.jpeg
とても落ち着く雰囲気のある場所で
私は 緑だよ!ミドリーー。と連呼してた。

さんぴんチャイ
d0105967_12511156.jpeg
さんぴんの意味は調べていないので
わからない。
とーっても美味しいチャイで
骨までしみて ホットhot!
体の芯から温まる

モリンガ茶を飲んでいたモリンダちゃんも
体から温まるわ。代謝が良くなってるわ!と
私達は同じ事を言っていた。

d0105967_12514057.jpeg
隣のテーブルでは海外からの方で
なんのお料理なのか!スゴく私は気になってた。

また
ココに来る機会があったらヴーガンでヨロシク!

d0105967_12525450.jpeg
モリンダちゃんがモリンガ茶を飲んでいる姿を見ていて
私は スゴくおかしくて面白くて仕方がなかった。

ミリンダという飲み物のビンをモリンダちゃんが見つけ
モリンガ茶をモリンダちゃんが見つけて
一文字違いなのに さすが!自分の名前に反応してる。

私は この日 2つのネーミングを見せてもらい
おかしくて、面白くてツボにはいってた。



私がどうしても!行きたい場所〔お店〕があった為
早々と飲んで お店を後にした。
d0105967_12531680.jpeg
ペスパ!と遭遇ー。
モリンダちゃんが昔 ペスパに乗っていた!と聞いて
想像しただけでも お似合いだわ!と
お洒落モリンダちゃんにはぴったりなバイクだな!
ペスパに乗って走る姿までが想像できて
お洒落な人はお洒落だわ!何もかもが!!スゴシ!


d0105967_12534091.jpeg
隣のお店も
気になって クローズだった中

覗き見してみる
d0105967_12540239.jpeg
覗き見したら
スゴく気になって仕方がなかった。
ドアを開けたら 誰が出てくるんだろうか?
何があるのかなぁー。


バス停到着。
タイミングが良く バスが来た!

なんだか とても可愛いバス!
初めて見たバスの乗り方で
車内も初めて見たので ワクワクしてしまった。
d0105967_12542541.jpeg

モリンダちゃんを完全に振り回してしまった。
時間切れにならない様にと
白い恋人のモリンダちゃんも必死になってくれた。
〔ただいま私は 大反省会中です。〕
d0105967_12452702.jpeg
恵文社にて。
モリンダちゃんの頭には
正子さんのシルクのスカーフ。お似合いすぎる!
正子さんとは白洲正子さん。


バッチリな緑の世界にもぴったりだった。

あっ!
夏木〔コ〕マリさんだわ!!!

すんごい!発見をした私!
d0105967_12464875.jpeg
恋人なんだもの。
写真を撮るに限るわ私ー。 記念の日には写真を撮るのさ
一乗寺を歩いてる時。


ディープとか
アンダーグラウンドとか
コアとか
そういう世界も大好きで
言葉だけでも そそのかされるほど。

一乗寺 ディープさがイイわぁー!
ここの街と道
d0105967_12471889.jpeg
夜の線路も 夜景もココから見てみたいな。

d0105967_12474917.jpeg

そして・・・

ココから始まる
私達の熱いあついパッション炸裂するとは!?

2人とも気が付いてもいない。知らないのだ!

目的地へバスで向かうー!


プププッ。
今 冷静になってみると
おかしくて おかしくて 笑いが止まらない!
1人で笑ってる私。
あの時 動画を撮っておけば良かったわ!なんてこと!

笑いの天使 モリンダちゃん!

〔メモ〕
今も おかしくて 1人で笑ってる。のに
寂しくなってきた!

今 思うと あの日 あの時間も
思い出なのね・・・

京都へ引っ越し計画は 簡単にもパーだったけど・・・
モリンダちゃん
ありがとう!京都引っ越しの話をしてくれて!
ダメだったけど とても嬉しかったの。

あーーー。

走って逢いに行きたいよ!私は!
夜のモリンダバーにも行きたいし
練習も一緒にしたいし
セッションとか!いって調子にものりたいし
お互いに何か一緒に作って過ごしたいし
アトリエ感覚で創作もしたいなお互いに
同じ空間で過ごしたいし

なんだか スゴく寂しくなってきたよ。

寂しいから
私は次の目的地で手に入れた品を振り回して
アホ!になって騒音女となってる。

思い出かぁ。
一瞬一瞬が全て
思い出なのね。それも 後から。

ヨーロッパほど距離がある訳でもないから
また
遭ってね!私と。

呆れないでね。

私は自分に呆れてしまってるけど 反省会やってるわ。


告白みたいな事になってるかもーー。
イイの イイの!

いつでも 告白しちゃうわ!私

好きなのは好きだし
大好きも大好きなんだもの。

冷静には
とても
なれません。

熱いパッションが炸裂する編へ

続きます。

by iomlove | 2016-10-12 17:23 | 京都 | Trackback | Comments(2)

太陽のシャワーを 感じて 〔茂庵 吉田山にて〕

吉田山の頂上。

茂庵から出て 建物を見つめる
d0105967_11423624.jpeg

とても落ち着いている雰囲気と
とても落ち着いている私
d0105967_11443196.jpeg

建物の逆側
木々と太陽がみごとにも美しかった。
d0105967_12055776.jpeg

恋人の緑の世界
私の赤い世界

その間に感じていた世界を

ふと
誘われるように意識を持っていくと
d0105967_11460153.jpeg
自転車が置いてあった
光のシャワーで見えなくなった
d0105967_11481270.jpeg
連写で撮っていたのだけれど

やっぱり! コノ世界感なんだな。と
1人納得していた

d0105967_11513477.jpeg

どうして??
色が変わってゆくのか?は
全く わからない。

d0105967_11544497.jpeg

あの方が現れた。
そう話していたので
そうだと思ってる
d0105967_11564465.jpeg

自然界を通して
見える 感じる世界は
宇宙からのサプライズでもあり
私達を優しく包んでくれた

d0105967_11580876.jpeg

こんにちは!
京都でもお逢い出来て光栄です。
誰に心の中で話しているのは
私にしか わからないだろう。


やっと
自転車が見えた!
d0105967_12004242.jpeg

コノ世界をわかる人と
わからない人といるのも承知のこと。

強く感じる時
肌で感じたことが
現実に写真に現れてくれて

私はとても 穏やかであり
安心している瞬間でもある。

d0105967_12020948.jpeg
木々の間から木漏れ日
水玉の光
太陽


全てが輝いていた
d0105967_12050696.jpeg

恋人と過ごす時間
白い恋人も確かに映してた。

あの優しく柔らかく パシッションさえも映していた

吉田山。
ココに来て
本当に良かった。

一緒に来たコトで体感したり
体験したり
感じてみたり

d0105967_12030697.jpeg

私は確実に
感じたまま
感じとっていた。

写真に撮れて ウキウキしてた。
白い恋人に見せたら
大きな眼が もっと大きくなってたーー。

私達 2人の関係性にも通づる
この日の夜
言葉で話したら
納得した。

スマイルがとまらない。

また来たいな。
また行きたいな。

ココに!

また
感じるがまま
そのままでいたいな。


テント持って 住んでしまいたいな。ココに!
d0105967_12075490.jpeg
吉田山を下る。

ーーーーーー

変な人。って言われるのは
実は慣れているから
こうして 感じたまま 思ったままを書いてる私

あなたにも見えるかな??
この世界感

何を思い
何を感じるかな?


太陽と月と土
そして
木々
自然界と私はきっても切れない世界だな。

〔メモ〕
白い恋人のブログを貼り付けたいのに
貼り付けられない・・・どうしてなんだろう?
メカに弱いから なのか?ー?!
どーしてーー!貼り付けたいのにさ。

偶然だね。というのか
必然。

偶然と見せかけて
必然。

全ては繋がっているんだね。

感謝が足りないな私。

私もあなたと繋がっているよね。きっと。


体力つけて
登ってみたいな 少しでも
達成感やソコから見える空や木々
太陽や山肌を目でみて 感じたいな。
もっと欲をかいたら
夜空の星をみたいな。

憧れるな。
山はロマンがたくさんだから
見ているだけで 失神してるわ。私


あなたは何を感じる??

スタートも始まりも
いつも。
毎日だね。そう思う。

太陽からのシャワーを見ていて
宇宙とも繋がっているんだね。嬉しい。

by iomlove | 2016-10-11 12:17 | 京都 | Trackback | Comments(2)

茂庵 〔モアン〕吉田山 京都 左京区 編

バスに乗って
d0105967_21495360.jpeg
私達は本当に吉田山にハイキング気分で
山の頂上にある カフェレストランへいけるのだろか?


d0105967_21505104.jpeg
関東で例えたら 高尾山を登るのか???
どんな山なのか??
バスを降りてみて 吉田山を見てみると

もしかしたら 頑張れば 行けるのでは!!と


近所の方々に聞いてみると
〔シンドイ〕とのこと
頑張って頂上に行くといいわ。と勧められた。

シンドイ。
この表現に私は心拍数があがった。
辛いを超えるとシンドイという表現をする私なので

ドキドキしながらも
お互いに頑張りながら ハイキングしながら行こう!
d0105967_21515609.jpeg

急な階段が現れてー
お互い必死。
体が痛い 痛ーい!と言いながらも
息がゼーゼーいいながらも
必死に登ってる

d0105967_21525841.jpeg
いい感じの素敵な民家に魅了しながら
建物の雰囲気や
そこから見える風景にも感激しながら

d0105967_21533112.jpeg
大文字が見えた!

必死になっているので 写真を撮る余裕は消えた。

山を登る方にとっては簡単なのだろうが
私達は必死。

d0105967_21544099.jpeg
いくつかの階段を登り

d0105967_21553821.jpeg

アーチをくぐり
d0105967_21565361.jpeg

落ち着いた道を歩きながら
どこまで続くのか不安になりつつも

d0105967_21581164.jpeg
あれ???
あそこじゃない??と白い恋人はいう。

えっ??

頂上に着いたの??
d0105967_21591679.jpeg

私達の想像よりも
簡単に頂上にたどり着いたのだ!

感激!

足取りは早く
建物に

d0105967_22000305.jpeg

本当にココなのかな?と思ったくらいに
想像よりも簡単に登れた。

しんどくなかった。

茂庵と書いて モアン。

d0105967_22012554.jpeg

ココの場所から目に飛び込む世界を感じてみたかった

山の頂上から見える風景
木々に囲まれている落ち着き。


オーダーをして
待っている中
武相荘の柿の葉を

あれ??
昨日まで紅葉していた綺麗だった葉が
カラカラに乾いていて
色もとんでしまっていた・・

d0105967_22023350.jpeg

恋人は大切な品をいれておく場所に
柿の葉を入れてくれていた。


グラスのお水との光が綺麗で見惚れていた
d0105967_22032084.jpeg
グラスを移動してみると
木々や葉の緑の世界が
グラスの中に入ってるーー
d0105967_22043080.jpeg
綺麗だなぁー。 吸い込まれてしまうなぁ。

山の中は憧れでもあり
木々と葉に囲まれて
自然界のセラピーみたいな感じさえした。


白い恋人と緑の世界
私の目には
緑の世界に包まれていた!

d0105967_22084270.jpeg
緑 ミドリ みどりーだよ!!全部ミドリだよ!!

恋人は私をみて
赤い世界よ。 という
〔???〕
写真に撮ってもらうと
d0105967_22090968.jpeg
あら! 私は赤いわ!!

ハイキングとは遠い 服装だったーー。

恋人と私の距離は手を伸ばすと届く距離
その距離に
私は 感じた。肌で感じた。
d0105967_22093203.jpeg
恋人が作ってくれた写真。

緑と赤
赤と緑

その距離の間に
私は感じた。

居てくれているのね。そう感じ
目には見えないけれど 感じた。


お料理の登場
とっても美味しかった!
d0105967_22064113.jpeg
私はピタパンサンド4種類から2種類選べた

緑の世界に包まれて 食す至福。
赤い世界が見えていたらしい恋人。
d0105967_22073367.jpeg



恋人と逢っている時
感じる世界は前にも同じ。

今回はハッキリと感じていた
d0105967_22101069.jpeg

熱く私はその感じていることと
距離の間に誰がいるのかを知らせていたーー。

d0105967_22104947.jpeg
写真の世界で この事よ!って
知らせる事が出来たらいいなぁ。と思った


d0105967_22114438.jpeg
丁度 ナイスタイミングの時間帯に来たみたいで
気がついたら 満席で並んでいる方々もいた。


私達は山の頂上にいるわ! 感激よねぇー!!

d0105967_22123094.jpeg

街並みが見える席
木々と葉が見える席

私達は木々と緑の眩しい席に座ったが
恋人から見える色の世界は
赤だった。

d0105967_22131678.jpeg

私が伝えたいコトが
写真に撮れたらいいのになぁーーー。

そう思いながら 太陽に
こんにちは!私達はココよ!と心の中で挨拶して
d0105967_22141406.jpeg

目の前に置いてあった自転車を私は見つめていた。

続く。で写真を載せます!

〔メモ〕
京都に来たら
この場所はとてもお勧めだわ!
本当にハイキング気分になれたし
とても美味しかった食に満足し
ココから見える風景も抜群だった!

山を登る
達成感が少しだけ
わかったような気になった。



そして
私が伝えたかった写真が
なんと!
パシャパシャと撮れたのた!!

感動の嵐。


続きます。 天からのメッセージ!らしいみたいな。

by iomlove | 2016-10-10 22:14 | 京都 | Trackback | Comments(0)

京都の朝 〔私達のパッションは熱い! 編〕

朝の太陽が〔ようこそ。〕と

白い恋人も私を包み込むように優しく
〔ようこそ〕と微笑みながら導いてくれた

ソコは セレクトショップみたいな楽しい世界だった。

とても美味しい飲み物と
とても居心地が良い空間で
私は〔時〕がとまっていた。
d0105967_20242905.jpeg
沖縄のグラスとアイス珈琲が
私達の熱いパッションを 調和してくれていたみたい

そして

私達が揃うと
京都の気温さえも 燃え出す!みたいな感じ

朝から燃えてました。私達 ワタシ。
d0105967_20303917.jpeg

グッドタイミングにも
温度計があるではないですか!!

d0105967_20261739.jpeg
冷静になって 気温を記録する

体内気温は 南国よりも熱く
アフリカみたいな感じかな。

d0105967_20171494.jpeg
太陽みたいなオレンジ色の黒板には
私へのメッセージ!!
涙でちゃうじゃないのよ。lovelyなおもてなしに
私の心が 優しく微笑んでいた。

私がミニーだというコトがバレてしまった!が
太陽みたいなオレンジ色の黒板は
ミンナにも見て欲しくて仕方がない。


太陽は輝きながらも さりげなく
私に ココだよ。と微笑んでいた。


実物がみたかった スターウォーズの時計
白い恋人の手作り時計!
d0105967_20185929.jpeg
隣には目がパチクリとした2人。
横にすると 目を瞑る。

ドンドコ 時計の針が進んでいたらしいー。

私はとまっている 時計を何度もみていて
まだ 沢山の時間はあーる。と思っては

実際の時計の時間を何度か知らされていたが

心地良い空間で熱くなり 落ち着いていたりもしたり
目に映る全てが
私のツボで 恋人のセレクトショップ滞在は最高な
朝となっていた。

d0105967_20211400.jpeg
貝殻の照明に 遠い場所を思い浮かべては
黄昏た。

黄昏ていると
白い恋人は
もっと私を 連れ出してくれた。

ザラメの世界
貝殻の世界
珊瑚礁の世界
刀の世界
珈琲の世界
お醤油の世界
手作りの世界

まだまだある世界


d0105967_20233018.jpeg
この場所は
何処か 日本的ではなーい作りで
ココに住みたいなぁー。と思った作りだった。
窓の大きさや幅も私の好みの世界だった。

d0105967_20372914.jpeg
白い恋人は 私のラブレターを読んでいる。
手前の白い包みには
私が大好きな方の品。

白い恋人とその品はピッタリだろうー!と
想像出来た。
予想を遙かに超えて
白い恋人は その方の品を
見事にも頭に巻いて もうー最高に似合っていた!
〔その写真は 続くで載せるとして〕


d0105967_20222145.jpeg

丁寧で凛としていて乙女な恋人
燃える様なパッションを持っている。

それは〔愛〕だ!

肌で感じる空気や全てが
愛に包まれる私。

d0105967_20202121.jpeg

白い恋人と私との間には
確かに色が見える

白い恋人と私との間には
確かに 見える 感じるコトがある。

ソウルメイト。そう恋人は書いていた。
その通りだと私は初めて逢った時から
そう思っていた。
d0105967_20351452.jpeg
時間がパーっと過ぎていたらしい

ハイキング気分で山を登ろうか?!と私は提案していた
のに
ズーッと動かずに
その場所に居たくて居たりした。

根っこが生えた私。

d0105967_20252691.jpeg
メイクボックスをさりげなく持つ恋人
ビンテージの品
とても似合っていて
そのままでずっといて欲しいな。と強く私は思った。

この場所で突然 恋人が
私が元々 気になっていたコトや
1人でこだわっていたコトなどを
恋人は知っていたのだろうか?!言葉にしていないけど

刃物が好きな私にプレゼントしてくれた!
刀と繋がる品。
なんで??知ってるのーー?
不思議だった。 ビンゴだし。
その話も また書くとして

笑いの天使は
1秒1秒 イチイチ私を笑わせる。

2人共
イチイチ 反応しては
燃えて
2人共に
山に登るのはキツイね!と話し合いしながらも

山へハイキングしに行くコトに決定した。

提案者は私なのに
いざとなったら
ビクピクして 〔山だよ!山!〕とビビりながらも
興奮していた2人。

熱い気温にさえしてしまった私達は
朝から燃えて 熱いのダ!

これより 山へ向かう。

d0105967_20402053.jpeg


2人のパッションが
京都の気温をあげたー!

2人の間には
確かに
感じるコトがある。


そのままを大切にして

腰をあげるコトにした。

続く。

by iomlove | 2016-10-09 20:49 | 京都 | Trackback | Comments(0)

京都 〔昨日から京都に居ます。〕白い恋人と 編

早朝 京都に到着した。

d0105967_08253177.jpeg
肌寒く ストールを巻いて

テクテクと
d0105967_08261804.jpeg
早朝から開店している
ポコさんへ〔喫茶〕

おはようごさいまーーす!

マスターがニッコリして
〔前に来てくれたね!〕と憶えてくれていて
開店前にお店にいれてくれた!

肌寒いので ホット珈琲をいただく。
d0105967_08264529.jpeg

目覚まし大会をする為に一服。

しばしマスターとお話しをしていた。

もういっぱい珈琲を頂き
d0105967_08270709.jpeg
バッチリ目が覚めた。

時計の針はさっきまで6時だったが
7時になったので
喫茶を出ることにした。
d0105967_08255418.jpeg

白い恋人に会う為に レッツゴー

バスの乗り方がわからない為
白い恋人から届いた 文書をみせて
バス停と乗るバスを教えてもらった。
日本語でも漢字の読み方が・・難しかったりした

d0105967_08275481.jpeg

白い恋人に会う為に
私は真っ赤になった。
黒い洋服に赤い刺繍のアラビアンみたいな洋服
d0105967_08272892.jpeg
これから始まるとは
まだ
私達はしらない朝。

私達は導きかれるように 動き歩いていた。

d0105967_08281409.jpeg
とても 気になって仕方がなかった!若沖!!
惹きつけられて しばし 動けなくなる私

おっと。
バスに乗らなきゃ始まらないので
バスに揺られながら
白い恋人の元へ向かう。
d0105967_08284458.jpeg

太陽が私に
〔ようこそ!〕と現れ
d0105967_08291296.jpeg
清々しい朝 気分はパッションで燃えるー。

d0105967_08294171.jpeg

恋人が少し遠くから
大きく手を振って合図してくれた。

久しぶりの再会で抱き合って
くっつき虫となーる。
d0105967_08300966.jpeg

一歩 歩く前に
もう既にに 興奮しながら
互いに 大きな笑顔で歩きながら お話ししながら


うっわー!

嬉しいわぁーー!私。

逢いたい人に逢える喜びに
燃え 嬉しさに笑顔が溢れまくった!

d0105967_08303393.jpeg


私達の濃厚なデートがスタートです。


これから始まる
神秘的な出来事や大興奮することも
始まっていただろう。

続く。


今日も京都を堪能するだろう。

by iomlove | 2016-10-08 08:30 | 京都 | Trackback | Comments(2)

武相荘 〔私のオアシス 編〕

今日も朝 チャッピーのお散歩で
バードウォッチング長靴BBを履いて歩いていると
汗をかいた。 ので 履くのをやめた。

一瞬 眠ってしまい
ハッと目が覚めたら 待ち合わせの時間に近づいていた

パッパッと支度をして出掛けた。

武相荘へ

d0105967_18275095.jpeg

この時期の柿の葉
色彩が好みで 柿の木の下で楽しむこともできて

あの方に また届けよう!柿の葉を。と
d0105967_18431363.jpeg
選んでは楽しんだ。 京都に行きたい!と
柿の葉は私に そっと告げるから

d0105967_18285294.jpeg

初めて武相荘に来た お友達はとても喜んでいた

絵描きさんであるお友達が撮る写真は
パッパッと撮っているけれど
サスガ!絵描きさん。スゴイ世界を撮っていた!

同じ場所に居ながらも
まったく違う世界観を叩きだしてるもんだから
一緒に来て 刺激的だった。
d0105967_18312483.jpeg
私が何かを見つけるのが早いスピードらしく
メガネないのにスピードが早いね。と友達は言っていた

d0105967_18315360.jpeg
そして
お互いの共感しあえることは多い中
彼女が私に言っていた
〔ストレートに言われないと気がつけないの〕と
わぁー!私と同じだね!

オブラートに包まれたり
やんわりととか
カーブとか
変化球や
建前で言われても 全然わからないから
何がなんだか??わからないねぇーと。

d0105967_18352467.jpeg
だからと言って
私はとてもストレートに話 言葉にするらしく
ビックリしちゃうわ!とも・・言われた。汗

なるほど!とも思ったりした。

d0105967_18360249.jpeg
固めの土からキノコが現れていた!!
初めて気がついたことだったので
長年 通っていたけれど 初めてみたわ!!と
1人で興奮してた。

キノコに興奮している私に
友達は なんで?そんなに??と不思議だったみたい
オーバーリアクションだったのかな?私・・・

d0105967_18393473.jpeg
あら??またキノコ発見よーー!
とても大きなキノコだった。
キノコ菌がいたの? それとも湿気で?なんでなの?

キノコはとても静かなので
私も静かにすることにした。

d0105967_18401132.jpeg
自然界からの贈り物
色彩が美しくて 天からの贈り物に感謝だな。

色彩感覚のない私には
ものすごいプレゼントなのだ。
発想やアイデアが泉から湧くみたいな。大袈裟か?!

d0105967_18453575.jpeg
並べて遊んでみる。 柿の集合


d0105967_18434318.jpeg
真っ赤な実を見つめて
なんだか私も真っ赤に染まりそうな気分と気持ち
いいなぁーこの感じ。 実になる可愛さが
とてもlovelyで たまらなく好きだな。

素敵なおもてなしに 感激。

d0105967_18384281.jpeg
京都の美山から茅葺き職人さん達が
屋根を張り替えていた光景が今も焼き付いている。

美山に行きたいなぁ。また。

d0105967_18451262.jpeg

眼で見ている姿と
カメラで見る世界の違いが面白くて
コレにハマると沢山の写真を撮ってしまうわけで
友達が なるほど!そういうワケなのね。と
私の写真の多さに納得していた。

カメラを覗きながら歩くクセはなおしたので
危なくないから 楽しい。

d0105967_18455497.jpeg
みんな呼吸しているんだね。
あなたも私も 空も
気持ちがいいよね。

イチイチ話かけてしまってるらしい
気がつかなった。 なおします!

d0105967_18321593.jpeg
蜘蛛の巣が多いんだね!とお友達が言っていた
自然界の姿のまま 自然のままの姿を
武相荘では見れて 私はその場所で
いつも思うのは〔愛よ愛!〕

愛を感じる。

誰かに愛を求めたい時
誰にも求めない代わりに武相荘へ走る
いつも そこには愛があり
愛を感じる。

私のオアシス。
d0105967_18461356.jpeg
行きたい時に行って
居れるだけいて
感じたことのままノートに書いたりして
後で落ち着いてノートを覗くと
とても人様には見せれない恥ずかしい言葉や
発想とか書いてあーる。
変態か!って言われても  
そうですよ!と答えるしかなーい。笑

d0105967_18475807.jpeg

竹の成長は早いらしく 空に届きそうなくらいに
伸びていた 背筋が美しかった。

d0105967_18473049.jpeg
竹の子だったはずなのに
凛とした姿と成長に
ドキッとする。
d0105967_18463817.jpeg
猫のシッポ!と呼んでるので
お友達も 本気でそうだと思ったらしく
本当の名前がわからないからと説明した。
威嚇している猫のシッポー。可愛い!

チャッピーのシッポ観察しても
猫とは違う。 困った時 チャッピーのシッポは下がる
シッポをみると 正直者だ!とわかる。
犬と猫の違い。

d0105967_18484516.jpeg

話が脱線してばかりいる。

いつもだな。

私に付き合ってくれている方には申し訳ない!と
思ってます。
なおらない悪いクセで
読んでくれている方には本当に申し訳ない。

そう書いていながらも 脱線しそうなので
ほどほどにします。
d0105967_18491160.jpeg

武相荘の秋を 少しでも感じてくれたら嬉しいな。

d0105967_18493468.jpeg

アイス珈琲が美味しい!とお友達が言っていた。
お互い ホットが飲めない猫舌同士

d0105967_18405400.jpeg
彼女はおウチに帰ったら出品作品を描いて没頭する!と
言っていた。

私も私で4つのアイディアが浮かんでいるのを
1つにまとめようと必死。
もー全然 1つに重ならないのだーぁ

帰りがけ
彼女は私に教えてくれた。
下書きをしたらいいんでは!と
ハッと我に返った そうしょうーー。

制作していたのが完成したけれど
問題発生!電気系が弱い私 さてどーする??!!!
電気屋さんにお願いしてみょうーーそうしょうー!

また脱線してしまった!
私は電車か? 新幹線らしい。

おしまい。

by iomlove | 2016-10-05 18:57 | 散歩 | Trackback | Comments(4)

恐るべしタイミング 〔空気〕

2日の日曜日

チャッピーのお誕生日会を朝にして
午後 何処だかわからないけれど出掛けた。

何処を通っているのかは 私にはわからなかった。
d0105967_22091277.jpeg

大通りを走っている時
ある建物が目に飛び込んできた。
とても怖い!とその建物をチラッとみただけで
そう思いながら
ワザワザ 振り返りながらも その建物を見つめていた。

何故?そんなにその建物が怖く感じるのか?が
知りたかったから。

d0105967_22103891.jpeg
あまりにも怖くて
体制を元に戻し 前を向いてみると
その大通りも怖かった。

雰囲気が怖い。のではなく
空気が私を怖くさせていた。

あれ? この大通りって一回だけ通ったことが
遠い記憶にあるけれど
あれ??
現実的すぎて だんだん怖くてしかたがなくて

この大通りは一回だけ通ったよね。
とても怖い思いをしながら。と聞いてみたら

憶えてるの?記憶あるの?と・・・

やっぱり!
空気が私を恐怖に叩きつけた。現実の始まりだった。

ものすごいタイミングで目の前で
誰もが気がつくだろうタイミングに
バッチリ私はビンゴしてしまった。

夢でありますように!と何度も心の中で呟いて
眼を開くと やっぱり現実。

目に映る全てが地獄の世界への扉を
パンドラの箱が開いたみたいな・・

d0105967_22120352.jpeg
私には 現実を受け止める程
強い心も精神にも 自信がない。
歯を食いしばって 大通りからそれることを
ただ ただ 願うばかりだった。
道を外れて欲しい。と言葉にすれば良かったのかも
実際は言葉を失ってしまっていたから仕方がない。

フラッシュバックというのか?
微かな記憶の断面が1つに重なり
消えていた記憶が復活してしまった。

月曜日の朝
とても調子も悪かった。
原因は日曜日の建物と大通りのことと
その空気感だった。
出掛けている最中に どうにもならない位
具合が悪くなって 固まってしまった
言葉でなんていうのか わからないけど
最悪タイム続き 動けなくなってた。
数時間 固まっていた

d0105967_22095320.jpeg
無理矢理 動くしかないだろう。と思い
歩いてみるか
記憶が曖昧になってしまった。
どうやって家に着いたのかも わからなかった。

いい意味での空気感は美しく輝き 素晴らしい時。
悪い意味での空気は・・
ただ怖すぎて その場から逃げ去る。

手を伸ばしてみると
悪い空気の時は球体みたいな空気に触れられて
ほんの少しの距離なのに〔手を伸ばした長さ〕
空気の気温の違いを知る時
緊張感を持って さり気なく去る。

コレって わかる人にはわかるだろう。
わからない人には 全くわからない話だな。

恐るべしタイミングが重なる時
私は 何もどうにも出来ない。
いい意味でのタイミングでは興奮しちゃうし
理性を失って本能的に動いちゃう悪いクセもでるし
相手あってのことだと 相手の人がビックリするから
ラテン系を超えてるよ!と指摘される・・オチ。
悪い意味でのタイミングでは・・・
それが 過去と現在が繋がってしまうと始末におえない私

つまり
どちらのタイミングであっても1人の時は
マーマーだけど
相手あっての事だと事件になってしまうのだ。

はい!
落ち着いて、冷静になる!という事を
教えてもらい。
練習している段階なのだ。 上手くいかないの。

昨晩
ある方のブログのコメントのお返事を読んで
涙がでそうなくらい 感動した。感激もした。

その波に自らのった。

今日の朝 怖い空気が消えていて
爽やかな朝からのスタートになれた。


人と書いてしまうとダメかな?!
時に人は空気をとめてしまう人もいる。
その空気感は緊張感にかわる凄さには
言葉が出ない。

品物にもいい意味での空気 悪い空気はあると
私は敏感なところがある。神経質ではなく。

例えば作家者か偽物か?という時
私はその品物の空気感で判断している
スーパー集中しながら丁寧に空気に触れる
知識とかではなく 空気の中での直感。

私は自分の直感を贔屓してるみたいに大切にしてて
直感と空気はイコール。


日曜日のフラッシュバックみたいな事になるとは
想定外で
とても私は困り果てていた。
まるでパンドラの箱を開けてしまったみたいな。
答えなんてない。
見つからない。見つけられない現実。

とても怖かった。恐ろしかった。

昨晩
ある方のブログを拝見していて
あれ?!!もしかして!!と思いながら書いて
お返事を頂き
助けられた!とも思った。

地獄に落ちる瞬間に救われた!とも思った。

どちらにしても
どっちも こっちも
スゴイ タイミングだった私にとって。

危なかった私。救われた。ありがとう!本当に!


日曜日
日本野鳥の会のバードウォッチング長靴を手に入れた
私にとって 可愛いと思う長靴。
d0105967_18460853.jpeg
不思議なんだ。 御神木が近くにある時
ブルー系や紫の色が写り込む。 上の写真も。
ピンクのカーペットなのにね。不思議だな。


日本野鳥の会のバードウォッチング長靴は
両方履くと
BBとなる。
d0105967_18482660.jpeg
BBと書いてべべと読む。
そう昔 友達のお母様が私に熱く語っていた
彼女のお母様は若い頃
世田谷のべべ〔BB〕と呼ばれていたらしい。
べべとはブリジットバルドーの名前。

友達は私とお母様がとても似ているから
会って欲しい。とのことで会ったら
意気投合して あら!貴女もべべねーー!となって
夜の薄暗い世界でメイクが濃い私は
密かにべべと呼ばれていた。笑
d0105967_18494427.jpeg
ロングな髪を切ったら
癖っ毛がなんとも言えない ヘアースタイルだった私と
濃いアイメーク
薄暗い世界に潜んでいた私の裸足が
お母様や友達にはBBに映ったらしい。光栄だった。
映画の事は何も知らないけれど 
ブリジットバルドーは私の中では
可愛い人に映っていたから

バードウォッチング長靴を履いて歩いてみる私に
晴れてるのにーー??と言ってたけど

私の心の中は雨だったのさ。昨晩までは。

d0105967_18502791.jpeg
Bの文字が小鳥になっていて 私のツボ。

ブリジットバルドーの話は消去してもらって!

今日もあらためて
長靴を履いてみた。

心が晴れたから 晴れた心のまま空を見上げていると
d0105967_18513792.jpeg

たくさんの鳥達が現れて

まるで 私はバードウォッチングしているみたい!
そう 一瞬だけ思いながら
d0105967_18511104.jpeg

空を越え 時さえも越え 大宇宙へに祈りを。


私が求めている私しかわからない世界の中で
私は真剣にその沢山の世界に足を踏み込んで
見てきたが
私が求めている世界には長い年月 出逢えなかった。
あの日 あの時

あの日 あの時
ものすごいタイミングで
現れた人の世界を見せてもらったら
私が長い年月探していた世界を見つけられた。

空気を感じながら呼吸も感じ
私が求めていた線と線が繋がっている繊細な世界観
不思議。
あの日 あの時 出逢った人と同じ人だったと
後から知って
また!この人だ!と1人でビックリした。

空気をつかむとか触る事が出来ない。という人もいる
私は時々
空気の球体を肌で感じ 手で触れる事がある。
あまりいい意味ではないけど

流れる空気の暖かさを感じる時ほど
幸せだ!と思える時もある。
人と人との間でのことで。


タイミングとかそういうのがないと
逢えないのならば
逢えなくてもイイや!とも思った。
助けてくれたから 会ってないけど嬉しさを肌で感じて
それだけで充分だと思えた。

逢いたい人とは基本
逢いたいけれど 相手あってのこと。
これは私が成長したかも。
逢いたいと思うと何がなんでも会う方向を
全てのエネルギーさえ使うみたいに会うのだ!
私の1つの成長は相手あってのことよね。と
思える私になった。なれた。

ドサクサとか無理矢理はやめた。

追伸。
祈りを続けると 1つだけ答えが同じ。
答えを変えられるのならば 変えてみたいが
肌でも空気でも 見え世界観でも答えは同じ。

的中率は案外にも 答えは当たるから。
変えることは出来ないだろう。

焦ってもいない。 怖くもない。

ただ時間が限られているらしい。私にはそう感じる

なので
時間が流れない様に 時間に囚われず
大切に時を過ごしたいな。

私が見つけられた世界を現実にする為に
失うことがあったとしても
自分の眼で肌で全てを感じたいから
最後になってもイイと思うのだ。

全てはタイミング。わかってる。理解もしている。
タイミングがバッチリ重なってしまったオチだけど
その前にしたい事はしたいなぁ。


悪い意味でタイミングが重なってしまい
ドン〜と地獄へ落ちた気分と体調。
それを見ていた人は
とても驚いていたけれど 現実に。
1番 そういう世界を目の当たりに見ている人だから
私にかける言葉を見失ってしまったヨーダ。

昨晩のとても嬉しい言葉で
救われた私。
ものすごいタイミングで。

何度も言いたい。 ありがとう!


自分の事は見えなかったのに
ある時から自分の未来が見える。
信じられないけれど
祈りの世界で見えるなんて・・
何故?と問いかけても答えは同じ。
インスピレーションとは違う。

避ける事は出来るし回避する事も出来る。
それをする事によって
私の長年の夢を捨てることにも繋がる・・・
諦める勇気はない。後悔もしたくない。
夢は
見る為にあるのではなく
叶える為の夢。

結構 私は真剣だ。かなりだろう。


恐るべし良きタイミングで
私を救ってくれて ありがとう。

明日もまた
バードウォッチング長靴のBBと楽しみそうな私
復活!!


危なかった!!!


日記に書かない方がいい。との意見もあったけど
記録として 残す事にした。

地獄への扉が開いてしまった日曜日。
転落か!!とビビっていたけれど
昨晩 助けてもらえて
笑顔が取り戻せた。 何度もでも言いたい
ありがとう!


お付き合い ありがとう!







by iomlove | 2016-10-04 22:14 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

10月2日 チャッピーのお誕生日をしてみた。編

本当は1日にケーキを食べる予定が

待っていても時計の針がドンドン過ぎてしまい
とうとう深夜12時を過ぎてしまった。

チャッピーはお寝んね中だったので
2日の朝に 変更。
d0105967_22145880.jpeg
ケーキのお皿を見つめる姿。

ケーキだよ!って言ってみたら
走ってきた!

ケーキという言葉をおぼえたのかな?

ドサクサに紛れて
ハロウィンのお飾りを頭にしてみた。
d0105967_22162456.jpeg
目線は もちろん ケーキのお皿を見つめてる。

d0105967_22173205.jpeg
逆光だから 顔が暗くなって
チャッピーなのか? 誰なのか?わからなーい。
5歳のローソクだけが目立つ気がする。汗


チャッピーはジーっと動かず
ケーキに夢中に見つめてる

何枚か記念に写真を撮っていたら

この顔。
d0105967_22181046.jpeg
なんか喋りだしそーな勢いな感じ。



まだなの??

もう1枚だけ写真を。
d0105967_22185101.jpeg

あっ!
もう1枚。
d0105967_22200591.jpeg
真剣な目線で待っている。
〔ヨシ〕という言葉を待ってるチャッピー

1番最初に何から食べるのかな?チャッピーは?

竹墨ケーキ
イチゴ
お芋
どれからかな?


答え。 ケーキから食べていました。
d0105967_22203189.jpeg
ケーキを完食してからお芋とイチゴを食べていた。

スゴイ勢いで完食!

早食い競争があったら優勝しちゃうね もーう。

普段
写真が苦手らしいチャッピーだけど

ケーキが食べられたからなのか?
ご機嫌がよろしい〜。
この顔

d0105967_22210405.jpeg

満足したらしい。

満足して
美味しいらしいのを食べた後
何度もペロンペロンと舌を出したりしてる。

d0105967_22231164.jpeg
満足の証。


d0105967_22235508.jpeg

5歳と1日目の顔
いつまで仲良く元気で居てねチャッピーよ。



今日が3日の月曜日だと ウッカリ間違えた。
どうしてなのか?最近 日にちと曜日を間違えてる

頭の中では今日が2日になっていた。

計算が狂う私。
いつも気が狂ってる私。

〔メモ〕母より
陶芸での絵付けの写真を見せて!とのことで見せたら
まぁー美術の学校に行っていたら良かったのにね!と

桑沢からの招待状を当時 母は
絵の世界で仕事は出来ないから断ります!と言ったのに
本人忘れてるらしく ブツブツ言ってた。

桑沢に もし行っていたとしても
なーににもなれなかったであろう私だから
好きな時に自由に好きな事をするのがベストだろう!
そう私は思う。 少し慰める自分自身を・・・
間違って仕事にするとプレッシャーに負けるので
道を反れた事が良かったかもしれない。フォロー中!

焼いた時 どの様な色になるのか?ドキドキしながら
楽しみにもしている。
母もそれが楽しみ!と言っていたが
否定形で私を育てた人だから まんまり相性は良くない仲
本音。

母には極力会わない様にしている
あーしなさい。こーさなさい!と小うるさいのだ。
生き方も考え方も沢山 違いがありすぎて
母が思う通りの人間になんて私にはなれないし
興味もないから モメる前に避けてる。
母も私が避けている事に気がついてしまい
具合がヒドく悪くなってしまった。
会わない方がベストだな。と思い知ったな。
冷たい人!って言われても そうだと思う。

チャッピーに全然 会っていないから
写真を見せて欲しいと言われたので
この写真を見せたら 喜んでいた。

チャッピーは調和を醸し出すパグだ。
もしや!
私達の関係性にも気がついてるのか?チャッピーは!


土と向き合うのは とてもいい事だな。と我に返った
私と土の付き合いは 大事だな。
子供の頃からモヤモヤすると畑や田圃で裸足になって
土まみれになると 何故か?安心するのだ。
子供の頃からモヤモヤする!って問題だろうけど
とても神経質になってた時期でもあったから
モヤモヤしていたんだな。

土のありがたみ。
外はアスファルトに覆われているけど
それはそれで いいのだろう。

私は土と月と相性がイイと子供の頃から思ってる。


チャッピーは何と相性がイイのか?
観察して調べてみようーそうしよぅー!





by iomlove | 2016-10-03 21:49 | パグ | Trackback | Comments(2)